loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

人を動かすコミュニケーション研修~キーパーソンへ働きかける編

人を動かすコミュニケーション研修~キーパーソンへ働きかける編

人を動かすコミュニケーションに必要な4つのセオリーを習得し、仕事における実行力・推進力を鍛える

研修No.5200003

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・メンバーに業務指示を出す機会が増えてきた方
・チームの窓口として、他チームや関連協力会社などと交渉・調整をすることがある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • チームメンバーに業務指示を出しているが、こちらが思ったように動いてもらえない
  • 他部署に協力してもらいたい場面で、なかなか了承を得られない
  • 交渉の際にいつも相手に主導権をとられてしまう

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスにおけるコミュニケーションは、自分が望ましいと思う方向に相手を導き、動いてもらうための手段と言えます。本研修では、キーパーソンを動かすために必要な4つのセオリーを学び、仕事を前に進めるためのコミュニケーションスキルをより向上させる方法を身につけます。

<相手を動かすための4つのセオリー>
①ゴールの明確化:コミュニケーションを通じて自分が何を実現したいのかをはっきりさせる
②洞察力:相手の関心事を知り、相手が自分の話に耳を傾けるポイントを探る
③先手必勝:コミュニケーションの主導権を握るために先回りして状況を有利にする
④情報の制御:提示する情報をコントロールして、望ましい回答を導き出す

到達目標goal

  • ①コミュニケーションを通じて自分が何を実現したいのかゴールを明確にできる
  • ②相手の関心事を知り、相手が自分の話に耳を傾けるポイントを洞察できる
  • ③コミュニケーションの主導権を握るために相手より先に重要なポイントに先回りできる
  • ④提示する情報をコントロールして、望ましい回答を導き出すことができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.コミュニケーションとは恣意的な行動である
    【ワーク】ビジネスにおいて関係者に動いてもらおうと思う時、どんなことに苦労するか考える
    (1)コミュニケーションは人を動かすための手段
    (2)立場は下でも受身である必要はない
    (3)相手を動かすための4つのセオリー
     ①ゴールの明確化 ②洞察力 ③先手必勝 ④情報の制御
講義
ワーク
  • 2.ゴールの明確化 ~目的意識が伝える力をUPする
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)ゴールへの思いの強さが突破力となる
    (2)ゴールが共有できれば「折衝」が「協業」に
    【ワーク】ケースに基づいて営業所長を説得できる提案を練習する
講義
ワーク
  • 3.洞察力 ~相手の関心事に常にアンテナを向ける
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)人は聞きたいことしか受け入れない
    (2)相手の関心事を起点に話を展開する
    (3)"間"の良し悪しで雲泥の差がつく
    (4)相手が慣れている"型"を使う
    【ワーク】ケースに基づいて営業所長への報告を練習する
講義
ワーク
  • 4.先手必勝 ~主導権を握って状況を有利にする
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)先手を取った者がゲームメーカーになれる
    (2)先に"面倒"を引き受けた者が主導権を握る
    (3)挨拶も先手必勝が鉄則
    【ワーク】ケースに基づいて、メンバーの業務の担当決めについて意思決定をする
講義
ワーク
  • 5.情報の制御 ~望ましい回答を導き出す
    【ワーク】ケースを読んで、どうして望ましくない結果になってしまったのかを考える
    (1)意思決定に必要な情報を意図的に伝える
    (2)最後の結論は相手に口にさせる
    (3)よこしまな情報制御は必ず見破られる
    【ワーク】効果的と思われる手法を駆使し、説得するロールプレイを行う
講義
ワーク
  • 6.本日の研修を振り返って
ワーク

企画者コメントcomment

本研修は、ある会社の「いつも相手に言いくるめられてしまい、こちらの条件が悪くなってしまう」という若手リーダーの皆さんのお悩みに応えて開発しました。たとえ立場が下であっても、強い思いで相手に語ることや、相手の関心事を事前に把握しておくことで主導権を握り、状況を有利に運ぶ方法をお伝えします。チームメンバーのアイディアを上席者に受け入れてもらう、別チーム担当者との共同プロジェクトで担当業務を適切に振り分けるといったよくある場面を想定したロールプレイングを行うことで、受講者の理解を深めます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.0%

講師:大変良かった・良かった

96.7%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • 業務を依頼するときに事象だけを伝えていたため、目的とゴールを伝えられていなかった。研修を通じて、目的を明確にすることでゴールが共有できると学んだ。
  • 担当者に仕事を依頼する時、以下の事項を意識して行動する。(1)目的の明確化、(2)コミュニケーションを取りながら話をする、(3)思いを強く持って接する。
  • 相手を動かす為に、目的を告げる、話の展開、言葉の表現・立ち位置に意識していきたい。また、相手としっかり最終確認を行い、考えが間違いないか確認をしていきたいです。
  • 「目的の明確化」より、結論から話す等の方法を活用していきたい。相手に同じイメージを描いてもらう、資料を使って説明する等も意識したいと思う。
  • 自分が思っているゴールイメージを相手にも持ってもらえるようにする。みんなを巻き込みながら目的に向かって進めていく必要性を学んだ。言葉だけでなくデータ、情報を用いて相手に説明をしていく。

実施、実施対象
2020年7月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務上で問題が発生し、他部署との折衝を必要とする際には、相手の言葉をゼロポイントで聴き、内容を理解し、熱意と広い視野で対応していきたい。
  • 聴く力を鍛えてお客さまや社内の面談に活かしていきます。今までにも社内研修でコミュニケーションの大切さは学んだつもりでしたが、コミュニケーションの主導権を自分が持つことにより大きな壁を乗り越えていきます。
  • コミュニケーションにおいて自分に不足している、先手必勝がいかに大切であるかを再認識しました。また、「きく」というスキルが重要であり、今の自分にはできていないことがわかりました。「きく」スキルを積んで情報を整理してコミュニケーションを取れるようにしていきたいと思いました。
  • 情熱をもって話すことが今まであまりなかったため、キーパーソンを説得する際には、情熱をもって話すことを心掛けたいと思いました。

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後交渉をすることが増えるので、常にストーリーを描きながら相手と話したい。また、交渉する前にはしっかり準備しておきたい。
  • 相手の求めている事柄をしっかり理解して、ずれのないコミュニケーションを取っていきたい。自分のしてもらいたい事を相手に伝えるため目的共有できるようストーリーを組み立てて話せるよう意識していく。
  • 客先や上司との話の中でのコミュニケーションの手法として「結論から言う」「ストーリーを考える」「事前準備」「納得させる材料(理由、根拠)」を意識しようと思います。

実施、実施対象
2020年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目的を明確化して共有し、前提をそろえて現状の把握をする。相手の理解をすすめる。本日学んだスキルを使っていけば、上司に思いをうまく伝えられると前向きに思えた。
  • 「目的の明確化」「訊く、聴く力」の重要性を再認識したので、この2つを意識した事前準備をし、「人を動かすコミュニケーション」ができるように努力します。
  • 「主導権を握ること」と「相手に選ばせること」は元々課題として認識があったものの、どのようにすれば解決できるのか、理解できていなかったことに気づいた。
  • 社内のコミュニケーションを円滑にして距離を近づける努力をしていきたい。目的意識をもって相手に伝え、今できる業務を進めていきたいと感じた。
  • 上司や他部との打ち合わせの際、ゴールを設定する、相手に質問を投げかけ関心をひく、相手に暗示的に判断してもらうなどを意識する。

実施、実施対象
2020年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の立ち位置によりとるべきコミュニケーション方法を理解することができた。これまで「目的」をはっきり伝えて認識してもらうことが足りなかったと反省した。
  • 相手が求めていることを冷静に考えて、提案していきたい。「話し方」「間」はこれまであまり考えたことがなかったので意識するようにしたい。
  • 「ゴールをしっかりと設定して、協働メンバーと共有すること」をいつも心掛けたい。
  • 普段からコミュニケーションをとるようにして、相手の真意をつかめるようにしたい。
  • 実際に説明や交渉を行う際にも、相手との認識のすり合わせを丁寧に行う必要があると思った。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.0
講師がとても良い・良い
96.7

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修