loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リーダーのためのレジリエンス研修~自分・部下・チームのレジリエンスを高める

リーダーのためのレジリエンス研修~自分・部下・チームのレジリエンスを高める

自身と部下のレジリエンスを高める方法を学び、チームで困難を乗り越える

研修No.1900802

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

リーダーとしてレジリエンスを強化したい方

※自身の困難を乗り越える力を高めたい方には「レジリエンス研修~しなやかにストレスと向き合い、回復力を身につける」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • リーダーとして困難をしなやかにたくましく乗り越える力を身につけたい
  • 部下、チームのレジリエンスを高める方法が知りたい
  • 心理的安全性を高めることでチームのレジリエンスを高めたい

研修内容・特徴outline・feature

リーダーには多忙やプレッシャーによるストレス、多様化する部下への対応、困難な調整業務など乗り越えるべき壁が多いです。本研修では、リーダーの方を対象にレジリエンスを高める方法を習得します。自分・部下・チームの3方向からレジリエンスを高めるためのポイントをワークを通じて学びます。
①自分のレジリエンスを高める
②部下のレジリエンスを高める~感情コントロール・自尊感情・自己効力感
③チームのレジリエンスを高める~心理的安全性

到達目標goal

  • ①感情コントロールの仕方・自尊感情・自己効力感の高め方を学び、自分と部下のレジリエンスを高められるようになる
  • ②心理的安全性の高めることで、チームのレジリエンスを高められるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.リーダーに求められるレジリエンスとは
    【ワーク】仕事における苦しい体験を振り返り、乗り越えた方法とその時に得たこと(成長した点)を書き出す
    (1)レジリエンスとは~「精神的回復力」
    (2)リーダーは自分・部下・チームのレジリエンスを高める
    (3)リーダーにレジリエンスが求められる理由
    ①リーダーには乗り越えるべき壁が多い
    ②多忙やプレッシャーによるストレスから自分を守る
    ③配慮すべきステークホルダーが多い~多様化する部下・困難な調整
講義
ワーク
  • 2.自分のレジリエンスを高め、壁を乗り越える
    (1)まずは自分のレジリエンスを高める
    (2)レジリエンスを高めるための3つのポイント
    (3)捉え方を変え、気持ちを切り替える~感情コントロール
    (4)自信を持ち、強みを活かす~自尊感情
    (5)自分の成長を感じ、成長チャンスを増やす~自己効力感
講義
  • 3.部下の感情コントロールをサポートする
    (1)リーダーは部下が気持ちを切り替えられるようにサポートする
    (2)部下が何に悩んでいるのかを理解する
    (3)部下の思考の傾向を知る(参考)部下のイエローサインを見過ごさない
    【ワーク】部下に対してどのように感情コントロールをサポートするか考える
講義
ワーク
  • 4.部下の自尊感情を高める
    (1)自分には価値があると感じることで、自尊感情が高まる
    (2)部下が気づいていない自分の強みを気づかせる
    (3)部下の弱みを知る
    【ワーク】部下の弱みを強みに変えるために、リーダーとしてできることを考える
講義
ワーク
  • 5.部下の自己効力感を高める
    (1)自己効力感の高い部下は主体的に動く
    (2)部下の成功をほめ、自己効力感を高める
    (3)部下のお手本(ロールモデル)になれるようにする 
    【ワーク】部下にとってお手本となるような行動ができているか確認する
講義
ワーク
  • 6.チームのレジリエンスを高める~心理的安全性
    ※心理的安全性とは「メンバー一人ひとりがチームに対して気兼ねなく発言できる、自然体でいられる環境・雰囲気」を指す
    (1)チームのレジリエンスの鍵を握るリーダー
    (2)「安心して自然体でいられる職場」がチームのレジリエンスを高める
    (3)失敗してもよいから挑戦することを推奨する
    (4)自己開示をする
    (5)情報共有・意見交換の場を設ける
講義
  • 7.まとめ
ワーク

6016

企画者コメントcomment

新人・若手が身につけておくべきレジリエンスとリーダーが身につけておくべきレジリエンスには違いがあります。新人・若手は自分のレジリエンスを高めることが大切ですが、リーダーは自分のレジリエンスに加えて、部下やチームのレジリエンスも高めなければなりません。リーダーならではの視点でどのようにレジリエンスを高めるべきか、考えていただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.4%

講師:大変良かった・良かった

96.5%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年3月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • レジリエンスを発揮できる組織作りに寄与していきます。自己開示をまめに行うことと、褒めるコミュニケーションを活用します。
  • チームメンバーの心理的安全性をさらに高めていきます。折れないチームも大事だが、折れてもすぐに立ち上がって前へ前へ進むチームを目指したいです。
  • 期待を明確に言葉にして伝える、きちんとほめるという大事なことができていないと気がつきました。しっかり観察してしっかり評価できるようにします。
  • 部下に対する目配りや気配りを欠かさず、異変に気付いた時には個人面談を実施して、問題が深刻化することを未然に防ぐ意識が必要だと感じた。

実施、実施対象
2020年11月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • いつも部下には叱ることばかりで褒めることが無いので、これからは褒めることを中心に指導していこうと思いました。
  • 部下が「真似をしよう」と思えるように、一度仕事のやり方を見直したいと思います。
  • 自身のレジリエンスをまず向上させる必要があることが分かった。部下のロールモデルになれるよう、まずは自己否定しそうになったら反論する思考経路づくりをしていきたい。

実施、実施対象
2020年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションを深め、ほめるを大事にしていきたい。
  • 自分の意識を変える事で、物事のとらえ方が変わるという事を大切にします。また、部下にもそれぞれ特徴があり、対応の方法を考えながら接します。
  • 自尊感情をどのように感じさせて部下を育成するか良く考えます。また、コミニケーションをうまく取るようにしていきます。
  • 業務は個々の作業の積重ねですが、チームが一丸とならないとより良いものは作ることが出来ないと思います。リーダーとしての意識改革をし、部下の手本となる行動や言動を心掛けます。
  • 部下が自主性を持って役割に取り組めるように、私も、会話や発想を工夫しながら業務に取り組みます。

実施、実施対象
2020年7月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • チームとしての目標設定と、メンバーのモチベーション向上に役立てたい。
  • 部下をよく見ること、また同時に自分自身のことも客観的によく見るようにしていきたい。
  • チームマネジメント、部下の業務進捗をキャッチアップすること、コミュニケーションをもっと取ることを意識していきたい。
  • レジリエンスの原動力のひとつは自信であると感じた。部下に対して自信を植えつけることができるような施策を実施していかなければと感じた。

実施、実施対象
2020年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 会社全体のみならず、部署のマネジメントに活かしたいと思います。具体的には自己認識、成功体験による自己効力感を高めたり、失敗を恐れずチャレンジすることを推奨したいと思います。
  • 自分も部下・メンバー、加えて他部署の人のレジリエンス向上に努めることを進めていく。若手だけではなく、上司層の両方から人を育てる環境を構築していきたいと思う。
  • 自己理解、メンバーへの理解を深めると同時に、リーダーとして心理的安全性の高い環境作りをしっかりと行っていきたいと考えます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.4
講師がとても良い・良い
96.5

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修