ヒューマンエラー防止研修

ヒューマンエラー防止研修

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

個人に求めるのではなく、ミスの起きない仕組みと環境のつくり方を習得する

メールの誤送信やシステムの誤入力など、気を付けていてもミスは起きます。特に近年は業務効率が求められる中、システムやインターネットが普及し、小さなミスが大きな事故に繋がるケースが増加しています。

その結果、ミスに対して、企業の社会的責任が重視されるようになりました。今では、ミスから発生した事故は信用の失墜にとどまらず、多額の賠償責任につながるなど、顧客や企業に大きな損害を与える恐れがあります。

そこで、インソースのヒューマンエラー防止研修は「人はミスを犯す」という前提のもと、組織の仕組みづくりを検討していただきます。ミスは「○○さんの不注意」「○○さんは仕事ができない」など、個人に求めるのではなく、ミスの起きない仕組みと環境のつくり方を習得することで、ヒューマンエラーの根本的な防止に取り組んでいただきます。


ヒューマンエラー防止研修のポイント

ミス発生の原理・原則をおさえる

ミスとは「すべきことが決まっている」ときに「すべきことをしない」あるいは「すべきでないことをする」または「できるはずのことができない」ことを言います。日常的に起こり得るミスを4つの種類に分類し、その要因を探ることでミスの発生のメカニズムを解明し、理解します。演習では、判りやすい業務事例をベースにケーススタディを行い、ミスが起こりやすいポイントを明確にし、それを自分の業務に置き換えて再度実施します。

ミス防止のための「仕組みづくり」を習得

ヒューマンエラーを防止するための最も効果的な対策は、エラーが発生する可能性のある業務そのものを「廃止」することです。しかしながら、必要があって行っている業務を廃止することは現実的には困難です。その場合には、簡素化・標準化によって業務の内容を変える試行を行い、その後に自動化・集約化・移管などの方法によって業務のやり方を変える試行を行います。つまり、業務の中でムダな行為を無くしたり、無理のある状況を改善したりすることが重要で、これは、インソースのヒューマンエラー防止研修の中核となる考え方です。

自組織におけるミスを分析し、対策案を立案

ヒューマンエラーは複雑な状況や人間の認知能力を超えるような場面で発生します。そのため、可能な限り業務をシンプルに、分かりやすくすることが重要です。研修の中では、これを前提に、実際に受講者自身の業務や所属組織の業務を整理し、見直しを行います。そのうえで、現場でもすぐに実践できるように対策案と具体的なミス防止計画を立てます。

ミス防止の仕組みづくりに精通したプロ講師が登壇

インソースには、事務経験者やシステム経験者、接客経験者など、様々なビジネス現場でミス防止の戦略を練ってきた講師が数多く在籍しております。研修では、有益な経験談をリアルに語ることができます。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ヒューマンエラー防止研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!