loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

リレーショナルデータベース開発の極意~分析・設計、そして保守(1日間)

リレーショナルデータベース開発の極意~分析・設計、そして保守(1日間)

リレーショナルDBをデータ整合性を保持、性能を維持しながら開発・保守するために必要なポイントを学ぶ

研修No.B DBS620-0000-4586

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・アプリケーション開発者、SEの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • リレーショナルDB開発の取っ掛かりを学びたい方
  • リレーショナルDBの見直しを行いたい方

研修内容・特徴outline・feature

リレーショナルDB開発・保守を行う際に重要なドキュメントには、ERDやCRUD図が挙げられます。本研修ではそれらのドキュメントの作成プロセスを中心に、データ整合を図り、性能向上に向けた実装手段について解説します。

到達目標goal

  • ①リレーショナルDBの分析、設計の進め方を説明できる
  • ➁リレーショナルDBの保守の進め方を説明できる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.はじめに
    (1)今、よく現場で起こっていること
    (2)「データ中心アプローチ」とは
講義
  • 2.リレーショナルデータベース(RDB)の歴史
講義
  • 3.RDB開発局面
    (1)分析:データの捕捉と整理
    【ワーク】 ERDの作成
    (2)分析:データライフサイクル/データアクセス処理の整理
    (3)設計:データアクセス手段の設計
講義
ワーク
  • 4.RDB保守局面
    (1)画面や帳票の追加
    (2)改めて全体を見直す場合
講義
  • 5.おわりに
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

基幹業務システムの中核にリレーショナルDB(RDB)があります。 昨今、新規に基幹業務システム開発を行う機会は減ってきていますが、一方で既存のRDBに対して、画面や帳票の追加などを行う作業が増えてきています。
その際、開発作業を急ぐ余り、現在保持されているデータの調査を怠って、新規にかつ安易に表を追加したりすると、全体の整合が取れなくなりトランザクションによって同じ値であるべき項目が異なった値を持ってしまう事態を起こすこともあります。また、同様に安易にViewを追加してしまうことで思わぬところで更新が走り、全体の性能を悪化させる可能性もあります。このような事態を防ぐために留意すべき点を、ポイントを絞って解説します。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

IT研修(情報技術研修)
年間総受講者数
5,136
内容をよく理解・理解
83.0
講師がとても良い・良い
85.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!