クレーム対応研修 ~ハードクレーム対応力向上編(2日間)

クレーム対応研修 ~ハードクレーム対応力向上編(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B CLM500-0300-2009

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層

基本対応の改善だけでは解決が困難なクレームに対応できるようになりたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、クレーム対応の基本スキルを再確認したうえ、ハードクレームの対処法を身につけていただく研修です。

まず、ロールプレイングや受講者同士のノウハウの共有を通じて、基本的なスキルを再確認します。その上で、ハードクレームのケース別対応方法を学び、実際のハードクレーム事例への対策を考えていきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:1日目/2日間)
内容 手法
  • 体験や課題を共有する
    (1)よくあるクレームの事例
    (2)クレームへの(組織)対応を行うために実施している施策や工夫
ワーク
  • クレームとは
    (1)近年のクレームの傾向
    (2)クレームの種類~3種類が存在
    (3)クレーム対応が上手にできない理由
    (4)クレーム対応には手順が存在する
講義
  • クレーム対応ロールプレイング【1題】
ロールプレイ
  • クレーム対応手順の確認
    (1)基本手順1:当事者である意識を強くもつ
    (2)基本手順2:お客さまの心情を理解し、そのことを行動で示す
    (3)基本手順3:解決すべき問題・ご要望の確認を行う
    (4)基本手順4:問題の代替案・解決策を冷静に提示する
講義
  • クレーム対応ロールプレイ【1題】
     手順の確認を踏まえて最後ロールプレイを実施。基本スキルの一層の定着を図る
ロールプレイ
  • 更なるクレーム対応スキルブラッシュアップを目指して
    (1)ベテランの対応者はなぜクレーム対応がうまいのか?
    (2)相手の立場でシナリオ(何に困っているのか?)を想定する
     ①現象(相手が主張している事項)と真の原因(相手が困っている事項)は違う
     ②多面的な視点から多様なシナリオを考える
     ③多様な過程に優先順位をつけて質問をする
    (3)ケーススタディ
     ①少し考えただけではお客さまが本当は何に困っているのか(怒っているのか)
     分からないケースを想定し、お客さまのお困りシナリオを考える
     ②ロールプレイングで実際に質問をし、お客さまのお困りごとをヒアリングする
講義
ワーク
ロールプレイ
  • 1日目のまとめ
講義

研修プログラム例(所要時間:2日目/2日間)
内容 手法
  • 1日目振り返り
講義
  • ハードなクレームへの対応方法
    (1)当方に非がある場合
    (2)当方に非がない場合
    (3)とにかく激怒している場合
  • 警察への連絡を要する場合
講義
  • ハードクレーム対応ロールプレイング
    (1)ハードクレーム事例をベースに、
     ①対応方針 ②留意点 を個人で検討し、グループ、クラスで共有する
演習
  • 改善策検討
    (1)クレーム事例の分類
    (2)改善策検討
    (3)組織で行う「クレーム対応対策会議」に向けて、やるべきことを明確化する
講義
ワーク
  • 組織としていかに「クレーム」に対処するか
    (1)クレーム対応は組織対応~組織の基本
    (2)組織的なクレーム対応体制をつくる
講義
  • クレームに強い職場作りのために(クレーム対策会議の開催)
    (1)クレーム対策会議の開催
     ~月1回、1時間のクレーム共有会議
    (2)普段の風通しを良くする
     ~「歩き回り・声かけ」マネジメント
    (3)職場改善アクションプラン作り
     ~各自で作成し、グループ内で共有
     ~問題点の洗い出し・共有と具体的解決策
    (4)「どのようなねらいで、何を行うか」を発表
講義
ワーク
  • まとめ・終了
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     9名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の話を共感しながら聴くことはクレーム以外の場面でも活用できると思いました。
  • まずは相手の心情を理解する事が大切だと感じました。感情で対応しないように気をつけたいです。
  • 人との関わり方について考える事が多く、参考になった。

実施、実施対象
2017年 7月     50名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.0%
参加者の声
  • 「謝り方研修会」だと思って(前に研修を受けた上司が謝り方のみだったと言っていたため)参加しましたが、期待を上回る内容でした。
  • クレームに対しての基本的な考え方、対応法について知ることができ、大変勉強になりました。
  • 重要な部分、大切な部分をはっきりとお話していただいたので、何に注意すべきか明確でわかりやすかったです。

実施、実施対象
2016年 11月     18名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • マナー、コミュニケーションを大切に、ストレスとうまく付き合いながら業務を進めていきたいと思います。
  • コミュニケーションがベースという事を心掛け、組織力を上げる為に頑張りたいと思います。
  • 話しの流れが良く、例題もとても分かりやすかった。現場でのクレーム対応に活かしていきたい。
  • とても内容が生活に密着していると思った。私にとって今から役立てられると思ったし、学校の先生達もこういう研修をしてほしい。
  • 仕事のみならず、あらゆる集団活動ですぐ活かしていきます。2日間楽しく受講させていただきました。もっといろいろなことを学びたいと思わされた今回の研修でした。機会があればまた参加したいです。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

クレーム対応研修
年間総受講者数
12,917
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
92.5

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

クレーム対応の基本がしっかり身につく本

Gambatteクレーム対応

Gambatte接客サービス/CS向上

最短1週間で研修を実施できます

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!