loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)DX理解研修

(半日研修)DX理解研修

DXの基礎を学び、自組織でDXを実現するための具体的な手法を習得する

研修No.6980001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・DXとは何かを短時間で学びたい方
・DXの推進担当になり、進め方を知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自組織でもDXを推進したいが、何から始めてよいのかが分からない
  • 他社ではどのようなことをやっているのか知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、DXの基礎知識から人材育成方法、組織内のDX実現の具体例について学ぶことができます。言葉を聞いただけでは分かりづらいDXについて、定義や今これらが強く求められる社会的背景について改めて確認します。そのうえで、実際にDXを成功させている組織の事例等を参照しながら、人材育成のポイントや推進のためにまず何から始めていけばいいかを考える研修です。DXについて右も左も分からないという方でも、3時間で基本知識が身につきます。

到達目標goal

  • ①DXとはどういうものかを理解できる
  • ②自社のDX推進における取り組みを個別具体的に考えることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1. DXとは
    (1)DXとは何か
    (2)DX推進のために組織がすべきこと
    (3)組織がDXを進める理由
    (4)DXを推進するためのステップ
講義
  • 2.DXツール・システムの概要
    (1)DXツール・システムの選択基準
    (2)DXに有用なツール・システムの特徴
    【ワーク】ツールやシステムの中で、自組織で活用できそうなものはあったでしょうか。
講義
ワーク
  • 3. DX実現の具体例
    【ワーク】事例の中で、自組織で活用できそうなものはあったでしょうか。
ワーク
  • 4. DX実現のための人材育成
    (1)DX人材とは
    (2)DX人材を育成する必要性
    (3)DX人材の育成・確保についての課題と対策
講義
  • 5. DXを実現するために
    【ワーク】今後DXを実現するために取り組むことをまとめる
ワーク

企画者コメントcomment

DXに対して、何をしたらいいかよく分からないと思っている方は多くいらっしゃいます。ですが、それを分解して考えてみると、ひとつひとつはそう難しいことではありません。今回、自社で推進するには何から始めたらいいか、具体的にはどういうことができるかといった基本からまず学んでいただけるように、短時間の研修を開発いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0%

講師:大変良かった・良かった

100.0%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年3月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • AIなど様々なツールが急速に広がり、出来上がったソフトを触ることはあっても自分で構築するのは難しいと考えていました。しかし、この研修を受講して企業全体でDXの理解へ向かっていく姿勢が大事であると感じました。
  • ある程度ベースとなる基礎知識を身につけて、自業務のDX化を推進し、要件定義ができるような人材になれるように努めます。
  • DXのツールに触れ、自身のDX理解を深め提案できるようにしたいと思いました。学んだことを活かし、日頃からあらゆることにアンテナを張ります。

実施、実施対象
2022年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現在担当している業務において、属人的な作業が多いが故にミスも多いです。今後は人が判断する箇所を最小限に抑え、システムに判断してもらうような仕組みを作っていきたいと思います。
  • DXとは、AIやプログラミングなど難解なイメージだったが、実際は自分の身の回りにある身近なものからDX化を進めていけばいいということが分かった。
  • デジタル化が遅れていてかつ一定のボリュームがある会合資料作成にマクロを導入して事務量を減らすなど、身近なことから取り組みます。

実施、実施対象
2021年11月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
75%
参加者の声
  • ビッグデータの活用や業務のRPA化などのDX化はハードルが高いという漠然としたイメージを持っていたが、まずは簡単な事務作業からプログラミングをしてみて効率化を試みたい。
  • DXの重要性そのものを全社に位置づけて早急に教育支援と共にDX人材発掘を成し遂げ、業務効率化と顧客への製品・情報などのサービス提供を図りたい。
  • どこの会社でもDX人材が不足していると知りました。若年層からDXを推進するためにも積極的に学習を続け、スキルを身につけます。
  • 世の中にどのようなDX化の具体例があるかを学び、自分の業務に活かせるものがあるか考えつつITスキルも強化して、身近にある問題点からDX化を進める。
  • DXを推進するにあたって、今の日常業務のムダを見直す良い機会だと感じた。また部内で出来る簡単な効率化を提案し、ITツールを作れるような活用人材になることを目指したい。

実施、実施対象
2021年10月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • IT人材は育成できること、少しの専門知識でDXが進むこと、業務を知ってる人材がDX知識をつけることが重要という3点に気づけました。
  • 業務を効率化するため、DXの知識を自部署全員が理解し、推進していく必要性を強く感じました。部署全員で前に進めていきます。
  • 社内のDXツールを個人と自部署内及び関係部署で活用します。社内のDX材を増やして業務の効率化を図ります。

実施、実施対象
2021年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
60%
参加者の声
  • DXについて無知だったが、将来の人材不足に備え、すぐに取り組むべき問題だと分かった。
  • 日常業務の洗い出しや、関数、マクロなどの知識を得て、取り組むことでDXの実現を図ります。
  • 本研修を通じてDXの概要、社内における推進方法について理解を深めることが出来ました。まずはDXを社内で共有し理解してもらい推進させます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
100.0

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修