loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ビジネス活用のためのAI(人工知能)研修(1日間)

ビジネス活用のためのAI(人工知能)研修(1日間)

現代に必要な、AIに関する知識を学び、現場で活用するためのヒント・アイデアを見つける

研修No.B AIM696-0000-3404

対象者

  • 全階層

・AI(人工知能)について知りたい方
・AI(人工知能)を職場で使いたいが、どのように進めれば良いかわからない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 実際に活用されているAIの原理や、自社で始められる簡単なことを学びたい
  • AI(人工知能)導入に関して、社内のほとんどの人が自分ごとに思っていない
  • AIに関するハードルを下げ、社内でこれらの会話を増やしていくところから始めたい

研修内容・特徴outline・feature

近年、AI(人工知能)、IoT、機械学習、ビッグデータという言葉をよく耳にします。これらの分野に対して、「よくわからない」、「自社にはまだ関係がない」、「導入のハードルが高い」、「コストがかかりすぎる」などのイメージから、職場での活用方法を検討するまでに至らない、導入に踏み切れないといった企業さまも多いようです。

本研修では、AIに関する周辺知識を学んでいただくとともに、簡易で廉価なAIツールについて知り、現場に導入するためには何から始めれば良いかを考えていただきます。他社の活用事例を知り、AI導入のヒントを得たうえで、現在の職場で活用する計画の策定を演習で行いますので、持ち帰った成果物をそのまま役立てていただけます。

研修のゴールgoal

  • ①AI技術の事例や歴史を学び、難しい話ではないと理解する
  • ②最新のAI技術についても、いくつかの技術の分解で理解することができる
  • ③AIの導入にあたって、コストと成果を鑑みて、自社への導入を検討することができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.AIの活用事例
    (1)AI(人工知能)について
    【ワーク】身の回りのAIについて挙げてみる
    (2)AIの活用事例の整理と紹介
講義
ワーク
  • 2.AIの基本知識
    (1)AIの歴史・背景
    【ワーク】AIを用いた自動販売機を考える
    (2)AIの現状と今後
    【ワーク】AIの導入に伴い増える業務について考える
    【参考】AIの普及による働き方・生活への影響
講義
ワーク
  • 3.AIの仕組み
    (1)AIで使われるデータ
    (2)AIの基盤技術
    (3)AIの応用技術
    【ワーク】アルコール飲料と一緒に売れるおつまみを開発する為に必要なデータを考える
    【ワーク】宿泊業における需要予測に必要なデータを考える
講義
ワーク
  • 4.AI導入について
    (1)AI導入のステップ
    (2)AI導入のポイント
講義
  • 5.AIの費用と成果
    (1)AIの費用と成果
    (2)AIの導入にかかるコスト
    (3)精度を上げるためのコスト
    (4)AIで開発するツール
    (5)ツールの比較
    (6)AIでやりたいことを検討する
    【ワーク①】職場で導入してみたいAIを挙げてみる
    【ワーク②】①で考えたAIを導入する上で検討すべき項目について考える
講義
ワーク
  • 6.職場でAIを活用するには
    (1)職場で始めやすいAIとは
    (2)AIを現場で使うための準備
    (3)AI導入時にあると良い知識
    (4)現在の職場でAIを活用する計画の策定
    【ワーク】学んだことを踏まえ、職場でAIを活用する計画を策定する
    【参考】発想の出し方
講義
ワーク

4998

1195357

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2020年3月     8名
業種
労働組合
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • とてもわかりやすく、AIの全体像をつかめました。まずは社内業務の精査を行い、AI・RPAツールを参考にしながら、活用の目的をはっきりとさせていきたいです。
  • 研修で得た仕組みやツールの知識を、踏み込んで研究する。相談対応など、適用可能な業務から一つずつ実現したい。
  • 現在の自社の業務を見直すきっかけになった。今後は、AIに関する知識を指導業務に活かしていきたい。

実施、実施対象
2019年12月     33名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
93.9%
参加者の声
  • 漠然としたAI技術について、その歴史変遷と現状を知ることで、今後の可能性を感じることができました。AIに頼るだけでなく、仕組みとして置き換えることで解決できないかを考える良いきっかけになりました。
  • AIでできることや、どのようにプログラミングするのかなど、ワークをとおして楽しく学習できた。
  • AIに対して、より興味をもつことができ、また出来ることの想像が膨らみ面白かった。RPAを行っているため、導入に向けて役立てたい。

実施、実施対象
2019年5月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.5%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • RPA等、決まった条件をツール化して使用しているように、資料の一括管理や入力などに利用すると効率化できるのでは、と思いました。
  • ただAIについて学ぶだけではなく、会社の数字、経済を学ぶことで、AIは日本経済を活性化していくための手段である、という意識が持てました。
  • AIという言葉を耳にする機会は増えても、詳細は知らないといった状態から基礎知識を学べました。本日の研修内容を元に、今後の業務で「ここはAIで効率化できる」といった視点を持ちたいです。

実施、実施対象
2019年4月     54名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.5%
講師:大変良かった・良かった
85.2%
参加者の声
  • 基礎的な知識ではあるが、今後必要とされる分野なので、深く学んでいきたいと思う。
  • 今後システムに導入していくことがあれば、活用法というより、その注意点を意識していきたいです。
  • 現在のAIの技術を今一度理解し、どのような環境に使えるかをしっかり判断できるようにしていく。

実施、実施対象
2018年5月     25名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
96%
参加者の声
  • 研修内容を復習し、普段の業務の中にAIを活用できる可能性を見つける努力、また実現へ意識を向けていけるよう考えていきます。
  • 「AIとは」から活用例まで簡潔にまとまっていたと感じました。効率化を重視した業務に視野を入れていきたいです。
  • AIで現在の技術ではどういったことができるのかのイメージが認識でき、大変勉強になりました。

開発者コメントcomment

AI・人工知能という言葉は社会に溢れており、大きな成果がでている話も聞きますが、実際に社内で導入している企業の数を見てみると大きな隔たりがあります。 そこには、AI・人工知能に対する知識の格差が生まれており、この格差を埋めるための研修が必要であると考え、開発しました。

本研修では、AIを導入する為のステップに沿って、AIに関する用語、理論、実際にAIを使用する為のツールについて学びます。また、講義の間には、AIを用いた自動販売機の考案や実際に自社で活用するAIを考えるグループワークを行うことで、AIを活用する際の考え方を養います。

AI、人工知能とはよく耳にするものの、どういうものなのかわからない、AIで何かを始めたいけれど、何をできるのか、どうやったらできるのかわからない方々にぜひご参加頂きたい研修です。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる