loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

コーポレートガバナンス研修~成長企業向け

コーポレートガバナンス研修~成長企業向け

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

「攻め」のコーポレートガバナンスで企業の成長を勝ち取る

コーポレートガバナンスとは、会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを意味しており、主に外部に対する「攻め」をアピールする要素が大きい制度であるといわれています。

日本企業は稼ぐ力が弱い、経営トップの不祥事が起きやすいなどと言われがちな風潮の中、最近、コーポレートガバナンスに対する関心が高まっています。この流れの中で、特に成長企業の経営幹部は、社会から期待されるコーポレートガバナンスが何かを理解する必要があります。

インソースの「コーポレートガバナンス研修」は、今後、経営陣に必須のものとして求められるコーポレートガバナンスを、内部統制とともに、体系的に一気に習得することが目的です。


コーポレートガバナンス研修のポイント

企業が、その説明責任を果たすべく、経営の透明性を確保し、迅速かつ適切な情報開示を実施していくことは非常に重要です。また、収益を拡大し企業価値を高めるために、スピーディな意思決定と業務執行を行う経営体制を整えると同時に、社会と調和した健全な倫理観にもとづく企業活動を行うために、経営監視体制の充実を図ることも不可欠です。本研修のねらいは、そこに結実します。

コーポレートガバナンスは内部統制と何が違うかを理解

ともすれば、コーポレートガバナンスと内部統制はほぼ同じものという誤解があります。そこで、内部統制とコーポレートガバナンスを対比してその関係・違いを理解していただきます。

会社法の機関設計まで遡り、コーポレートガバナンスを理解する

コーポレートガバナンスを真に理解するには、会社法の原理・原則まで遡るのが回り道に見えて近道です。社外取締役や執行役員といった役職の意味も会社法との関係でみると理解が早いです。

コーポレートガバナンス・コードの概要・ポイントを押さえる

コーポレートガバナンスの実務の到達点がコーポレートガバナンス・コードです。実は、コーポレートガバナンス・コードは、経営をコントロールする道具として、不祥事防止の守りの面だけでなく、攻めの面があり、企業の稼ぐ力を向上させる攻めの目的で導入された点を確認していただきます。


コーポレートガバナンス研修ご検討のお客様からのご質問 ~内容・実施方法など

受講して効果があるのは、どのような職種の人ですか?

A.第一に、新任役員に会社法の機関を理解していただくのに有効です。
第二に、上場に挑戦しようとしている成長企業の経営幹部です。上場時のコーポレートガバナンスが何かを実践的に理解しやすいと考えています。
第三に、内部統制についての復習をしたい人向けにも有用です。内部統制システムを違った角度から確認することになるからです。

コーポレートガバナンスに限らず、内部統制についても学べる研修はありますか?

A.ご用意しております。
内部統制とは、基本的に、「業務の有効性及び効率性」「財務報告の信頼性」「事業活動に関わる法令等の遵守」並びに「資産の保全」の4つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスをいい、「統制環境」「リスクの評価と対応」「統制活動」「情報と伝達」「モニタリング(監視活動)」及び「IT(情報技術)への対応」の6つの基本的要素から構成され、いわば「守り」の要素が大きい制度であるといわれています。
弊社では内部統制に関するものとして下記のような研修がございます。
◆内部統制研修まとめページ
◆役員・上級管理職研修 ~経営層の視点・取締役の責務編(3時間)
◆役員・部長級研修~会社が役員・部長級管理職に求める視点(半日間)
◆内部統制早わかり [DVD]

本研修のカスタマイズはできますか?

A.カスタマイズ可能です。お客さまの意向をお聞きしたうえで、関心事項に焦点をあてるなど多様なプログラムに変更できます。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

コーポレートガバナンス研修~成長企業向けのご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!