情報マネジメント研修を語る

情報マネジメント研修を語る


情報リテラシーを向上させるために
マイナンバー制度を学び、円滑に
マイナンバーを導入していただける研修

個人情報保護や情報セキュリティ強化の基本を学んだうえで、現状の見直しを行い、自組織における漏えい防止の取り組みを具体的に考える研修です。研修の後半では、マイナンバー制度や特定個人情報保護についての知識を得て、今後の情報財産の安全管理に活かしていただきます。


ニーズ

「マイナンバーとその取り扱い方を知りたい」というご要望から生まれました

「マイナンバーとその取り扱い方が知りたい」というお問い合わせを、お客さまから多数いただいて作成した研修です。
ただ、「マイナンバーだけ」を取り上げた内容では表面的な理解になってしまいますので、"情報リテラシー、情報マネジメントの一環としてマイナンバー制度を理解していただく"という構成、カリキュラムになっています。

マイナンバー制度導入に関する流れとしては、2015年10月にマイナンバー制度の個人番号が通知され、その実施が2016年1月1日から順次行われていくことが決定しています。
そもそも「マイナンバーとはどんなものか?」と、あまりピンとこない人がまだまだ多いのが現状です。その一方で、行政や民間企業では導入に向けた事務作業に追われるなど、問題は山積しています。また、未だにセキュリティに関してあまり熱心でない組織もありますし、最近では、標的型サイバー攻撃事例も増加しています(IT技術の進化により、日本企業への攻撃が容易くなってきたという背景もあります)。マイナンバーに関しては、既にガイドラインも導入されていますし、そのセキュリティ対策も色々と講じられています。しかし、現在はそういった対策を上回る外部環境になってしまっていて、それらの脅威から防御することを考えなければなりません。
まずは、きちんと情報を管理し、ハッキングなどから防御する術を知って、きちんと仕組みを作っておかなければ、今後の組織運営は成り立ちません。マイナンバーなど個人情報のみならず、機密情報などが狙われる可能性も十分あり得ます。そこで、情報セキュリティ対策が肝要なのです。


効果

今後、組織を運営するために必須スキルとなる情報管理の仕方が学べ、職場で取り組むべきことが分かります

マイナンバーは個人情報の一種です。ですから、個人情報保護についての知識をきちんと前提として持つことと、かつそれに伴う情報管理、情報セキュリティや外部環境の情況等に関して十分よく知った上で対応しなければなりません。マイナンバーの知識を持っているだけでは対応しきれません。本研修では、その情報管理、情報セキュリティに関しての知識とスキルを身につけることができます。


特徴

情報管理の仕方、セキュリティ対策の方法を知ることで、マイナンバー制度への対応もできるようになります

前述の通り、マイナンバーといっても個人情報の一種ですので、安全管理措置など、その取り扱い方は個人情報保護のやり方と基本的には同じです。ですので、きちんと情報セキュリティ対策ができている組織にとっては当たり前の事柄でもあります。マイナンバーだから、と改まって考えることもありません。

"情報リテラシー、情報の取り扱いに対する現代的な対応はどういうものか"というところが試されている、その代表例がマイナンバーではないでしょうか。おそらくこのマイナンバーがきっちり取り扱いできれば、当然のことながら、他も"一事が万事"で、うまくいくことでしょう。逆にマイナンバーがちゃんと取り扱えないと、情報管理において脆弱なのではないか、と推測できると思います。


重点ポ
イント

コアとなる「情報リテラシー」をしっかり押さえます

本研修で一番重点を置いているのは、「情報リテラシー」です。そこを押さえておけば、細かな事柄を知らなかったとしても、このコアな部分に沿って判断することができ、問題に発展することはまずないからです。逆に枝葉にとらわれて混乱してしまうと、前に進むこともできなくなってしまいます。


研修の
流れ

マイナンバー制度とその準備を中心に、情報マネジメントスキルを習得します

マイナンバー制度導入にあたって、その前提となる個人情報保護や情報セキュリティ対策の基本を押さえていただいた上で、マイナンバー制度の背景や本質的な部分について学びます。また、マイナンバー制度の知識を得るだけに限らず、その導入に対応するために必須となる情報マネジメントのスキルを習得していただきます。
具体的にはまず、個人情報保護や情報セキュリティ強化の基本について理解します。加えて、個人と事業者、それぞれの視点から見たマイナンバーの概要や特定個人情報保護についても学びます。それらを踏まえて現状を振り返り、最後に自組織における漏えい防止の取り組みを考えていただく内容です。


演習

ワークをふんだんに盛り込み、研修内で自組織の対策を考えていただきます

各プログラム毎にワークを組み込み、自組織における情報セキュリ
ティ対策をしっかり考えていただきます。ワークの例として、以下のものが挙げられます。

・職場で扱う個人情報にはどんなものがあるか
・マイナンバー制度のスケジュール作成
・マイナンバーが各部門にどう影響してくるのかを考え、
 洗い出しをする
・マイナンバー未提出者への対応を考える
                          など


ひと言

本研修は世の中の動きに合わせて順次改訂していきます

冒頭でも申し上げた通り、お客さまのニーズに応えて作成した研修です。現在でもマイナンバー制度に関して流動的な側面があり、未確定情報もありますので、本研修は順次改訂を図っていきます。また、テキストにも最新の情報を盛り込みます。できる限り最新の情報をお客さまに提供すると共に、お客さまの最新のニーズにもお応えしたいと考えています。

また、マイナンバー制度の情報だけにとどまらず、情報リテラシーについて、一貫して理解していただける内容になっています。まず、情報リテラシーについてしっかりと理解した上で、マイナンバー制度について知ることで、きちんとマイナンバーを取り扱っていただけるようになります。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報