2762OJT研修 ~コーチング含む指導者向け編(2日間)

OJT研修 ~コーチング含む指導者向け編(2日間)

本研修の「ねらい」

OJTの目的は、現場で“考えて”動ける“自立した人材を育成することです。そのためには、組織の理念や風土を踏まえた「考え方の軸」(行動するための判断基準)をOJTトレーナーがしっかりと把握し、それを指導相手に理解させる必要があります。
本研修は、2日間かけて特に育成計画づくりをしっかりと学ぶ研修です。また、仕事の指示の仕方・ほめ方・叱り方等、具体的なOJTの進め方や、コーチングスキルを修得し、さらにケーススタディを通して実践力を高めていただきます。


研修プログラム例

B OJT255-0200-2762

研修プログラム例(1日目)
内容
手法
  • 1.新人・若手の立場になって考える
    (1)新人・若手の頃に不安だったことは
    【ワーク】あなたが若手の頃に、「不安」だったことは?
    (2)不安のもとは不慣れな「仕事」と「人間関係」
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとはOn the Job Training
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTは「準備」、「継続」、「計算」
    (5)Off‐JTも大切
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、求められている役割とは?
    (7)OJTトレーナーに求められるもの
    ①組織としての方向性の理解
    ②自信に裏打ちされた強力なリーダーシップ
    ③覚悟と責任
    ④自己の再確認
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)育成方針を確認する
    【ワーク】あなたの組織の人材育成方針を確認する
    (2)ゴールを設定する
    【ワーク】あなたの部下へのOJTのゴールを3つ設定する
    (3)具体的なスキルを洗い出す
    【ワーク】設定したゴールごとに、必要な知識やスキルを洗い出し分類する
    (4)知識・スキルの習得方法を検討する
    【ワーク】前のワークで洗い出した知識・スキルの習得方法を考える
    (5)スケジュール化する
    【ワーク】部下の育成案をスケジュール化し、育成計画書にまとめる
講義
ワーク


研修プログラム例(2日目)
内容
手法
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    ①まず仕事全体の流れを大まかに教える
    ②具体的な行動を指示する
    ③期待水準を伝える
    ④仕事の意味を教える
    (2)指示した内容を確認する
    ①指示した内容を口に出して確認させる
    ②答えを与え過ぎない
    ③最後にもう一度質問がないか訊く
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】上司への報告が後回しになってしまったことを思い出し、共有する
    (4)効果的なほめ方
    ①ほめ言葉が人を動かす
    ②ほめることの基本
    ③ほめるポイントの使い分け
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければいけないがためらくことを挙げる
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
ロールプレイング
  • 5.指導方法の使い分け ~コーチングスキルとは
    (1)「ティーチング」と「コーチング」の違い
    (2)コーチングスキル① ~「傾聴」
    【ワーク】「聴く練習」
    (3)コーチングスキル② ~「質問」
    【ワーク】「質問する練習」
    (4)コーチングスキル③ ~「承認」
    【ワーク 職場の一人を想定し、その人のほめるところをできる限り洗い出す
ロールプレイング
  • 6.ケーススタディ
    【ケース1】わがままな部下の場合
    【ケース2】部下が会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができていない場合
    【ケース7】部下が自分で考えない場合
    【ケース8】部下に仕事を引き継ぐ場合

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 7月     15名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • ティーチングとコーチングの違いを意識して業務に活かしたいです。
  • 講師の経験談がためになりました。相手のことを思いやれる人材となり会社に貢献できればと思います。
  • 自分の今までの取り組みを確認できたし、悩んでいたことにヒントが与えられ新たな発見があったのが良かったと思う。

実施、実施対象
2017年 4月     6名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 新人の視点に立ち、明確な目標を作成し、具体的に指導していきたい。新人を成長させるほめ方、叱り方を実際に活用したい。
  • この研修を受講する前は感情的に怒ったり「前にも説明したでしょ」というセリフで冷たく接したこともありました。自分が正しいと思わず、後輩のミスも自分の教え方も冷静に見つめ直して大切に育てていきたいと思います。
  • 新人に教えるだけではなく、ほめる事や考える事も大事な事の一つだと思いました。相談が気軽に出来る様に観察をし、フォロー出来るようにしたいです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



OJT研修の評価
年間総受講者数
18,959
内容をよく理解・理解
96.4
講師がとても良い・良い
94.9

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

三分間研修学

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!