loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

指導力強化研修~新人・若手のホウ・レン・ソウを上達させる

指導力強化研修~新人・若手のホウ・レン・ソウを上達させる

まずは指導者自身の考え方・行動を変え、部下・後輩が適切なホウ・レン・ソウを実践できるようにする

研修No.2550001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層

・現場で新人や若手の指導を担当する方
・OJT担当の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 部下・後輩がなかなかホウ・レン・ソウをしてくれず、悩んでいる
  • 部下・後輩が報告や相談をしやすいような環境づくりがしたい
  • 部下・後輩とのコミュニケーションそのものを改善したい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、現場において、どのように新人・若手のホウ・レン・ソウを強化するかを学んでいただく内容です。ホウ・レン・ソウのさせ方、受け止め方、フィードバックの仕方(ホウ・レン・ソウを通じた育成の仕方)について学んでいただくとともに、コミュニケーションをとりやすい職場づくりについても考えていただきます。

◆ワークのポイント
・新人・若手のホウ・レン・ソウが上達するメリット、上達しないことによるリスクを考えるワークから研修をスタート
・ケーススタディでは、「なかなかホウ・レン・ソウしない部下・後輩」「自分で考えず、すぐに聞いてくる部下・後輩」「いいことは報告するが、不都合なことは報告しない部下・後輩」など、実際に考えられる部下・後輩のタイプ別の対応方法を考える

到達目標goal

  • ①部下・後輩が安心してホウ・レン・ソウを行える環境づくりや動機付けができる
  • ②部下・後輩のホウ・レン・ソウに対して、適切な指導やフィードバックができる
  • ③部下・後輩のタイプ別に、指導方法を使い分けることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】新人・若手のホウ・レン・ソウが上達することによる、組織や自分にとってのメリットと、上達しないことが招くリスクを考える
    (1)新人・若手のホウ・レン・ソウに関わるメリット・デメリット
    (2)ホウ・レン・ソウ指導は「最初が肝心」
講義
ワーク
  • 2.ホウ・レン・ソウを指導・強化する
    【ワーク】自分が新人・若手だった頃を振り返り、ホウ・レン・ソウが難しい理由を考える
    (1)最初からホウ・レン・ソウがうまい新人はいない
    (2)ホウ・レン・ソウは現場で上達させる
講義
ワーク
  • 3.ホウ・レン・ソウしやすい職場環境を整える
    (1)上司・先輩に求められる風通しのよい職場づくり
    【ワーク】ホウ・レン・ソウしやすい上司・先輩の特徴と、敬遠してしまう上司・先輩の特徴を考える
    (2)風通しのよい職場に必要なもの
    (3)承認欲求を満たせ、帰属意識を持てること
    (4)前向きなコミュニケーションの土壌をつくる
    【ワーク】否定的な表現を、肯定的な表現に変える
    (5)気兼ねなく相談できる人がいること
    (6)上司・先輩から声をかける
講義
ワーク
  • 4.ホウ・レン・ソウのさせ方
    (1)ホウ・レン・ソウのあり方を伝える
    【ワーク】新人・若手に期待するホウ・レン・ソウの仕方を言語化する
    (2)自ら通常業務内でホウ・レン・ソウの手本を見せる
    (3)悪いホウ・レン・ソウを優先する風土をつくる
講義
ワーク
  • 5.ホウ・レン・ソウの受け止め方
    (1)上司・先輩として「傾聴力」を高める
    (2)上司・先輩として「質問力」を高める
    (3)リスクを感知した際の訊き方
講義
  • 6.ホウ・レン・ソウで新人・若手を育成する
    (1)ホウ・レン・ソウのスキルを向上させるのは
    【ワーク】新人・若手について気になることがあった時の、指摘の仕方(伝え方)を考える
    (2)ホウ・レン・ソウを通じて育成する
講義
ワーク
  • 7.新人・若手のタイプ別ホウ・レン・ソウ
    (1)人によってホウ・レン・ソウの傾向は異なる
    (2)ケーススタディで考える
    【ケースA】人の評価を気にし過ぎて、完璧に仕上がるまで報告してこないタイプ
    【ケースB】反応はいいが、自分で考えずにすぐにどうすればいいかを聞いてくるタイプ
    【ケースC】いいことは積極的に報告してくるが、不都合な報告は意図的にしないタイプ
    【ケースD】「あなたに報告する必要性を感じない」と言わんばかりのデキるタイプ
    【ワーク】4つのケースを踏まえて、自身が新人・若手に期待することや気づいたことを整理する
講義
ワーク
  • 8.まとめ
    【ワーク】明日から取り組むことを考える
講義
ワーク

企画者コメントcomment

ホウ・レン・ソウは仕事をするうえでの基本ですが、新人・若手にホウ・レン・ソウの仕方をきちんと指導する機会は少ないのではないでしょうか。

本研修では、ホウ・レン・ソウの指導の大切さをあらためて確認し、さらに、指導を受ける部下・後輩の立場から考えることで、効果的な指導法や、ホウ・レン・ソウしやすい上司・先輩となるような環境づくりを学ぶことができます。またケーススタディでは、「人の評価を気にし過ぎて、完璧に仕上がるまで報告してこない部下・後輩」など実際に職場でよく見られるケースを取り上げ、さまざまなタイプの部下・後輩に対するホウ・レン・ソウの指導法を身につけていただける内容にしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.6%

講師:大変良かった・良かった

97.4%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ホウ・レン・ソウをタイミングよく受けるため、また話しやすい職場環境づくりを意識し、全体で成長できるように風通しのよい職場をめざしていきます。
  • 今回、ホウ・レン・ソウの重要性を今まで以上に業務遂行するに際し必要なことと感じました。「ホウ・レン・ソウしてください」だけでなく、方法を学んだことを活用し、業務効率アップができるよう、活用させていただきたいと感じました。
  • 人数が多い部署でホウ・レン・ソウは特に大事になるので、今回の研修を活かして業務に取り組みたいと思います。

実施、実施対象
2020年1月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下・後輩が自分の下に就いた時、円滑に仕事を進めるための指示を出せるようにしていきたい。
  • 相手のタイプを考えてコンフォートゾーンに合わせた行動をとる。
  • 新人や後輩のホウレンソウの強化と、今後のOJTに活かしていきます。

実施、実施対象
2019年9月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ホウレンソウの重要性について講義を聞く機会は、今までもありましたが、やり方をベースに詳しく教えていただけたので社内でも共有していきたいです。
  • 話の聞き方を気をつけたことがあまりなかったので、勉強になりました。
  • 今回学んだホウレンソウの内容を、日々の業務に活かしていきたいです。大変勉強になりました。

実施、実施対象
2019年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社内のコミュニケーションについて、お互いに相手の良いところを見ていくことの重要性に改めて気づかされました。挨拶などできることから改善できるようにしたいです。
  • 肯定的な表現でOJT、を意識して業務にあたりたいと思います。

実施、実施対象
2019年5月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • インプットとアウトプットのお話はとても参考になりました。仕事の中で忙しさのあまりアウトプット(コミュニケーション)が十分にできない場合もあるのですが、「繰り返す」+「想いは伝わらない」を常に意識して日々の業務を進めていきます。
  • 今回の研修で、日々の業務を見る視点が一つ追加されました。視点が増えてと同時により広い視野で業務の改善を行っていきたいと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.6
講師がとても良い・良い
97.4

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修