はじめてのデータ分析研修 データを読み解く力を習得する(1日間)

はじめてのデータ分析研修 データを読み解く力を習得する(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B MOA298-0220-3830

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 全階層

・統計学の基礎知識を学びたい方
・適切なデータの読み方をあらためて学びたい方

※注意※
・本研修は、データの計算方法ではなく、「データの読み方」を扱います。

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、統計学の基礎知識に基づいたデータを読み解く力を習得し、実際のビジネス場面でデータを活用するイメージを身に付けていただきます。
本研修を通じて、データに基づいて考えることへの意識を高め、日頃から数値に慣れ親しむことを目的としております。

◇本研修のポイント
・データを読み解くルールを理解する
・平均と標準偏差の読み方を学ぶ
・会社の数字への理解を深める
・相関係数の読み方を学ぶ

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.社内外にあるデータを読み解く
講義
  • 2.データの読む方の基本的なルールを理解する
    【ワーク】文書例を読み、文章の正誤を考える
    【ワーク】自社と同業他社の「売上」を比較する際に、どのような条件をそろえる必要があるか考える
ワーク
  • 3.全体的な傾向を読み解く ~平均と標準偏差
    (1)全体的な傾向を把握するための指標 ~平均と標準偏差
    【ワーク】表を読み、データの持つ特徴を読み解く
    (2)グループ別に平均を計算する
    【ワーク】表を読み、残業時間と売上高の全体の傾向を把握した上で、グループごとの平均から特徴を考える
    【参考】表の読み方、グラフの種類
講義
ワーク
  • 4.会社の数字を考える ~「売上」・「費用(コスト)」・「利益」
    (1)利益の大切さ
    (2)売上・費用(コスト)・利益の構造
    【ワーク】売上や費用、利益の平均値、標準偏差(SD)をどのように求めるか考える
講義
ワーク
  • 5.2つの事象の関連を読み解く ~相関係数
    (1)複数の事象を関連付けて考えることが重要
    (2)相関係数の活用例
    【ワーク】表より、相関係数を読む練習をする
    【ワーク】例題を読み、背景に隠れた「第3の変数」が何か考える
講義
ワーク
  • 6.社外のデータを活用する
講義
  • 7.まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

開発者コメントcomment

データに基づいて考えることはビジネス場面において重要なスキルであるものの、データの適切な読み方を学ぶ機会はそれほど多くはありません。
また、社内外に多くのデータがあるにもかかわらず、多くの企業がそれを活用できているとは言い難い状況です。
新社会人など実務経験がない方でも、データを活用するイメージを付けていただけるよう、「わかりやすさ」を重視しました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

業務拡大につきIT講師募集中

誰でもできるRPA

デジタル人材の育成

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!