loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ダイバーシティ時代の業績向上組織づくり研修~OODAループを活用する編(2日間)

ダイバーシティ時代の業績向上組織づくり研修~OODAループを活用する編(2日間)

ダイバーシティへの理解を深め、目的達成に最適な即断、即行動の理論「OODAループ」を学ぶ

研修No.B IMP211-0900-4146

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・多様な人材について理解を深めたい方
・業績を上げる組織をつくるための考え方を学びたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ダイバーシティに代表される世の中の流れを理解するとともに、刻々と変わる自社の外部環境に対して、迅速かつ柔軟に対応する意思決定理論「OODAループ」を使い、組織の業績を向上させることを考えていきます。
※本研修における「OODAループ」は、米国海兵隊の行動様式をインソースにて研究したものです。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.世の中の流れを確認する① ~ダイバーシティを理解する
    【ワーク】業績向上に向けて営業現場でダイバーシティに関して課題だと感じていることは何か共有する
    (1) ダイバーシティにかかわる世の中の流れを理解する
    (2) 企業におけるダイバーシティの意義
    (3) ダイバーシティに求められるもの
    (4) 多様化する若手世代を理解する① ~ゆとり世代・さとり世代
    (5) 多様化する若手世代を理解する② ~つくし世代とは
    (6) 多様化する「女性」
    (7) さまざまな年代の人材
    (8) 異文化出身者
    (9) 障がいのある人材
    (10) さまざまな時間帯で働く社員
    (11) さまざまな場所で働く社員
    (12) 多様化する個々人の働き方 ~上・下・左右のキャリアの選択肢
    【ワーク】「多様な人材」および周囲メンバーの悩み・課題を整理し、気づいたことを共有する
    (13) お互いの価値観・考えを伝え合い、違いを認め合う
    (14) 固定観念と価値観の押しつけに気をつける
    (15) 個人として接する ~「対話」の重要性
    (16) 「ともに働く」を楽しむ
講義
ワーク
  • 2.世の中の流れを確認する② ~自社への影響を分析する
    ■ 自社を取り巻く世の中の流れを分析する ~外部環境分析とは
    【ワーク】自社にとっての「競合」「顧客(市場)」とは具体的に誰か、自社にとって「機会」あるいは「脅威」となるような変化とはどのようなことか考える
    【ワーク】自社のマクロ環境分析から見つけた、注目すべきことを記載する
    【ワーク】自組織の「チャンス」と「ピンチ・課題」を、4つの視点を参考に考える
    【ワーク】5年後、10年後、自社に不足するものを洗い出し共有する
講義
ワーク
  • 3.激しい環境変化の中で業績目標を達成する
    (1) 業績が上がらない組織の3つの課題
    (2) 業績拡大の基本サイクル
    (3) なぜ計画は達成されないか ~「P」が現実から遅れていく
    (4) ミッションが共有されているか ~「業績向上」というシンプルなミッション
    【ワーク】あなたの組織全体の業績目標は何か考える
    【ワーク】あなたのチームのミッションは何か考える
    (5) なぜ実行が徹底されないのか? ~組織から考えてみる
講義
ワーク
  • 4.業績目標達成のための「OODAループ」
    (1) ビジネスと戦争・戦闘の類似性
    (2) 環境変化の中、臨機応変なOODA(ウーダ)ループで目的を達成する
    (3) 「O」 観察 ~刻々と変化する状況を把握する
    【ワーク】環境分析も踏まえたうえで、より自組織に影響を及ぼしそうな内外の環境変化や状況の変化はどのようなことか考える
    (4) 「O」 方向づけ ~意思が戦況を決める
    【ワーク】観察を踏まえ、即座に対応できる打ち手はどのようなことか。「経験」や「ひらめき」を活用し、できるだけたくさん洗い出す(方向づけ)
    (5) 「D」 決断 ~本質を見極め、決断を下す
    【ワーク】洗い出した打ち手の中から、一つ実施を決定するとすればどのようなことか。また、その決定に至った理由や判断基準はどのようなことか考える(決定)
    (6) 「A」 行動 ~速度と集中が最大の効果を生む
    (7) OODAを高速で回し、業績目標を達成する
    【ワーク】あなたの目から見て、所属する組織・チームの行動のスピードは妥当か。また、そう考える理由は何か考える
    (8) OODAを実現するには監視・監督・評価の仕組みが重要
講義
ワーク
  • 5.OODAの現実的な活用
    (1) PDCAというフレームワークの使い方にはコツがある
    (2) ビッグ「P」とOODAの連続
講義
ワーク
  • 6.OODAを実現する組織のあり方
    (1) 組織メンバー全員に徹底した基礎訓練がなされていること
    【ワーク】あなたの組織・チームでは、どのような基礎訓練・教育を行っているか共有する。また、行っていない場合、どのような訓練・教育をすべきか検討する
    (2) 組織メンバー共通の行動原理があること ~組織の掟
    (3) 組織メンバーが優秀な人材から構成されること
    (4) 組織メンバーに主体性があること
    (5) 誠実で率直な人間関係があること
    (6) 組織の流動性を保つこと
    (7) 「動く勇気」を称賛するカルチャーがあること
    【ワーク】怠けている部下をどう叱咤するか。また、臆病な部下には、どう声をかけるか考える
講義
ワーク
  • 7.OODAを実現するリーダーのあり方
    (1) 「Observe」 優れた観察者であること
    (2) 「Orient」 経験から課題解決の方向を示す
    (3) 「Decide」 困難な状況に立ち向かい決断する
    (4) 「Act」 先陣を切って飛び出す
    (5) 人材育成者であること ~「OODAに耐えうる部下」を育成する
    (6) リーダーとしての立ち振る舞い ~「サムライ」として
    (7) 大胆な権限移譲 ~ミッション完遂が第一
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】組織・チームの行動スピードを加速させるには、いつ、どのような場面でOODAを活用するとよいか考える
    【ワーク】どのように工夫することでOODAによる仕事の進め方を組織・チームに定着させるか考える
ワーク

6151

1200736

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年10月     27名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.6%
講師:大変良かった・良かった
96.3%
参加者の声
  • これまでPDCAサイクルの研修を受けたことがありましたが、今回のOODAでは高速でサイクルを回していくことでスピーディな業務改善を実現することを学びました。
  • OODAループは初めて聞きましたが、営業の業務に落としやすい内容でした。まずは実行し、観察に戻り・・・というループを回していきたいと思います。
  • 現状の問題点を整理して、素早く行動に移すサイクルを回していきたいと思います。目の前の仕事をただただこなすことに必死だったが、目標へのアプローチを論理的に考えるきっかけになりました。

実施、実施対象
2019年7月     31名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.8%
講師:大変良かった・良かった
96.8%
参加者の声
  • 誰もがいつかは支えられる立場になる場面があることを職場で共通認識が持てるようにしたい。個別対応と情報共有のバランスを取っていく。
  • 指示の出し方に注意し、プロセスも含めてほめることを実践する。多様性のある組織の運営に、研修での学びを活かしていきたい。
  • 働き方、価値観が多様化している中、自分の持っている常識の概念を見直し、ゼロベースで部下と付き合おうと思った。

実施、実施対象
2018年10月     17名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ダイバーシティの観点から、業務をどのように配賦するのかが重要と理解できた。若手メンバーと一緒にOODAループを活用し業務の進み具合を確認する。
  • 営業での仕事の役割、ミッションへの取り組み方や成功への過程が分かった。決して難しい内容ではなく、むしろなるほどと納得させられることが多い研修だった。
  • 競合他社への対策や、部下指導の場面で、OODAの考え方を取り入れていきたいと思います。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ダイバーシティ・グローバル研修の評価
年間総受講者数
12,502
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
90.4

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!