セルフケア研修 自分のストレスに気づき、適切に対処するには | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

セルフケア研修

セルフケア研修

いきいきと働き続けるために自分のいたわり方を学ぶ

研修の特徴・目的

ストレスフルな現代を健全なメンタルで生き抜くためのビジネススキル

まずは自分でストレスに気づき、対処する

セルフケア(self care)とは、自分自身をケアすること、つまり、自分で自分のことを気にかけて、守ることを意味します。健康を維持しながらいきいきと働き続けるためには、風邪や怪我の予防といった体調管理だけでなく、メンタル管理が欠かせません。心の健康づくりは、まずは自分自身がストレスに気づき、これに対処することがカギとなります。

ストレスへの正しい理解と対処法のバリエーションを増やす

インソースのセルフケア研修は、最初にストレスに関する正しい知識を得て理解を深め、次に自身のストレス要因と反応を自覚し、最後にストレスへの適切な対処法(ストレス・コーピング)を考えるというステップでマネジメントスキルを身につけます。 研修にはグループワークを多く取り入れ、例えばストレスの対処法を共有するワークでは、ストレス・コーピングの引き出しを増やすだけでなく、他のメンバーと話すこと自体がストレス解消になります。

ストレスを一人で抱え込まない職場環境づくりとしてのコミュニケーション活性化支援や、ストレスチェック支援サービスなども展開しております。職場のメンバー一人ひとりが心の健康づくりを自分事として捉え取り組むために、セルフケアに関するお悩み事はインソースにご一任ください。

セルフケア研修のポイント

ストレスの要因やストレス反応が発生するまでのメカニズムを理解する

まずは自分自身の現状のストレスマネジメントを振り返ります。改めて「どんな時にストレスを感じるのか」「どうやってストレスを解消しているのか」を見つめ直し、そのうえでストレス対処の基本の考え方を学びます。

他者と共有しストレスと向き合う

受講者同士で意見交換し、悩みを共有することで、自身のストレスと客観的に向き合う機会を設けます。悩んでいるのは自分だけではないこと、また同じ出来事でも人によってストレスの感じ方が異なることに気づくでしょう。

ストレスへの自分なりの対処(セルフケア)を考える

一般的に、人のストレスへの対処はワンパターンになりがちだと言われます。受講者同士の意見交換を含め、様々な対処法を知ることで、状況に応じた解決策を講じることができるようになります。 ストレッチや睡眠など身体を休める手法や、事象を肯定的に捉えるポジティブ思考へ切り替え方、失敗した時の気持ちの立て直し方など、知っておくだけで心を軽やかに保つコツをお伝えします。ストレスの解消法は、自分で実践するだけでなく、他者から支援を得る方法もあります。一人で抱え込まず、周囲と協力しながらストレスに対処していく方法もお伝えいたします。

「今」を捉えたインソースの研修

インソースでは、時代の変化に寄り添い新たなニーズに応えるため、毎月新作研修を開発しております。外部環境の変化に対応すべく今必要なスキル、最近耳にする新しい分野など多数ご用意しておりますので、その中で本テーマにおける新作研修をご紹介します。

メンタルヘルス研修~自身のストレスとうまく付き合う編(半日間)

研修開発者の思い・こだわり

ストレスの対処方法は、身体を動かす、気分転換をするなど様々なものが考えられます。
インソースでは、仕事におけるストレスへの対処法は以下の2つに大別できると考えています。

①負担を感じている自分自身の体や心にアプローチする(身体を動かす、考え方を変えるなど)
②ストレスの要因となっている物事にアプローチする(仕事の悩みを周囲に相談し、解決するなど)

本研修では、自身のストレスについて現状を把握し、ストレスに対する上記2つの対処方法を学びます。

セルフケア研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

セルフケア研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

セルフケア研修 ワークショップ

セルフケア研修 動画教材・eラーニング

セルフケア研修 おすすめサービス

セルフケア研修 Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

セルフケア研修 読み物・コラム

研修のプロがお答えセルフケア研修 全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


        

研修のプロがお答えセルフケア研修 全力Q&A

お客さまから「セルフケア研修」に多く寄せられるご質問を掲載しております。

当社の現状に合うよう、カリキュラム内容は変更可能ですか?

可能です。

研修実施にあたっては、例えば、一般職向けのメンタルヘルス研修であれば、メンタルヘルスの基本的知識、自分にとってのストレスを認識する、ストレスへの対処法を学ぶ、一人で抱え込まないための他者とのコミュニケーションについて学ぶ構成ですが、その中でどの部分を重点的に扱うか、ご要望に合わせて時間配分をカスタマイズできます。

自社の状況を踏まえたケーススタディ・ワークは作れますか?

承っております。

実際に貴組織でのケースでお考えいただくことで、受講者さまの取り組み姿勢がより真剣なものになります。例えば、「新人で仕事に慣れず、メンタルヘルス不調になった部下からの相談」などの状況を想定し、話し役と聞き役に分かれて行うロールプレイングなど、組織の状況に合わせたケースにカスタマイズできます。メンタルヘルスは非常にセンシティブな問題ですので、ご要望があれば、ちょっとしたニュアンスや言い回しなど、お客さまにご確認いただきながら作りこんでまいります。

講師派遣と公開講座の違いは何ですか? 本研修の受講にはどちらがおすすめですか?

講師派遣は”お客様のご要望や課題を伺ったうえで内容を組み立てて実施する、オーダーメイド型の研修”で、公開講座は”他社の受講者さまとの異業種交流をかねてご受講いただくオープンセミナー型の研修”です。セルフケアであれば講師派遣型、公開講座型とも大きく研修の効果に差はございませんので、ご予算や日程など、受講のしやすさを基準にお選びいただければと思います。

最新作・ニュース

新卒採用募集中

閉じる