loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

経営の見える化研修(1日間)

経営の見える化研修(1日間)

「戦略」「進捗」「問題」の3つの軸で経営の見える化を実現し、速やかな意思決定に活用する

研修No.B EXE326-0100-4553

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 部長・経営層

・経営者および経営幹部の方
・上級管理職の方
・経営管理部門に所属の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 必要な情報がすぐに得られないために意思決定が遅くなりがち
  • ERPを導入しているが、十分に活かしきれていない
  • 何を「見える化」することで経営判断に役立てられるようになるのかを知りたい

研修内容・特徴outline・feature

組織経営を行う上では、事業の実態を大づかみに把握した上で、スピーディに意思決定を行うことが求められます。そのためには、経営に必要な情報が「可視化」されると同時に、意思決定を行いやすいように「見える化」が実現できていることが重要です。本研修では、「戦略の見える化」「進捗の見える化」「問題の見える化」に分けて、経営の見える化のポイントを学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①「見える化」の本質が理解できる
  • ②意思決定に必要な要素が分かる
  • ③自社の経営において「見える化」すべき対象が明確になる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.意思決定に「見える化」を活かすには
    【ワーク】「課長級」に求められる判断と、「経営層」に求められる意思決定の違いについて討議するワーク
    (1)意思決定に求められるスピード感と全体性
    (2)「可視化」+「見える化」で意思決定を前進させる
講義
ワーク
  • 2.経営層の役割と3つの見える化
    (1)組織が経営層に求める役割とは
      ①ゴールを目指して戦略を立てる  ②計画を立て進捗を管理する
      ③早期に問題を発見し解決する
    (2)カギを握る「戦略」「進捗」「問題」の見える化
講義
  • 3.「戦略」の見える化
    (1)戦略の見える化が組織全体の意識合わせにつながる
    (2)自社の事業環境をマップ化する
    (3)自社のビジネスモデルを図示する
    (4)事業構造を方程式で表現する
    【ワーク】自社の事業についての「事業環境」「ビジネスモデル」「事業方程式」を見える化するワーク
講義
ワーク
  • 4.「進捗」の見える化
    (1)時間と到達度の見える化で計画の達成確度を上げる
    (2)ゴールから逆算して経営計画に落とし込む
    (3)進捗を測るための指標を設ける
      ①「量」を測る指標  ②「質」を測る指標
    【ワーク】自社における事業の進捗を測るための指標を考えるワーク
    (4)ステータスを見える化するためのツールとしくみ
講義
ワーク
  • 5.「問題」の見える化
    (1)問題を見える状態にすることが改善の動機となる
    (2)「As is」と「To be」の可視化がギャップの見える化の基本
    (3)プロセスの見える化が問題の早期対応を可能にする
    (4)ムダの見える化が生産性向上を促す
    【ワーク】自社における問題の早期発見のために、何が自動的に見えるようにしたいかを考えるワーク
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

7010

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

経営の「見える化」とは、単に「経営に必要な情報を入手できるようにすること」というだけではなく、「重要な情報をピックアップして眼前に突き付けられるような状態を作ること」ということができます。そうすることで、大局的なものの見方ができるようになり、スピーディに行動へとつなげられるようになります。本研修が、経営層の皆さまの悩ましい意思決定の一助になればと思い、企画いたしました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!