個人情報保護研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

個人情報保護研修

個人情報保護研修

当事者意識をもち情報を扱うリスクを正しく理解する

研修の特徴・目的

個人情報の取り扱いを誤ることによるダメージを知る

情報が組織の成長と衰退を分ける時代

昨今、組織における経営資源として、「ヒト・モノ・カネ」に加え、「情報」が重要な位置づけを持つようになってきました。情報を活かすことによってビジネスチャンスが広がり、業績が拡大する機会が生まれる一方、情報の取り扱いでつまずくと、存在価値を大きく損なうことにもなりかねません。

漏えい防止策や不測の事態の対応手順を定める

個人情報の管理は年々厳しくなってきています。ビジネスを通じて知りえた個人情報は、組織にとって大変貴重なものです。自組織にとって貴重なものは、当然、他の組織や詐欺などの不正を行う者にとっても魅力的なものであり、そこに個人情報漏えいの動機が生まれます。そのため個人情報は、厳重に管理されることが前提とされ、万が一外部に漏れるようなことがあれば、組織は厳しく糾弾されることになります。

さらに、IT化が進んだ現代においては、個人情報の漏えいが起きた場合、その件数や拡散スピードなど、影響の規模が膨大になりがちです。情報を管理する責任者は、あらゆる可能性を想定して漏えい事故が起きないように手立てを打ち、さらに万が一起きてしまった場合に、どのような手順で対応すべきかをあらかじめ決めておくことが重要です。

個人情報保護研修のポイント

「自分ごと」として捉える①~事例を知る

重要性が高まっている個人情報保護ですが、組織においては、当事者意識を持ってもらうのに苦労するテーマでもあります。当社の研修では、実際に過去に合った事例を紹介することで、何が原因で発生するのか・どのようなことが起こったのかなどのイメージをもっていただけます。これにより、身近に潜む情報漏えいの危険を自分ごととして捉えられます。

「自分ごと」として捉える②~ケーススタディから学ぶ

研修では、事例を共有するだけでなく、その要因を議論し、どこの職場でも起きうるものであることを理解します。ワークを通じて、自身の問題として危機感を持つことが、真に有効な対応を導き出すうえでの最良の手段となります。

法令やコンプライアンスと関連させて学ぶ

個人情報を考えるにあたっては、2005年に制定された個人情報保護法が、組織における対応を考えるうえでのベースとなります。さらに2017年・2020年の改正も加味したうえで、企業倫理や社会的規範にも照らして、あるべき個人情報保護への対応とはどのようなものかを、コンプライアンスの視点から検討します。

 

個人情報保護研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

個人情報保護研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

個人情報保護研修 ワークショップ

個人情報保護研修 動画教材・eラーニング

個人情報保護研修 おすすめサービス

個人情報保護研修 Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

個人情報保護研修 読み物・コラム

研修のプロがお答え個人情報保護研修 全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


        

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

閉じる