loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

部下モチベーション向上研修~アドラー心理学を活用し、部下を勇気づける

部下モチベーション向上研修~アドラー心理学を活用し、部下を勇気づける

アドラー心理学を活用し、部下の自律的なモチベーション向上を実現させる

研修No.2600401

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・部下のモチベーションを向上させたい上司の方
・部下から相談しやすくなるような関係性を築きたい上司の方
・部下との関係性にお悩みのある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 部下のモチベーション低下、メンタル不調が課題となっている
  • 部下が失敗を恐れずに挑戦できるように行動を促したい
  • 部下に自分で考え、行動してもらいたい
  • つい上司自身の考えを押し付けて、コミュニケーションをとってしまうことがある

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、アドラー心理学を活用して部下のモチベーションを向上させ、勇気づけるためのコミュニケーションのポイントを学びます。研修では、受講者自身と部下との関係性を改めて振り返っていただき、上司が部下の上に立つ縦の関係から”横の関係”になることの有効性について理解していただきます。

また、部下の課題に介入しすぎず、いかに部下の自律的な行動を促していくのかを学びます。研修の最後には、部下を勇気づけるためのトレーニングを行うことで、学んだスキルを現場でも実践できるようになることを目指します。

到達目標goal

  • ①部下を勇気づけるには、縦の関係ではなく横の関係を築くことが有効であることを理解する
  • ②部下のモチベーション向上を上司が妨げないようにするための振る舞い方を知る
  • ③横から目線で部下を勇気づけるためのコミュニケーションの取り方を習得する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.アドラー心理学で部下を勇気づける~自律的なモチベーション向上を実現するために
    【ワーク】自分が新人だった時にモチベーションが向上した場面・低下した場面を振り返る
    (1)アドラー心理学における「勇気づけ」とは~横の関係で部下を援助し、行動できるよう促す
    (2)勇気づけが求められる背景・理由
    (3)部下を勇気づけるために必要なこと
    ①上司と部下との関係性を考える
    ②横の関係で課題を分離し、介入しすぎない
    ③部下を勇気づけるコミュニケーション
講義
ワーク
  • 2.上司と部下との関係を考える~縦ではなく横の関係に
    (1)部下との関係性を振り返る
    【ワーク】提示されたキーワードをもとに、部下が自分に抱いている認識や感情を考える
    (2)部下との関係性を"横の関係"で捉える
    (3)共感的態度で相手の話を聴く
講義
ワーク
  • 3.横の関係で課題を分離し、介入しすぎない
    (1)"介入しすぎ"は部下の成長を妨げる~課題の分離
    (2)上から教えるのではなく、経験から学ばせる
    (3)貢献感があることで、自分の価値を実感できる
    (4)感謝の言葉が貢献感を生み出す
    【ワーク】自分の部下を一人挙げ、その部下が貢献感を感じる仕事を考える
講義
ワーク
  • 4.部下を勇気づけるコミュニケーション~自分で困難を克服する力を与える
    (1)ほめず、叱らず、勇気づけをする
    (2)原因論ではなく、目的論で考えさせる質問
    【ワーク】部下の報告に、原因論と目的論を用いて質問する
    (3)Ⅰメッセージを活用し、横からの目線で勇気づける
    (4)ダメ出しは勇気くじきのもと~よい行動に着目する
    【ワーク】「部下のよい行動」を思いつく限り洗い出す
講義
ワーク
  • 5.勇気づけ実践トレーニング
    ケース①タスク管理がうまくできず締め切りに間に合わないことが多い部下を勇気づける
    ケース②担当業務に達成感や成長実感を得られないと不満を抱える部下を勇気づける
ワーク

6957

企画者コメントcomment

リモートワーク下で働く部下が増え、直接コミュニケーションをとれない場面も増えてきています。そのような背景もあり、部下が自分の力で困難を乗り越え、自律的にモチベーションを向上できるようになることが部下の成長の鍵を握っています。本研修ではアドラー心理学の重要な概念の一つである”勇気づけ”を部下とのコミュニケーションで実践するためのポイントをお伝えします。部下のモチベーションを向上させたい方、部下との関係性に悩んでいる方におすすめの研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2021年9月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • まずスタッフに関心を持つことが大事だと思いました。コミュニケーションをとるうえで、自分目線ではなく横目線で話すこと、部下の出来ている点に目を向けることを意識します。
  • 共感と目的を明確にする事で、お互いにとっての共通事項を見つけていこうと感じました。共感的態度・関心・Iメッセージを意識します。
  • 初心を振りかえる良い機会になりました。相手を信頼し介入しすぎない、でも関心は持つということを実践していきます。
  • 部下への接し方、横の関係を意識しコミュニケーションをとります。理論や知識だけでなく、日ごろから共感する態度や目的を意識する考え方を取り入れます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修