部下指導・部下育成研修

部下指導・部下育成研修

研修の目的・特徴

■「部下との程よい距離感」が部下指導力を高める

かつての組織以上に、今は上司と部下の距離感がつかみにくいものです。
強烈な個性や押しつけがましい強制力だけでは、たとえ部下が動いたとしても自分で考えて動ける組織にはなりづらいものです。また、上司と部下の距離が近すぎて部下が言うことをきかないようでは、組織として成り立ちません。
それぞれの「部下との程よい距離感」をつかむことが、部下指導力を高めるためには必要となります。

■部下をよく見てよく聴く

部下との距離感をつかむためには、まずよく見て観察し、そして話を聴くことです。
それぞれの部下は、どのような仕事をどのくらいのスピードで何を目的に行っているのかを知るのです。上司だから知っていて当然とお思いでしょうが、実は「細部まではよく知らない」「部下に任せているんで」という上司は意外と多いものです。
より具体的に、どのようなことをしているのかを積極的に部下と関わり確認しましょう。そして、時にはじっくりと部下の話に耳を傾けましょう。

■部下を承認し、行動(仕事のプロセス)を褒める

部下指導においては、部下のモチベーションを高く維持し円滑に業務を進めていくことが求められます。
「適切な目標設定」を行い、それを達成することで部下が「達成感」を得ることができます。目標設定をする際に、部下の実際の能力よりも少し高めに設定することで組織(チーム)全体の力を高めることを目指します。
もし目標を達成することができたら、その結果を褒めます。仮に目標を達成することができなかったとしても、その過程を冷静に見て、褒めるに値するところを褒めることができた時に部下指導力は高まります。

■部下を守るために叱る

部下に気を遣いすぎて上手く叱れない上司が急増しています。逆に、仕事の失敗を部下の責任にして感情を露に怒る上司がいることも確かです。叱れないことや怒ることは上司と部下の適切な距離感を保てなくするものです。
「叱る」とは「相手のことを思って、その人を守るために(二度と同じ失敗をさせないために)アドバイスする」ことです。上手く叱ることができれば上司は部下との適切な距離感を維持し、互いに成長し合い組織(チーム)の生産性を高めることができます。

■部下指導力を高める考え方とテクニックを演習を通じて体得する

インソースの研修では、演習を繰り返すことで「分かってはいるけどできないこと」に気づいていただき、徐々に慣れていっていただきます。そのことで、明日から部下指導の仕方を変えることのできる有効な研修です。



◇コラム:昨今の管理職の悩み「年上の部下にはどう接したらいいのか」を考える

◇コラム:研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

【2017年 NEW!】「平日はなかなか研修に出られない」というお忙しい管理職の皆さまのために、土日開催の管理職向けプログラムをご用意いたしました!!
【土日開催!公開講座/オープンセミナー】管理職向け研修ラインナップ

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

部下指導の経験の豊富な講師陣が揃っております。
テーマや内容、対象者によってよりふさわしい講師を紹介いたしますが、いずれも受講者さまから見て「こんな上司になりたい」と思えるような魅力のある講師陣です。

研修ラインナップ

インソースの部下指導・部下育成研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

コーチング、リーダーシップ、OJT、部下モチベーション向上、コミュニケーションなど様々なテーマを組み込んだカリキュラムを多くご採用いただいております。ご要望に応じたカスタマイズができますので何なりとお問い合わせください。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

■豊富なラインナップ
一言で部下指導と言っても、いろいろな要素や大事にしたいポイントがあります。それぞれにきめ細やかな対応が可能なラインナップが揃っています。

■部下指導経験のある講師陣
組織に勤めた経験があり、理屈ではなく体験的に身に付けた部下指導のノウハウを語れる講師が豊富にいます。

1年間の総受講者数
24,698

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.2%

講師:大変良かった・良かった

94.9%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

  • 人とのコミュニケーションは上司や部下だけでなく家族や友人とのやりとりにも重要であり、今回研修したことをあらゆる場面で活かしていきたいと思います。また講師の方が楽しいキャラクターで研修も楽しく過ごせました。(2015年2月/水産・農林)
  • 指導ということを考えることで、同時に自分自身の仕事の取り組み方も考える良い機会となった。本日は貴重な時間をありがとうございました。(2015年1月/自治体)
  • 後輩を指導する上で、うまくいかなかった点が共有でき、考え方を少し変えてみれば解決できるかもしれないと分かり、意義ある研修となりました。実践はなかなか難しいけれど、後輩と向き合う時に少しでも思い出して接することができたらと思います。(2014年10月/学校・学校法人)
  • グループ討議で、限られた時間の中で考える、まとめる、発言することの大切さを感じました。また、聞く、聴くの違いなど、日頃の部下との接し方について想像し、改善すべきことの気付きができ良かったです。(2013年10月/大学・学校法人・高校)
  • 普段、病院で医師・コメディカルとどっぷり医療についてつかっているので、他職種、係長級研修の方と様々な意見交換ができたのは大変有意義でした。1日研修でしたが、講師の先生のメリハリあるワークであっという間に感じました。上司として悩みも抱えていたので、解決の糸口、アクションプランも立案できました。1日ありがとうございました。(2013年9月/大学・学校法人・高校)

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!