loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

クレーム対応研修~再発防止策を考え、信頼回復を図る(1日間)

クレーム対応研修~再発防止策を考え、信頼回復を図る(1日間)

クレーム発生の経緯をつぶさに把握したうえで再発防止プロジェクトを発足させ、相手の納得を得る説明をする

研修No.B CLM500-1100-4741

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層

・営業職の方
・直接お客さま対応をする部署の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • トラブルが発生したときの顧客対応が、1から10まで上司任せになってしまっている
  • 過去に責任者の立場で顧客に再発防止策を説明した経験がなく、不安だ
  • クレームをうかがった先から、「改善防止策を講じて、納得できる説明をしてほしい」と強く求められている

研修内容・特徴outline・feature

クレーム対応を誤ると、お客さまからの信頼回復には多くの時間がかかります。組織として誠実に対応していることを示すには、トラブルの原因を追究し再発防止策を練って相手に伝え、納得を得ることが重要です。

本研修では、担当者として責任をもってお客さまに向き合う心構えや、再発防止プロジェクトをどのように発足させ進捗させるかのポイント、同じ問題を再び起こさないための防止策の策定スキルの習得を目指します。最後に、お客さまからの質問を想定した説明準備のコツをつかみ、模擬説明会演習を通じて実践へとつなげます。

到達目標goal

  • ①信頼を回復するための、顧客対応の基本を理解する
  • ②クレームを受け止め、顧客の問題を把握するスキルを習得する
  • ③再発防止プロジェクトを立ち上げ、防止策を立案する手法を理解する
  • ④責任をもって顧客に説明するために必要な姿勢と準備を知り、実践できる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.こんなときどうする?
    【ワーク】納品物への不備を指摘するメールが顧客から届いた。
    どのように対応するか
ワーク
  • 2.信頼を回復するための顧客対応とは
    (1)顧客対応の成否が組織の信用を左右する
    (2)まずは即座に連絡し謝罪の気持ちを伝える
    (3)経緯と現状を把握する
    (4)経験豊富なベテランに監修してもらいながら対応する
    (5)お詫びと顧客対応を円滑に進めるための要件
     ①顧客が直面する問題の把握 ②プロジェクトの推進
     ③再発防止策の立案 ④顧客への説明
講義
  • 3.顧客が直面する問題の把握
    (1)顧客満足とは何か
    (2)クレーム対応の4つの基本手順
    (3)顧客の要望を正しく把握する
    【ワーク】顧客の問合せから、相手が解決したい問題をとらえる

講義
ワーク

  • 4.再発防止プロジェクトの発足
    (1)プロジェクト推進の手順
    (2)プロジェクト全体の目標を明確にする
    (3)作業、担当者、納期を明確にする
    (4)プロジェクト全体の進捗を管理する
    【ワーク】再発防止スケジュールを作成する
講義
ワーク
  • 5.再発防止策の立案
    (1)再発防止のカギは改善プロセスの中にある
    (2)改善プロセスを進めるにあたっての心構え
    (3)経緯を振り返ることの重要性
    (4)再発防止のカギを握る真因分析
    (5)なぜなぜ分析を活用するポイント
    【ワーク】なぜなぜ分析の事例について、違和感のある所を指摘する
    (6)実効性のある再発防止策とは
講義
ワーク
  • 6.顧客への説明
    (1)言葉に重みをもたらす「責任ある姿勢」と「準備」
    (2)相手の関心事を捉えた説明資料を作成する
    (3)想定質問と説明準備を抜かりなく行う
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

7355

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

顧客対応力が最も問われる場面の一つがクレーム対応時です。お客さまが直面しているお困りごとを即座に解消すると同時に、将来にわたって同じようなトラブルを生じさせない対策を講じて初めて真にクレーム対応が完了したといえます。
本研修は、ご迷惑をおかけしたお客さまの気持ちに寄り添い、二度と同様の事態を招かないために、自分たちが取り組むべき効果的な防止策を改善プロジェクトとして考える構成にしました。営業職だけに限らず、初級管理職の方にもおすすめです。

関連の研修を探す


お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

クレーム対応研修の評価
年間総受講者数
6,445
内容をよく理解・理解
96.6
講師がとても良い・良い
95.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!