保育業界・保育士向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

保育業界・保育士向け研修

保育業界・保育士向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

人材流出の防止とステークホルダーから信頼を得られる組織づくりを目指す

多様な人材が働く昨今、主に働く女性を支援する保育所や認定こども園の開所が年々増えています。新しい施設が開設されれば、そこには新たに仕組みづくりや人材の教育が必要になるなど、園児や保護者対応だけが課題ではないというのが実情です。

また、ニーズの多様化や待機児童などの課題のために、保育士一人ひとりの業務量や役割・責任は増大する一方で、その責任の重さ、勤務時間の長さ、給与の低さから保育士の離職が相次いでおり、慢性的な保育士不足となっている点も深刻です。保育士の有効求人倍率は、3.05倍(令和元年10月時点)で、3つの保育園が求人募集を出しても、採用できるのは1つの園だけというような状況です。残り2つの園は保育士を採用できず、保育人数の拡大がかなわないのです。

保育士を抱える組織には、人材の流出を防止する仕組みづくりや、ステークホルダーから信頼を得て、安心した施設運営につながる職員教育が求められています。

インソースの保育士向け研修は、潜在保育士、新人・中堅・主任・施設長クラスといったさまざまな階層向けに、社会人として必要なマナーの習得からリスク管理、業界特有のニーズに対応するものまで多くのプランをご用意しています。お客さまの課題や希望に応じて最適な研修をご提案いたします。


保育士向け研修のポイント

一般職・中堅職員向け:多様なステークホルダーから信頼を獲得する対応力

保育士には、園児や保護者だけでなく、近隣の住民の方など、多様なステークホルダーに対する対応力が求められます。社会人としての基本行動やコミュニケーションスキルの習得はもちろんのこと、クレームに発展した際の対応についての知識も必要です。保育業界では、若い職員が現場での多くの役割を担っていますが、年齢に関わらずステークホルダーからの信頼を得て、安心して保育を任せてもらうことが、安定した保育園の運営につながります。

一般職~中堅層向けの研修では、多様な意見や視点を組織の成長につなげるビジネスマナーやコミュニケーションスキルの獲得を目指します。多忙な中でも心身を健康に保ち、ストレスとうまくつきあうポイントなどもお伝えしています。

主任クラス職員・施設長向け:離職を防止する組織づくり

社会に必要とされている施設で保育士一人一人の業務量や役割・責任は増大しています。その負担に耐えきれず、志は高いのに職を辞す職員は後を絶ちません。保育士を抱える組織では、離職防止のための仕組みづくりが急務となり、経営層だけでなく、主任クラスにもその役割が求められています。

主任~園長など施設の代表者向け研修では、リーダーシップの取り方などのマネジメントにおけるマインド面の醸成とともに、業務改善の具体的な方法を学び、職員が働きやすい組織づくりを考えていただきます。


保育士向け研修ご検討のお客様からのご質問 ~内容・実施方法など

インソースの保育士向け研修のポイントはなんですか?

A.保育の現場で直面する課題を自分事として考え、解決策を導き、「明日から具体的に実践できること」を得る研修であることがポイントです。
また、保育の現場の課題は、組織の規模、職員構成によっても違い、多種多様な問題が生じることでしょう。インソースでは、マネジメント、コミュニケーション、クレーム対応、リスク管理など、現場で求められるスキルをさらに細かいテーマに分けて深掘りした幅広いプログラムをご用意しています。教育機会の提供は個々の能力向上に加え、帰属意識の醸成にもつながります。場当たり的に研修を行うのでなく、組織の状況と照らし合わせながら計画的、継続的な実施をおすすめしています。

当方の現状に合うよう、カリキュラム内容を変更してもらうことは可能ですか?

A.可能です。
研修実施にあたっては、現在の状況を詳しくヒアリングさせていただき、現場の問題や課題などを詳細にうかがったうえでカリキュラムを企画しております。また、研修で特に重点を置きたいポイントなどがあれば、ぜひお聞かせください。ご要望に沿った内容でご提案させていただきます。

忙しく、なかなか職員が一度に集まる機会をつくれません。実施方法について相談にのってもらえますか?

A.もちろんです。研修の実施手法についても可能な限りご要望に応じます。
集合研修の実施が難しい場合には、オンラインでの実施や1名様から参加できる公開講座、eラーニングなどもございます。職種が異なってもその階層に共通して必要な考え方や知識、スキルを学ぶことができます。また、体系的な階層別、職種別、スキル別教育を実施したいとお考えの組織向けにはコンサルティングサービスもございますので、まずはご相談くださいませ。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

保育士向け研修のおすすめプラン

園職員全員が役割に応じたスキルを身につけるプラン

1年をかけて、園職員全員に、役割認識・CS向上・部下指導研修などを実施し、役割に応じた仕事の基本とスキルを習得する

園職員の安全意識を高め、重大リスク発生を抑制するプラン

保育園や幼稚園で発生するトラブルの中で最も注意し回避しなければならない死亡事故のリスク対策を考えるプラン。職員全員が組織の安全管理に参画し、高い意識で業務に臨む

3年間で組織力向上と次期園長の育成を同時に行うプラン

3年間で、園長と現場リーダーの連携を強化し、同じ方向を向いた園づくりを目指す。公開講座と集合型研修を受講し、各自のスキルアップと次期園長を育てる風土づくりを行う

保育業界・保育士向け研修のおすすめ動画教材・eラーニング

保育業界・保育士向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!