loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(上司・先輩向け)新人・若手のホウ・レン・ソウ強化研修

(上司・先輩向け)新人・若手のホウ・レン・ソウ強化研修

新人・若手が自ら積極的に報告・連絡・相談をしてくる仕組みを作る

研修No.B OJT255-0000-3321

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・現場で新人・若手を育成する上司・先輩の方

研修内容・特徴outline・feature

上司・先輩の皆さまに向け、現場での新人・若手のホウ・レン・ソウを強化する指導方法を学んでいただく研修です。新人・若手のホウ・レン・ソウが強化されると、上司・先輩としても、業務の把握やリスクの予見、新人・若手の育成度合も見てとれるようになります。また、現場のOJTのスピードアップや新人・若手のモチベーション向上も期待できます。

本研修は、ホウ・レン・ソウしやすい職場づくり、新人・若手の話の受け止め方、上司・先輩として求められる傾聴力や質問力、そしてハラスメントにならない指摘の仕方などについて網羅的に学んでいただける内容となっております。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】上司・先輩として、新人・若手のホウ・レン・ソウが上達するメリットを考える
    (1)新人・若手のホウ・レン・ソウに関わるメリット・デメリット
    (2)ホウ・レン・ソウ指導は「最初が肝心」
講義
ワーク
  • 2.ホウ・レン・ソウを指導・強化する
    【ワーク】新人・若手の立場になって考える~なぜ、ホウ・レン・ソウが難しいのか
    (1)最初からホウ・レン・ソウがうまい新人はいない
    (2)ホウ・レン・ソウは現場で上達させる
講義
ワーク
  • 3.ホウ・レン・ソウしやすい職場環境を整える
    【ワーク】「ホウ・レン・ソウ」しやすい上司・先輩にはどんな特徴があるかを考える
    (1)上司・先輩に求められる風通しのよい職場づくり
    (2)風通しのよい職場に必要なもの
    (3)承認欲求を満たせ、帰属意識を持てること
    (4)前向きなコミュニケーションの土壌をつくる
     【ワーク】否定表現を肯定表現に言い換える
    (5)気兼ねなく相談できる人がいること
    (6)上司・先輩から声をかける
講義
ワーク
  • 4.ホウ・レン・ソウのさせ方
    (1)ホウ・レン・ソウのあり方を伝える
     【ワーク】上司・先輩として、新人・若手に期待するホウ・レン・ソウの仕方を言語化する
    (2)自ら通常業務内でホウ・レン・ソウの手本を見せる
    (3)悪いホウ・レン・ソウを優先する風土をつくる
講義
ワーク
  • 5.ホウ・レン・ソウの受け止め方
    (1)上司・先輩として「傾聴力」を高める
    (2)上司・先輩として「質問力」を高める
    (3)リスクを感知した際の訊き方
講義
ワーク
  • 6.ホウ・レン・ソウで新人・若手を育成する
    (1)ホウ・レン・ソウのスキルを向上させるのは
    (2)ホウ・レン・ソウを通じて育成する
    【ワーク】新人のホウ・レン・ソウについて指摘しにくいことを、肯定表現で伝える
講義
ワーク
  • 7.新人・若手のタイプ別ホウ・レン・ソウ
    (1)人によってホウ・レン・ソウの傾向は異なる
    (2)ケーススタディで考える
    【ケースA】人の評価を気にし過ぎて、完璧に仕上がるまで報告してこないタイプ
    【ケースB】反応はいいが、自分で考えずにすぐにどうすればいいかを聞いてくるタイプ
    【ケースC】いいことは積極的に報告してくるが、不都合な報告は意図的にしないタイプ
    【ケースD】「あなたに報告する必要性を感じない」と言わんばかりのデキるタイプ
    【ワーク】4つのケースを踏まえ、自身が新人や若手の「ホウ・レン・ソウ」について期待することや気づいたことを整理する
講義
ワーク
  • 8.まとめ

4520

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 6月     4名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 実際に担当している新人に対し、まずは前向きな言葉づかいと笑顔で接し、質の高い質問を取り入れることで、考えさせる力を養う方法を活かしていきたいと思いました。
  • 本日、ホウ・レン・ソウの重要性を再考させていただき、OJTに反映させることで、業務の安全性・安定性を向上させていくことに活かしていきたいと思いました。
  • 同業者、他業種の方と密に話す機会があって、本日の研修を受けたことにより、自分自身に考え方の幅が広がりました。

実施、実施対象
2017年 5月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々時間に追われていたので、少し立ち止まって新人育成に対して今何が必要で、何が不足しているのかを仕分けすることができました。
  • 新人だけでなく、チーム全体でホウ・レン・ソウをルール化していけるよう、自らが実践していきたいです。育成にも役立て、チームワークにも役立てたいと思います。
  • 新人の立場に立って考えること、分かりやすい指示とゴールイメージを持てるような具体的な指示出しを行い、プロセスや結果はきちんと評価・ほめることを意識的に行っていこうと思います。

実施、実施対象
2017年 4月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • いかに仕事に報告・連絡・相談が重要な事であるかを考えさせられました。今後、部下が自分についたときに、報告・連絡・相談をする側、される側の気持ちを理解して会社の業績や自分と部下のレベルアップにつなげていきます。
  • 新人教育をするにあたり、今回の研修で学んだことを一つの指標にしたいと思います。人の話の聴き方は社外でも確実に影響することなので、特に活かしていきたいと思います。
  • とても例えがわかりやすく、一日あっという間に終わりました。「今日だけは見逃そう」としてしまうことが一番よくないということも肝に命じました。

開発者コメントcomment

最近の若手は、報告も連絡もろくにできない―
ですがその原因が、上司・先輩側にあるとしたらどうでしょう?
本研修は、新人・若手のホウ・レン・ソウを強化するための指導方法を上司や先輩に学んでいただくために開発いたしました。

誰しも最初から報告・連絡・相談がうまくできるわけではありません。
新人や若手がうまくホウ・レン・ソウできないのは、その重要性が十分に認識できていないか、ホウ・レン・ソウをしようとするときに、その行為を阻む何らかの原因があるからです。

研修では、そんな新人・若手の心理を認識したうえで、「自ら進んでホウ・レン・ソウしたくなる」職場環境の作り方や具体的な指導方法、タイプ別の傾向と対策を学んでいただけます!

関連の研修を探す


お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

OJT研修の評価
年間総受講者数
16,092
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
94.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる