証券業界向け研修

証券業界向け研修

研修の目的・特徴

顧客のハイレベルな要求に応える

顧客は上場企業や優良企業、富裕層が中心であるため、営業担当には、営業力に加えて高い教養と幅広い知識が求められます。社内での教育体制はしっかりと構築されているものの、若手をベテランにまで育てるには、柔軟な視点で情報を収集する姿勢が必要です。ほかに、コールセンター部門もお客さまとの接点として重要な役割を担っており、クレーム対応を始めとした上級者向けの顧客対応力が必要とされています。

求められるグローバル性

日本の人口減少により、海外へ目を向けた戦略が求められています。外資系の証券会社の動向にも目を光らせられるグローバルな人材の育成が必要になります。

変化に対応できる人材育成

手数料が安いラップ口座(投資一任口座)の台頭により、従来の富裕層を対象とした手数料の高い証券取引に変化が見られます。また、「投資よりも預金」という考え方が主流の日本人の中でも、若手サラリーマンや大学生に仮想通貨やFXが流行するなど、投資に対する感覚が変わってきています。業界全体の動きに敏感に対応し、さらなるイノベーションを起こせる人材が求められます。

この業界で実施されている研修ランキング

※過去3年間の実施数を元にしております

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

証券業界向け研修のご提供コンテンツ

【階層別おすすめ研修① 役員・管理職向け】

証券業界で取り扱う金融商品は、政治・経済状況など複雑な要因が絡み、日々価格が変動します。常に安定した成績を残すことは難しいと考えられていますが、それでも支店長・部門長・営業マネージャーは成績に対する責任を負わなければなりません。加えて、さまざまなリスクや部下育成のマネジメント力も求められます。変化の激しい業界において変革に対応できるリーダー像が求められます。


【階層別おすすめ研修② ~若手・中堅営業職向け】

出入りの多い金融機関の営業担当との差別化を図るには、知識、教養、他社が持っていない情報を仕入れるフットワーク力が求められます。また、仕入れた情報を、鋭い分析力でかみ砕き、伝わりやすい説明をする力も必要です。
お客さまのタイプに合わせた顧客対応力やホスピタリティも重要な要素となります。若手の課題としては、年長者とのコミュニケーション、固定電話のマナーや応対スキル、基本マニュアルにはない臨機応変な受け答えなどが挙げられます。


【職種別おすすめ研修 ~コールセンター向け】

コールセンターでもオペレーターのスキルアップとSVのマネジメント力強化が必須です。個人顧客には富裕層の方が多く、大事な資産に関係するお問い合わせとなれば、より一層の電話応対品質向上が求められます。複雑化するクレームに関するロールプレイ研修も有効です。


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!