loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修~アドラー心理学を活用し、ハラスメント予防のコミュニケーションをとる(1日間)

 ハラスメント防止研修~アドラー心理学を活用し、ハラスメント予防のコミュニケーションをとる(1日間)

アドラー心理学における「勇気づけ」を実践し、部下との関係を良好に保つことで、ハラスメントを防止する

研修No.B HRS191-0200-4839

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職

・管理職の方で、部下・後輩をお持ちの方
・ハラスメントの基礎知識を学びつつ、部下とのコミュニケーションの取り方も学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ハラスメントを起こさないためのコミュニケーションのポイントを学びたい
  • 部下と良好な関係を保つことで、ハラスメントを防止したい
  • つい、部下に対して強い口調で叱ったり、注意をしてしまうことがある

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、パワーハラスメントとセクシュアルハラスメント(セクハラ)の基礎知識を習得したうえで、アドラー心理学を活用して部下とどのようにコミュニケーションをとればよいのかを学びます。

ハラスメントを予防するためには、部下との関係性を良好に保ち、コミュニケーションの取り方を工夫する必要があります。受講者自身と部下との関係性を改めて振り返っていただき、上司が部下の上に立つ縦の関係から”横の関係”になることの有効性について理解していただきます。また、アドラー心理学の重要な概念の一つである「勇気づけ」を実践するためのポイントをお伝えします。

到達目標goal

  • ①ハラスメント(パワハラ・セクハラ)の概要について理解する
  • ②どのような発言・行動がハラスメントにつながるか理解する
  • ③アドラー心理学における勇気づけを実践できるようになる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.アドラー心理学を活用し、ハラスメントを予防する
    (1)ハラスメントの原因となるコミュニケーションの取り方
    (2)アドラー心理学における勇気づけを実践し、ハラスメントを予防する
    (3)アドラー心理学をハラスメント予防に活用するためのポイント
     ①どのような行為がハラスメントに該当するのか理解する
     ②ハラスメントを予防するためのコミュニケーションの取り方を理解する
講義
ワーク
  • 2.パワーハラスメントとは
    (1)パワーハラスメント(パワハラ)とは
    (2)パワーハラスメント防止対策の強化
    (3)職場におけるパワハラの3要素
    (4)6つのパワハラタイプ
    (5)パワハラの原因
    (6)パワハラの段階別行動
    (7)パワハラグレーゾーン
    (8)パワハラか正当な指導か
    (9)自身がパワハラを起こさないために
    (10)パワハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 3.セクシュアルハラスメントとは
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)セクハラ防止対策の強化
    (3)2つのセクハラタイプ
    (4)セクハラの原因
    (5)セクハラの判断基準
    (6)セクハラグレーゾーン
    (7)セクハラを防ぐために
    (8)セクハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 4.上司と部下との関係を考える ~上下ではなく横の関係に
    (1)部下との関係性を振り返る
    【ワーク】キーワードをもとに、部下が自分に抱いている認識や感情を考える
    キーワード例:怖い・優しい・介入・怒る・叱る・ほめる・注意・ダメ出し・放置・指示・質問・手本・自由・支援・相談・感謝
    (2)部下との関係性を"横の関係"で捉える
    (3)共感的態度で相手の話を聴く
講義
ワーク
  • 5.部下を勇気づけるコミュニケーション
    (1)ほめず、叱らず、勇気づけをする
    (2)原因論ではなく、目的論で考えさせる質問
    【ワーク】「なぜ、できなかったのか?」と原因追究しがちなケースを用いて、どのように質問すればよいか、考える
    (3)Iメッセージを活用し、横からの目線で勇気づける
    (4)ダメ出しは勇気くじきのもと ~よい行動に着目する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

7536

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2022年5月     90名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.6%
講師:大変良かった・良かった
81.1%
参加者の声
  • よく見て、よく聴いてコミュニケーションをとっていくことがとても重要だと改めて思いました。自分の言動に責任を持ち業務に取り組みます。
  • 言葉の選び方や、同じ内容を再度伝えるときの言い換え方に共感できるところが多く、参考になりました。相手を尊重した言葉選びをしようと思います。
  • 自分のコミュニケーションのクセがよく分かりました。どのように相手に伝えたらよいのか、物事を肯定的に伝えるよう練習します。

実施、実施対象
2021年2月     26名
業種
マスコミ・広告・印刷
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
96.2%
参加者の声
  • いかに自分が「昔の世代」になっているのかを実感しました。自分自身でハラスメント防止に気をつけつつ、周りにも注意していきます。
  • 相手の受け取り方も考えて慎重にコミュニケーションを取るよう気をつけます。ちゃんづけで呼ぶこともハラスメントになると分かり、勉強になりました。
  • セクハラやパワハラの有無で会社の雰囲気も変わり、ひいては業績悪化につながるとの講師の話は本当にその通りだと感じた。

開発者コメントcomment

「ハラスメントにつながってしまうようなコミュニケーションをとっている人がいるため、改善してもらいたい」「ハラスメント防止に関して、新たな視点から学んでほしい」との要望を受け、開発しました。アドラー心理学を活用することで、横の関係から部下を勇気づけるようなコミュニケーションをとることができます。ハラスメントを予防するコミュニケーションの取り方を学びたい管理職の方におすすめの研修です。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ハラスメント防止研修の評価
年間総受講者数
33,014
内容をよく理解・理解
94.5
講師がとても良い・良い
90.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!