loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

内部統制研修

内部統制研修

内部統制の概要や部長・役員としての役割認識を理解し、リスクの軽減や情報技術への対応を図り、組織力を強化

研修No.1400400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 部長・経営層

・新任の部長、役員の方
・改めて内部統制の基礎を再確認したい部長、役員の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 体制の不備で不祥事などのリスクが組織内で発生することが不安な部長、役員の方
  • リスクマネジメントや内部統制についてあまり理解できていない
  • 部長や役員として、リスクマネジメント・内部統制においてやるべきことがわからない
  • リスクマネジメント、内部統制についての自社内での改善点や強化のポイントを把握していない

研修内容・特徴outline・feature

危機の際には改めて自社の内部統制を見つめ直し、リスクマネジメントの課題の解決が必要となります。本研修は、内部統制の概要や管理者としての役割認識、リスクマネジメントなどを学んでいただく研修です。内部統制の基本的な知識や考え方を身につけていただきます。

到達目標goal

  • ①組織内でリスクが発生した時に対応できる組織体制(内部統制)について理解できる
  • ②内部統制上、部長や役員に求められる役割を理解できる
  • ③部長や役員が行うべきリスクマネジメントを習得できる(環境の変化による組織的な対応)
  • ④今後、組織内で行うべき内部統制強化の実行プランを整理できるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.内部統制とは何か?
    【ワーク】内部統制について、その意義や具体的な内容について考える
    (1)内部統制とは
    (2)なぜ内部統制が求められるのか
    (3)内部統制のフレームワーク
    (4)内部統制における4つの目的
     ①業務の有効性及び効率性 ②財務報告の信頼性
     ③事業活動に関わる法令等の遵守(コンプライアンス)
     ④資産の保全
    (5)内部統制の6つの基本的要素
     ①統制環境 ②リスクの評価と対応 ③統制活動
     ④情報と伝達 ⑤モニタリング(監視活動) ⑥IT(情報技術)への対応
    (6)内部統制の開示
講義
ワーク
  • 2.管理者としての役割認識
    (1)経営者として共同体倫理を考える
    【ワーク】なぜ社員は自己犠牲を払うのか、どのような価値観からきているのかを考える
    (2)管理者としての内部統制上の役割を考える
    (3)組織の全体最適のための内部統制
    【ワーク】全体最適の点で、部長に求められる内部統制の役割を考える
    (4)ルールの策定と浸透
    【ワーク】守れないルールの理由を考える
講義
ワーク
  • 3.内部統制の主軸となるリスクマネジメント
    (1)業績に影響する社内外のリスク・環境変化把握
    【ワーク】部長としての環境認識(環境変化)を考える
    (2)部長として意識すべき組織のリスクと対策
    (3)リスクマネジメントにおけるコミュニケーション
講義
ワーク
  • 4.リスクマネジメント・ケーススタディ ~労務管理
    【ケーススタディ】「残業の日常化」の放置・黙認がリスクになる事例
    ※事例をもとに、上司はどのように行動すればよかったかを洗い出す
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】管理職として、内部統制を機能させるために何を実施するかを整理する
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修