ラインケア研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ラインケア研修

ラインケア研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

メンタルの不調は早期発見・早期対応が欠かせません。

「ラインケア」とは、職場のライン上にいる事業管理者(部長・課長等の各部署の管理職も含む)が、部下の“心の健康”をケアするために、相談対応や職場の環境改善などに取り組むことを言います。職場のメンタルヘルス対策において、日常的に部下の様子を把握している上司が察知することで、まだ症状が軽いうちに改善することが可能となります。その点で「ラインケア」は重要とされているのです。

ラインケア研修のポイント

部下のちょっとした変化を見逃さず、ストレスに気づくためのポイントがわかる

『部下の性格・傾向を把握・整理』『部下の業務量・仕事の進み具合を把握』しておくことで、いつもと違う部下の様子に早く気がつけるベースづくりをしていただきます。また演習を通じて、ご自身の日頃の対応を振り返っていただきます。

管理職としてどのような職場づくりが必要かが学べる

「職場では意識して“ポジティブな言葉”を使う」「上司として部下に関わるときは、まず問題の解決をすぐ図るよりも、部下がため込んでいる感情を吐き出せるよう、傾聴してあげること」、「未然に防ぐ方法として、『日常のコミュニケーションの取り方』、事後対策として『職場復帰の支援』」など、具体的な取り組み方をお伝えします。

自分で考え振り返る、ワーク中心の研修

どのパートも、各自で考え、振り返っていいただくワーク中心の研修です。グループでの話し合いを通じて、自分の考え方にとらわれず、様々な受け止め方を実感していただきます。メンタルヘルスで重要なことは、自分の考え方だけで一方的に接してしまわない、という点にあるからです。

ラインケア研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのラインケア研修の特徴は何ですか?

現場で実際にメンタルヘルスケアの経験を積んだ講師による講義で、真実味、説得力のある研修を展開します。通常の研修との大きな違いとして、メンタルヘルス研修(特にラインケア)では、グループディスカッション中も、「言えないことは答えなくても可」としています。さまざまな理由で「答えられない」理由があることを認めるということの重要性を理解していただきます。また、管理職としてメンタルヘルスに取り組むうえで悩ましい問題である、部下の休職の対応や、職場復帰支援等のケースの事例研究もとりあげ、より実践的な取り組み方を学んでいただきます。

研修はどんな雰囲気ですか?

隣席者との意見共有では、自らの悩みを開示し、アドバイスを求める方、職場の課題について意見交換される方など、様々な活用法があり、有意義な時間を提供いたしております。メンタルヘルスに対する意識の底上げや、管理職のマネジメント力の向上が、この問題には必須となるため、本研修を通して、業務改善を含め、より一層の環境構築が期待できます。

具体的にどんなスキルが身につきますか?

部下の“心の健康づくり”のために必要な活動のポイントとして、コミュニケーションの取り方や、ストレス、心の健康に対する知識と、ストレスチェック、メンタルサポートの仕方などがあります。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ラインケア研修のおすすめ動画教材・eラーニング

ラインケア研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!