ハラスメント防止研修 ダイバーシティ時代に備える編(半日間)

ハラスメント防止研修 ダイバーシティ時代に備える編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B HRS191-0200-3001

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 全階層

常に変化するハラスメントに関する法律や世間の価値観を知り、現状に合ったハラスメントへの理解を深めたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、これまでのハラスメント研修で取り扱っていたパワーハラスメント(パワハラ)、セクシュアルハラスメント(セクハラ)に、さらにマタニティハラスメント(マタハラ)や外国人差別、LGBTへのセクシュアルハラスメントなどの要素を追加した研修です。

ハラスメントに関する法律や世間の価値観は、常に変化しています。かつては問題視されなかったことも、時代の流れとともに見方が変化し、ハラスメントと認定されることもあります。

そのため、現状に合ったハラスメントへの理解を深め、複数のメンバーで協力し合って、職場のハラスメントを撲滅することを目指します。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

【研究レポート】ハラスメント対策・防止の3つの視点~職場の事例から考える

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】それぞれの事例について職場での対応として許されるかどうかを考える
ワーク
  • 2.多様な人が共に生きる時代を考える
    (1)人材が多様化している ~様々な人の立場で考える必要がある
    (2)ダイバーシティの目指すものとは ~誰もが活躍できる社会づくり
    (3)組織のダイバーシティ推進のメリットの一例
    (4)組織のダイバーシティ推進に潜むリスク
    【参考】様々な人材を知る
    ①「女性」とひとくくりに言っても様々
    ②LGBT人材とは
    ③様々な異文化出身者
    ④様々な年代の人材
    ⑤障がいのある人材とは
講義
  • 3.ハラスメントとは
    (1)ハラスメントとは
    ①パワハラ ②セクハラ ~性役割のおしつけもセクハラ ③アルハラ ④モラハラ ⑤アカハラ ⑥マタハラ ⑦人種差別 ⑧宗教軽視 ⑨障がい者差別
    (2)ハラスメントがもたらす様々な悪影響
    (3)ハラスメントの判断基準
講義
  • 4.ハラスメントを招かないために
    (1)誰もがハラスメントをする可能性があることを認識する
    (2)まずは指摘を受ける姿勢を示す
    (3)指摘された際には反論せず受け止め、受け入れる
    (4)同じハラスメントを繰り返さない
講義
  • 5.ハラスメントを見かけたら ~悪化させないために
    (1)見て見ぬふりをしない
    (2)指摘しにくいことでも勇気と厳しさを持って注意する
    【ワーク】相手の行為をやめるように促すために有効な方法を思いつく限り考える
    (3)「アライ」を見つける ~一人で抱え込まず相談できる人を探す
    (4)迷った際には相談窓口へ相談する
    【ワーク】自組織の相談窓口を明確にする
講義
ワーク
  • 6.まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年2月     68名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.7%
講師:大変良かった・良かった
82.4%
参加者の声
  • ハラスメントに対して意識することはあまりなかったが、様々なシーンでのハラスメントの存在を知ることができてよかった。
  • ”相手のことを思って注意する”という勇気を持つことを心掛けようと思った。
  • 人を指導する立場にいる中で自分の感情を伝えないよう(イライラする気持ち)に気を付ける。

実施、実施対象
2018年 2月     101名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
99.0%
参加者の声
  • ハラスメントに対し、他人事のように思っていましたが自分自身も相手に対し不快な思いをさせてしまっているかもしれないという事を感じました。まずは自分自身から相手の気持ちを考え言葉、行動をとりたいと思います。
  • 上司から部下、男性から女性だけではなく、様々な角度からのハラスメントがあることが分かりました。立場に関係なく1人1人が気をつけないといけないと思いました。
  • 本日ハラスメントの講義を受けて、相手を知ること、思いやりの気持ちが大切だということをより感じました。自身に足りないことや、これから実践していきたいことを見つけることが出来ました。

実施、実施対象
2017年 7月     20名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • ハラスメントに対する考え方、対処法がわかりました。 部下へも納得、整理しやすいように教育していこうと思います。
  • 見て見ぬふりをせず、注意ができる環境づくりを今後はしていきたいと思います。
  • 部下の指導の際は相手の立場に立って考え、指導したいと思います。

開発者コメントcomment

ダイバーシティ(Diversity)とは、日本語に翻訳すると「多様性」を指します。
労働人口が不足している今日では、女性、LGBT、異文化出身者、障がいのある方など、様々な人々が新たな働き手として注目されています。

それに伴い、多様な働き方が組織に求められる、ダイバーシティ時代が到来しています。
こういった人材の多様化には、組織や企業に対するロイヤルティが高まる、創造性や革新性が高まるといったメリットがあります。

しかし、一方で、以前は大きな問題として取り上げられなかったことが組織を脅かす大きなものとなったり、ハラスメントとなったりしてしまうことに、注意が必要でもあります。
本研修は、ダイバーシティ時代において、どのような行為や発言がハラスメントとなってしまうかについて学びます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ダイバーシティ・グローバル研修の評価
年間総受講者数
17,900
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
92.3

※2018年10月~2019年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 女性活躍推進

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

おすすめリンク

全力IR

人財育成パッケージプラン

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

全力Q&A

新作研修~こんな研修できました

2020年の春から夏を乗り切るための5つのテーマ

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!