loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

メンタルヘルス研修~ラインケア

メンタルヘルス研修~ラインケア

適切な知識を身につけ、自分だけではなく部下への対応を理解し、心身良好な職場を考える

研修No.1900500

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • ・チームリーダーやマネージャーの方

※リーダーとして困難を乗り越える力を高めたい方には「リーダーのためのレジリエンス研修~自分・部下・チームのレジリエンスを高める」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 部下や後輩を多くもつ役職だが、メンタルヘルスの基本から知りたい
  • マネージャーとして、部下のメンタルケアについて学びたい
  • 多様性が求められる社会での心身良好な職場(働きやすい職場)について学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、メンタルヘルスに対する知識を身につけ、自分だけではなく、部下への対応を理解し、心身良好な職場を築いていくことを目標とします。

<研修のポイント>

  • ・ストレスに関する基本的な知識~現状・要因・症状を知る
  • ・セルフケア~ご自身の思考パターンを知り、ストレスへの対処方法を学ぶ
  • ・ラインケア~職場メンバーの現状を把握し、変化に気付けるようにする
  • ・休業・休職したメンバーの復帰支援の流れ・フローを知る
  • ・職場でのコミュニケーション~メンタル不調の早期発見・防止に必要なコミュニケーションスキルを再確認する

<ワークのポイント>
・ご自身の部下や後輩に関する心配事について考えていただきます。
・ご自身はどんな時にストレスを感じるか考えていただきます。
・部署メンバーを洗い出し、それぞれの性格や働き方など振り返ります。
・洗い出したメンバーについて、現在の業務量や職場環境を整理します。
・職場のメンバーが気持ちよく働けるために工夫していることを共有します。
・ケーススタディをもとに想定された人物に対し、どのような働きかけをするか考えていただきます。
・今日から職場で具体的に取り組むべきことについて、具体的に考えます。

到達目標goal

  • ①ご自身の考え方やストレス対処法を改めて考え、より自身に適切なセルフケアを見出す
  • ②職場のメンバーの異変や兆候の察知及び、必要なコミュニケーションができるようになる
  • ③休業・復職支援のフローを理解する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.メンタルヘルスの現状
    (1)メンタルヘルスに関する調査結果
    (2)管理者に求められる役割
    【ワーク】部下や後輩についての心配や悩みを踏まえ、何をすべきか考える
    (3)組織としてメンタルヘルスに取り組む
    (4)メンタルヘルスに取り組む際の心構え
    【参考】ストレスチェック制度
講義
ワーク
  • 2.ストレスの要因とストレス反応
    (1)あなたはどんな時にストレスを感じますか
    【ワーク】どのようなストレスを感じるか考える
    (2)ストレスの要因
    (3)自分にとってのストレス要因を整理する
    【ワーク】自分にとって大きなストレス要因となったものを洗い出す
    (4)ストレス反応
    (5)自分の思考のクセを知る
    【ワーク】小さなストレスを分析、整理する
講義
ワーク
  • 3.ストレスへの対処(セルフケア)を考える
    (1)ストレスをどう捉えるか
    (2)様々なストレス対処法と身体に及ぼす好影響
講義
  • 4.ラインケア
    (1)ラインケアの前提として
    (2)ラインケアとは
    (3)メンバーの特徴・傾向を知る
    (4)職場環境の問題点の把握と改善
    【ワーク】部署メンバーの特徴と業務量、業務上配慮が必要なことを整理する
    (5)上司自身が原因とならない ~ハラスメントを自覚する
    【ワーク】セルフチェック ~自身の癖を振り返る
    (6)メンタル不調の予兆把握
    (7)職場でメンタル不調者に気づいた際の対応
    (8)演習
    【ワーク】ケースをふまえ、働きかけ方を考える
    (9)相談窓口を明確にしておく
講義
ワーク
  • 5.メンタル不調での休業から職場復帰までの支援
    (1)メンタル不調での休業
    (2)職場復帰支援の流れ
講義
  • 6.メンタルヘルスの観点からの職場づくり
    (1)日常のコミュニケーションで行っている工夫・取り組みは?
    【ワーク】自身の職場で工夫していることをグループで共有する
    (2)前向きなコミュニケーションの土壌があること
    (3)承認欲求を満たし、帰属意識を持てること
    【ワーク】自部署は承認欲求を満たし帰属意識を持てる職場か、より強化するために何ができるかを考える
    (4)職場では意識して「ポジティブな言葉」を使う
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

多様なパーソナリティや働き方が広がってきた現社会では、業務管理だけでなく上司や先輩の社員やスタッフに対するメンタルケアも重要なマネジメント要素です。特に、メンバーのメンタルケアは、個人に合わせた対応が求められるため、基本知識を押さえておくことは不可欠です。また対応力の向上には、様々な方の経験談を知ることも有効です。経験談は、望ましい対応だけでなく、当事者の想いととにもに学ぶことができるためです。

本研修は、現場で実際にメンタルヘルスケアの経験を積んだ講師による講義で、真実味、説得力のある研修を展開します。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.0%

講師:大変良かった・良かった

96.8%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年7月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずは朝の元気なあいさつを行うこと、テレワークではできるだけ音声のみの通話ではなくビデオ通話でコミュニケーションをとることを実践したい。
  • 相手の話をよく聴き、職場や取引先とのコミュニケーションを円滑にしていきたいと思います。
  • 部下のメンタルヘルスケアの基本を理解することができました。メンバーが心身ともに健康で、業務で成長し続けられるようにフォローしていきます。
  • 部下がメンタル不調に陥ったとき、この研修を思い出して心に寄り添いたいと思います。自分自身のモチベーションUPにつながるように、自分自身も心を整えていきたいです。

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手とコミュニケーションを取り、相手の言いたいことを聞きだせるように、言葉に気をつけて接していきます。
  • 質より量で声かけをしっかり行うことや、挨拶プラス一言を実践していきたい。
  • 部下とのコミュニケーションの取り方をこれからの面談等で活かしていきたい。

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 常日頃から社員とコミュニケーションをとり、細かい変化に気づけるようにしていきたいです。相手の良さを言葉にして一人一人の持っている能力を活かしてチームワークで楽しい職場づくりを目指していきます。
  • ほとんどがストレスを感じる社会で周囲だけでなく、自分のメンタルヘルスとも向き合いながら、職場の人へのアドバイス、よりよい環境を作っていける職場づくりを目指していきたい。
  • 社内のコミュニケーションを良くしていきたいです。

実施、実施対象
2020年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メンバーとのコミュニケーションをとるバリエーションが増えたので笑顔、挨拶から実践していきたい。メンバーのストレス反応を把握していく。
  • メンバーをよく観察し、困っていることがないか確認し、面談を行うなど、メンタル不調にならない職場づくりをする。
  • メンタルヘルスに対する事前の対策、風土環境づくり、個人の思考のクセなど、今後現場で対策を取るよう業務に活かしていきたい。
  • 大小なり職場でストレスを感じることはありますが、上手にストレスをコントロールしていけるようになりたいと思います。
  • コミュニケーションとは相手をよく知ることだとわかった。仕事を依頼する時、相手が困っていないか困るなら原因は何か、ということを気をつけていきたいと思う。

実施、実施対象
2020年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分自身がストレスをためないことを心がけるとともに、部下・後輩の行動をチェックしコミュニケーションをとりながら体調面・業務面の管理をしていきたい。
  • 声かけは大事なことと思ったが、声かけの際、不用意な発言は気をつけないと大変なことになると感じました。環境づくりに活かしていきたいと思います。
  • メンタルヘルスにおけるメンバーへの接し方を学ぶことが出来た。原因を決めつけず、多角的な角度から話を聞くことが重要だと学んだ。
  • 仕事と体調管理は同じくらい大切だと感じた。人材は会社の財産ということを忘れずに一人でも後ろ向きな退職、メンタル不調者を出さないよう管理者としてマネジメントしていきたい。また、どの世代、様々な個性の社員でも働きやすい職場となるように模索していきたい。
  • 定期的なワンオンワンの実施や日頃の声がけ(いつもと違うところ、非言語メッセージに気づく)を行っていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
99.0
講師がとても良い・良い
96.8

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修