ENERGY online

ENERGY vol.07(2021年冬号)掲載

PICKUP

企業価値を押し上げるESG開示 3つの鉄則

上場・非上場を問わず、SDGs推進の一環で行うESG対応は、積極的に開示することが大切です。開示を繰り返すことで投資家や消費者からの信頼度が高まります。ESG対応の開示には、次のような3つの鉄則があります。

【鉄則1】非財務情報を徹底的に洗い出す

ESG対応として開示する情報は、財務諸表には記載されないことから「非財務情報」と呼ばれます。以下の表も参考に社内の非財務情報を洗い出しましょう。

【鉄則2】非財務情報をガイドラインに沿って開示する

非財務情報はガイドライン(所定の開示方法)に沿って開示することで、評価を得やすくなります。以下は上場企業向けの例ですが、非上場企業でもこれらの例に沿って非財務情報を開示することが可能です。

【鉄則3】社外からの評価を次策に反映する

ESG対応の開示後、上場企業の場合は投資家からの要望が出たり、格付け機関からの評価が届きます。非上場企業の場合は、自社アンケートなどから消費者の意見を吸い上げます。それらの結果を今後のESG対応に反映させて、企業としての信頼度を上げていきます。

関連サービスのご紹介

本コラム掲載号の記事一覧

2021 WINTER

Vol.07 " 人" づくりから始めるSDGs

vol.7は国際的に注目度が高まる「SDGs」がテーマです。SDGs推進によって企業は「顧客獲得」と「資産向上」という2つのメリットを享受できます。全社員を取り込んだ「社内向けESG」「社外向けESG」によってSDGs経営を実現し、VUCAの時代に勝ち残る方法をお伝えします。

Index

ENERGY最新号はこちら

2022 SUMMER

Vol.08 壁を乗り越える

Vol.8は、職場で抱える様々な問題に対する「壁の乗り越え方」がテーマです。各年代ごとに抱えるキャリアや仕事への悩み、組織活性化への課題など、職場には立ちはだかる「壁」が数多くあります。そこで本誌では、「壁」の原因が何であるかを捉えて、解決方法についてご紹介しております。

Index

  • PICKUP

    壁を乗り越える ~年齢ごとの「壁」と向き合うには

  • 冊子限定

    コア・ソリューションプラン 「壁」を乗り越える

  • 冊子限定

    パーパス経営の勧め ~活力が欲しい組織の処方箋

  • 冊子限定

    ミドル・シニアのIT人材化がDX推進のカギを握る

  • 冊子限定

    ハイブリッドワークにおけるマネジメントの秘訣 ~成功のヒントは小学校教育

  • 冊子限定

    ins-bunkai 【第六回】アフターコロナを見据えたソリューション営業とは

ENERGY.online
コンテンツ一覧に戻る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修