loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

クリティカルシンキング研修

クリティカルシンキング研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

机上の空論で終わらせず、ビジネスでの実践を目指す

クリティカルシンキングとは、「なぜ?」「どうして?」「本当に?」と物事の本質を問う視点を持つ思考法です。「批判的思考」と訳されますが、批判的な考え方という意味ではなく、 常識や偏見に囚われずに多面的に物事を見て判断するための思考プロセスのことで、既存のビジネスの常識や前例踏襲が通じないVUCA時代に、誰しもが身につけておくべきスキルといえます。非効率的な前例踏襲から脱する業務改善や、表面的には見つけにくいリスクの発見など、様々な場面で役立ちます。

ただ「クリティカルシンキングができる」だけでは不十分です。 重要なのは、クリティカルに物事を考えて結論を出したその先にある、「クリティカルシンキングで考えたことを活かして実際のビジネスに役立てる」ことです。

インソースのクリティカルシンキング研修では、インソースのクリティカルシンキング研修では、考えたことを「机上の空論」で終わらせず、実際のビジネスで活用していくための豊富なラインナップをご用意しております。


クリティカルシンキング研修のポイント

実践的な演習で、思考力を強化する

研修では、クリティカルシンキングの①批判②分析③再構築の3ステップを学んでいただきます。

身近なビジネスシーンを組み入れた設定のワークやケーススタディに取り組むことで、自身の業務に照らし合わせながら、考え方を体得します。概念や考え方だけでなく、クリティカルシンキングを現場で活用する具体的なノウハウを持ち帰ることができるのが、インソースの研修の特徴です。

論理力・発想力を鍛える多様な思考力プログラム

インソースでは、思考を鍛える研修のラインナップが豊富です。特に、根拠を明確にして筋を通すロジカルシンキングを習得後、疑問を持ち分析して検討するクリティカルシンキングを習得することで、柔軟かつ強力な思考能力を鍛えられます。そのほかにも、思考を拡散するラテラルシンキング、仮説思考、アナロジー思考、デザイン思考、図解化思考、ゼロベース思考を学ぶプログラムもございます。

最終的に目指すのはクリティカルシンキングが活かされる職場づくり

クリティカルシンキングを個人レベルで実践したとしても、組織全体に新しいことを受け入れる風土ができていないと、前例踏襲の脱却は難しいものです。

クリティカルシンキングを有効に活用するためには、組織をあげてクリティカルシンキングを学ぶ機会を設けるだけでなく、クリティカルシンキングを受け入れる職場の雰囲気づくりを進めておくことが必要です。管理職には「部下が新しい提案をしやすい」関係を築くこと、若手や中堅には「見て見ぬふり」をせず当事者意識を持って関わっていくマインドを醸成することが求められます。 このように、クリティカルシンキングを実際のビジネスに活用していくためには、思考法そのものを学ぶだけでなく、様々なコツやスキルを習得する必要があります。階層別に学ぶ研修を効果的にご活用ください。


クリティカルシンキング研修ご検討のお客様からのご質問 ~内容・実施方法など

インソースのクリティカルシンキング研修のポイントはなんですか?

A.「常識やバイアスに気づき、視野を広げ、実務でできることの幅が広がること」を目的としていることです。

仕事は、問題や課題の解決の連続です。インソースでは、クリティカルシンキング、ラテラルシンキング、ロジカルシンキングの3つのスキルをトリプルシンキングとし、自ら発想して、課題解決や新たな企画を実現させるためのステップと捉えています。例えば、物事や情報を疑い(クリティカルシンキング)、新たな視点からアイデアを出し(ラテラルシンキング)、それを実行するため周囲の賛同が得られるよう整理し説得する(ロジカルシンキング)というような使い方です。

なかでも、クリティカルシンキングは、ロジカルシンキングを補完する「それは、本当か・妥当か?」「他にないか?」など疑う視点や、柔軟かつ新たなものの見方を獲得することができます。ロジカルシンキングの手法を学んで情報の整理がうまくなっても、良質なインプットやアウトプットにつながらず問題解決に至らない、という課題をお持ちの方にもおすすめの研修です。

クリティカルシンキング研修と一緒に受講すると効果が上がる研修は何ですか?

A.クリティカルシンキング研修受講前にロジカルシンキング研修を受講されることをおすすめします。論理的思考方法を学ぶロジカルシンキングを習得後、物事全般の考え方を鍛えるクリティカルシンキングを習得することで、柔軟かつ強力に思考能力を向上させることができます。また、クリティカルシンキングで得た結論をベースに行動を起こす際に必要となるのは、周囲の感情に配慮し、巻き込んで人を動かすコミュニケーションスキルです。よって、クリティカルシンキング研修はコミュニケーション研修や業務改善研修とも相性がよいです。

自社の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.もちろん可能です。研修前に受講者様へ事前課題を配布し、集計した内容を元に、カリキュラムのカスタマイズも可能です。これまでにも様々な状況のお客さまからご相談をいただきました。例えば、「特に論理的な文章について学ばせたい」というご要望や、「実務の問題発見解決に特化させたい」など多様な悩みやご要望に対応してまいりました。ご要望があれば、詳細な状況の設定など、お客さまに確認のうえ、ケーススタディを作りこみます。

クリティカルシンキング研修を階層ごとに受講させることはできますか?

A.可能です。クリティカルシンキング研修は、経験年数やレベル感がある程度同じぐらいの方々が受講することによって、効果が高まる研修です。 そのため受講対象者に応じて研修を実施することはとても重要です。 例えば、新人向けカリキュラムとしては 「新人向けクリティカルシンキング研修 ホウ・レン・ソウを見直す編(1日間)」があり、 中堅社員向けカリキュラムとしては 「中堅社員研修 クリティカルシンキングで職場の課題を解決する編(1日間)」「中堅社員向けクリティカルシンキング研修 QCDRSの質をあげる編(1日間)」をご用意しております。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

クリティカルシンキング研修のおすすめプラン

若手・中堅のコミュニケーション力、思考力を鍛えるプラン

若手・中堅が自信を持って働けるように、どの環境でも必須のコミュニケーション力と思考力を学ぶ。アセスメントテストの結果に応じて、各自がレベルに合った研修を受講する

自ら課題を設定し改善を進める力を鍛えるプラン

与えられた業務から一歩進み、自ら問題を設定・解決できる人材を育成する。そのために、「深く考える力」「問題解決する力」「改善を遂行する力」の3つを段階的に鍛える

全員の思考力を鍛え、役割に応じた主体的行動を促すプラン

1年間で、全社員が階層に応じた役割認識や必要なスキルを強化する研修を各自が受講するプラン。変化の激しい外部環境に対して危機感を持ち、行動を起こせる人材を育てる

クリティカルシンキング研修のおすすめ動画教材・eラーニング

クリティカルシンキング研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!