オペレーションミス防止研修 ~業務フロー作成編(1日間)

オペレーションミス防止研修 ~業務フロー作成編(1日間)

自部署の業務フローを作成してミスの原因を検証し、職場の業務改善活動に活かす

研修No.B IMP211-0400-2819

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 全階層

自部署の業務フローを作成し、ミスの原因を検証したい方

研修内容・特徴outline・feature

業務フローを作成すると、業務の流れや手順が、誰の目にもわかるよう「可視化」されます。この業務の「可視化」が実現されることで、ミス防止をはじめとする様々な業務上のメリットが期待されます。
本研修では、実際に自部署の業務フローを作成し、ミスの原因を検証します。それによって、研修後も職場で同様にフロー作成・検証ができるようになり、職場での業務改善活動にスキルを活用していただけます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.業務フローの役割
    (1)業務フローにより業務が可視化されるメリット
    ①仕事の流れを大づかみにできる
    ②仕事の手順が理解できる
    ③仕事の流れを共有できる
    ④非効率的な業務プロセスが発見できる
    ⑤業務プロセス上にあるリスクがわかる
    (2)業務フローによる改善とは
    【参考】フローチャートとのしくみ
    (1)フローチャートを構成する要素
    (2)記号とその意味
    (3)流れのパターン
    (4)作成上の約束
講義
  • 2.業務フロー作成時のポイント
    (1)業務フローを作成する目的を明確にする
    (2)業務一覧を元に対象業務を選定する
    【ワーク】業務一覧表を用いて、対象業務をひとつ選定する
講義
ワーク
  • 3.改善業務フローを作成する
    ①対象業務を分解する ②業務に関わる人物を洗い出す
    ③フローチャートの形に落とし込む
    【ワーク①】ワークシートを用い、自部署の業務フロー図を作成する
    【ワーク②】選定した対象業務について具体的な作業に分解し、それらの作業を「区分」ごとに分けて表に整理する
    【ワーク③】ワーク②にもとづいて、選んだ業務をフローチャートで表現する
    【参考】業務フローの検証
    (1)検証の視点
    (2)ヒアリング
    (3)ブレーンストーミング
講義
ワーク
  • 4.業務フローからミスの原因をつきとめる
    (1)「攻め」の改善と「守り」の改善
    (2)原因究明のベースとする
    (3)改善の余地を見つける着眼点
    【ワーク①】前述のワークで描いた業務フローについて、ミスが起こる箇所を考える
    【ワーク②】そこに至るまでの作業とその後の作業に分けて問題点がないか考える
    【ワーク③】ワーク②で上がった問題点について、どのように改善するのか考える
    【ワーク④】作成した業務フローについて、ムリ・ムダがないか検証する
    【参考ワーク】ワーク③、④で考えた改善点を踏まえて、もう一度、業務をフローチャートで表現する
    【参考】業務フローとマニュアルの連動でミスを防ぐ
    (1)業務マニュアルの弱点
    (2)業務フローとマニュアルを連動させる
    (3)フロー型マニュアルの整備
    (4)業務フローとマニュアルをPCDAで運用する
講義
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 6月     15名
業種
法律・会計
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • 職場の仲間も同じような悩みや気付きをもっていると知ることができた。当たり前と感じることでも、掘り下げてみれば改善できることがたくさんあると感じた。
  • 業務について「常に改善策を考える」という基本ができるように活用したい。
  • 日々の業務でもムダを省けるか、不要な業務をしていないか考え、ミスを減らせるようにしたい。

実施、実施対象
2016年 11月     18名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 講師の説明が分かり易く、研修に集中することができました。今後新規業務がある予定なので、早速業務フローを作成します。
  • システム化できるところなどを洗い出して改善していきたい。業務引継ぎ時など業務フローを有効に使っていきたい。
  • ワークが多く、よく理解できました。実際の業務改善に向けて、まずはフローを作って業務理解を深めるところから始めたいと思います。

実施、実施対象
2016年 9月     18名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • 今後フローを作成(見直し)するうえで有益であった。実際にフローを作成するには多大な時間が必要となるので、前準備と各担当者等を良くヒアリングして手戻りなく良いものを作りたい。
  • 業務整理や改善をしていきたいと考えていたところなので、研修内容をいかして次の人に使いやすい、人に優しいフローやマニュアルを作成したい。
  • 業務フロー作成がどれだけ大変か、またどれだけ行き当たりばったりで書いていたか分かりました。とても有意義でした。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

リスクマネジメント研修
年間総受講者数
6,112
内容をよく理解・理解
91.1
講師がとても良い・良い
90.1

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!