loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

職場リーダー向け研修~仕組み作りで成果を上げる(1日間)

職場リーダー向け研修~仕組み作りで成果を上げる(1日間)

仕事の構造を明らかにし、品質を担保しながら仕組みをつくる

研修No.B IMP211-0000-4365

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・チームをマネジメントする方、現場リーダーの方
・チームで効率的に仕事を進める方法を知りたい方
・業務が多く、優先順位をつけて上手く指示を出せないとお悩みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • それぞれのメンバーが仕事をバラバラに遂行しており、無駄な時間がかかっている
  • たくさんの業務があり、どの業務から仕組化を検討してよいかわからない
  • 業務の仕組化はしているが、メンバーにうまく徹底させることができない

研修内容・特徴outline・feature

仕事の仕組化の原則は「誰が実行しても、同じ結果になる」ことです。そのためには、仕事の構造を確定させることから始まります。構造を確定する際は、複雑な手順にならないよう、様々なプロセスに潜むムダの観点を持って検討します。

一方で、効率性を優先するあまり、品質がおざなりになってしまっては意味がありません。手間をかけて品質を担保しなければならない業務とそうでない業務は区別できるはずです。研修内では実際に自部署で行っている業務を取り上げ、業務の流れを考える演習や品質を担保するためのフレームワークの検討を行います。更に、職場で実行・徹底する場合のメンバーを巻き込む方法なども併せて学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①職場でどの業務を仕組化するかがわかる
  • ②仕事の流れを効率的、かつシンプルにすることができる
  • ③職場で仕組化をメンバーに周知、徹底することができる
  • ④徹底する際、メンバーからの「でも」「だって」「どうせ」に対して行動経済学を活用し、仕組化を果たすことができる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.何を仕組み化するか検討する
    【ワーク①】この1週間で発生した自部署の業務を洗い出す
    (1)業務発生の頻度
    (2)業務量
    (3)作業時間
    【ワーク②】ワーク①で洗い出した自部署の業務の発生頻度とその業務量、作業時間を考える
講義
個人ワーク
  • 2.仕事の構造を確定する ~ロジカルに捉える
    (1)業務の流れを図式化する
    【ワーク】1章で洗い出した業務の流れを図式化する
    (2)業務改善を考える
    ①手順が複雑になっていないか
    ②過剰品質になりすぎていないか
    ③分業しすぎていないか
    (3)業務標準を決定する ~シンプルな手順を目指す
    ①業務プロセスの決定 ②標準時間の確定 ③進めるためのツールや情報を整理する
講義
個人ワーク
  • 3.品質を担保する
    【ワーク①】自部署で行っている業務のうち、作業者によって品質にばらつきが出ると感じる業務を1つ選ぶ
    (1)成果物のフレームを決定する
    【ワーク②】①で選んだ業務について、成果物のフレームを確定する
    (2)再現性を求める
     ①マニュアル ②単純化でミスを防ぐ
講義
個人ワーク
  • 4.仕組みを徹底させる
    (1)目的を周知、理解させる
    (2)トレーニングする
    (3)ルーティン化する
    (4)進捗状況の全体報告、成果と感謝を伝える
講義
  • 5.うまく徹底できないときは
    (1)「やりたくない」人が出てきたら ~「でも」「だって」「どうせ」と戦う
    (2)作業内容の再検討を行う
    (3)進捗が思わしくないとき ~自らが率先して行う
    (4)行動経済学を活用する ~EAST理論
     ①簡単に進められる ②楽しく進められる
     ③目的に意義が感じられる(=使命感を駆り立てる)
     ④「今」必要であることを説く
    【ケーススタディ】「乱雑な書庫を片付けてほしい」をテーマに、EASTの視点を使ってメンバーを説得する
講義
グループワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】本日の研修を踏まえて、仕組化するために取り組むことを具体的に考える
個人ワーク

6701

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

自部署の仕事について、構造化したことのあるという方は多くはないでしょう。本研修では、皆さんの業務を仕組化し、生産性を上げるための一助としていただくために開発しました。また、仕組化のための基本的な考え方ややり方だけではなく、職場のメンバーの巻き込み方についても悩んでいる方も多くいると思います。

本研修では職場で改善策を実行する際、メンバーから反対されたら、どのように捉えて再考すべきかなどお伝えしています。職務内容を熟知している職場リーダーだからこそメンバーはついてきてくれるはずです。是非、生産性向上に取り組むきっかけとしてご検討ください。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

リーダーシップ研修
年間総受講者数
4,471
内容をよく理解・理解
95.9
講師がとても良い・良い
94.8

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!