loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

部下とのコミュニケーション実践研修~多様化する部下への関わり方

部下とのコミュニケーション実践研修~多様化する部下への関わり方

様々なタイプの部下に合わせて、それぞれの特性に合わせたコミュニケーションの取り方を習得する

研修No.2550101

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・様々な年齢、雇用形態の部下・メンバーの対応をされている方
・年齢差などによる部下・後輩とのコミュニケーションギャップにお悩みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 部下との距離を縮めるよう努力しているが、なかなかうまくいかない
  • 自分と合わないタイプの部下に、どう接していいのかわからない
  • 部下に嫌われることが怖く、思うように叱ることができない

※年上の部下を持つ方向けに、「ベテラン世代が活きる部下マネジメント研修」もございます。

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、部下との円滑なコミュニケーションの取り方を学んでいただきます。部下に対する関心を強く持ち、積極的に関与することがコミュニケーションを機能させる最大のポイントであることを理解いただき、上司としてどのように対応すべきかを実践的に学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①部下との常識や価値観の違いを改めて認識する
  • ②タイプ別の部下との関わり方を学び、自身の部下について考える
  • ③部下の考えを知り、また自身の考えを理解してもらう方法を習得する
  • ④部下の特性に合わせたコミュニケーションの取り方を習得する
  • ⑤よくありがちなコミュニケーションの悩みをケース別で考える

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.なぜ上司の話は部下に伝わらないのか
    【ワーク】部下が、今日やっている仕事を具体的に書き出す
    (1)コミュニケーションの希薄化の根源にある「無関心」
    (2)求められる部下に関与する覚悟
講義
ワーク
  • 2.上司と部下の間に広がる「常識」の差
    (1)「常識のすり合わせ」がコミュニケーションの第一歩
    (2)上司と部下とで異なる常識
    【ワーク】自分と部下を1人想定し、「常識」がどのように違うかを対比して書き出す
講義
ワーク
  • 3.タイプ別の部下との関わり方
    (1)目標達成志向型 VS リスク回避重視型
    【ワーク】これらのタイプに該当する部下を想定し、褒める要素をできるだけ多く挙げる
    (2)省エネ志向型 VS 段取り下手型
    【ワーク】部下の業務に対して、具体的な指示の仕方や確認の仕方を考え、書き出す
    (3)優柔不断型 VS 頑迷型
    【ワーク】部下を6つのタイプにあてはめ、特徴を具体的に書き出し、どのような接し方が有効か考える
講義
ワーク
  • 4.部下への関与①~一歩踏み込んで部下を知る
    (1)「仕事とプライベートは切り分ける」の功罪
    (2) 部下の事情や働く上での制約をヒアリング
講義
  • 5.部下への関与②~自分の考え方を理解させる
    (1)「言わなくても解かってくれるはず」は幻想
    (2)「共感」を求めるよりも「理解」させることが必要
    (3)方針は咀嚼して伝える
    【ワーク】組織における運営方針を展開するために、職場の具体的な業務に落とし込んで、どのように部下が行動すれば良いかを表現する
講義
ワーク
  • 6.相手の特性に合わせて伝える、確認する
    (1)人は話を「削除」「歪曲」「一般化」して受け取るもの
    (2)タイプに合わせて伝え方、確認の仕方を変える
    (3)うっとうしいと思わせずに言うべきことを伝える
    【ワーク】部下が自分を「うっとうしい」と感じていると思われる点を考え、グループ内で共有し、どのように言動を変えればよいか、意見を出し合う
講義
ワーク
  • 7.よくあるコミュニケーションの悩みを解決する
    (1)段取り下手タイプ
     ~言われた通りにしか動けないAさんのケース
    (2)優柔不断タイプ
     ~どうしたらいいでしょうかが口癖のBさんのケース
    (3)省エネ志向型タイプ
     ~「仕事が手一杯で・・・」とすぐ依頼を断るCさんのケース
    (4)頑迷タイプ
     ~仕事はできるが、人の話を聞かないDさんのケース
ワーク
  • 8.明日からの行動宣言
ワーク

企画者コメントcomment

職場を構成する社員の年齢層や雇用形態、価値観が多様化したことにより、部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるという声をお聞きします。本研修では、部下のタイプと関わり方を学んだうえ、タイプに合わせたコミュニケーションの取り方をケーススタディを通して習得していただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.4%

講師:大変良かった・良かった

97.6%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションは日頃から取れていると感じておりましたが、自分からの一方的な部分もあったと学びました。双方向のコミュニケーションとなるよう、聞く:話す=8:2を心がけたいと思います。
  • 相手がイメージしやすい様に、伝える事が大事。会社に忠実である事、相手の為である事を伝える事でモチベーションを上げる。
  • 部下とのコミュニケーションは、人によってバラバラなので、しっかりと部下の特徴を見極め、根気強く、対応していきたいと改めて思いました。個人面談の予定があるので早速活かしたいです。
  • 部下の育成が急務な中で、今日学んだ6つのバターンを活用し、また、同グループの方の意見などを参考に業務に活かしたい。
  • 年齢による差をギャップと捉えず、多様性の1つとして理解する事が必要と感じた。その理解のツールとして大切な事は「聴く」「具体性」「双方向」ではないだろうか。時代の流れと共に変化する仕事に上手く対応していきたい。

実施、実施対象
2020年8月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 部下とのコミュニケーションを増やし、なるべく、部下に話させ、自分が話しすぎないようにしていきたいと思います。
  • 自分の意見を言うだけではなく、相手の意見をしっかりと聞きます。
  • ほめるときに具体的にほめること、評価している姿勢を示すこと、解決策を全部示すのではなく部下に考えさせ発言させることを意識していきたいです。
  • 部下に対して、「関心」を持ったうえで話を聴き、一方的なコミュンケーションを取らない。部下のことを今一度問心を持ち、公平性を保ちながら業務を行っていく。
  • まずは共感してほめることから取り組み、お互いの印象が変えられるよう努力したい。また、壁をできるだけなくす努力をしようと思う。

実施、実施対象
2020年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 各自の作業は会社のフォーマットに沿って進捗、品質を管理しているため、今回の研修で学んだタイプをあまり意識せず進めることが多かったです。部下の特性に対する指示も入れてみたいと思います。
  • 部下への接し方に注意して生産性向上を図りたいです。
  • 相手の感情・気持ち・考えに寄り添っていけるように意識してやっていきます。
  • どう対応したらよいか分からなかったタイプの部下についても説明をしていただいて、あきらめずに向き合うよう考えを改めました。

実施、実施対象
2020年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「型」を具体的に考え、当てはめて考える機会が初めてでした。部下の見方、見え方が変わりました。今後意識的に変えられるのかなと考えています。
  • 部下のタイプ別の対応方法について具体的に分かったので今後の業務に活かしていきたいです。
  • 個々の部下に対しよく観察し、よく知ろうとしたうえで良いコミュニケーションにつなげていきたいと思います。また指示する側として、常に適切(6W1H含む)な表現をしていきたいと思います。
  • 固定観念からの脱却、頭をやわらかく、すぐにはできませんが意識して前向きに取り組んでいきたいと思いました。
  • 部下と接するうえでまず自分に非がないか、変えられることがないか探すことをしようと思います。

実施、実施対象
2020年1月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • 相手を尊重して否定せず、お互い理解できるよう学んだことを活かしていきたいと思います。また、コミュニケーションの重要さを改めて感じました。
  • 上司となった際には、部下のタイプをよく見極め、個人に合った指導、対応をしていきたいと思います。
  • 人によって様々なタイプがあり、それぞれに合った接し方を学ぶことができたので、職場でも実践していきたいと思います。
  • 指導者、上司として、部下への接し方を改めて考えました。褒め上手、我慢強さ、鬱陶しい上司を心掛け指導していきます。
  • 部下との関係で悩んでいる部分もあったので、今日の研修をふまえて、改めて部下との接し方、コミュニケーションの取り方を見直して接していきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.4
講師がとても良い・良い
97.6

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修