loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修 ~管理職として組織への損害を考え、対策を立てる編(1日間)

ハラスメント防止研修 ~管理職として組織への損害を考え、対策を立てる編(1日間)

ハラスメントへの理解をより深め、自身も組織も「ハラスメントを起こさない」考え方を習得する

研修No.B HRS191-0200-0338

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

ハラスメント防止についての知識を、より実践へと活かしたい方

研修内容・特徴outline・feature

すでにハラスメントに対する知識をお持ちの方向けの「発展編」の研修です。ハラスメントに対する理解をより深めることで、自身としても組織としても「ハラスメントを起こさない」ための考え方を身につけていただきます。

本研修最大のポイントは、単なる知識付与ではなく、「実践度を高める」ことに重きをおいたプログラムです。
具体的には、“実際のハラスメント事例から、それがもたらす個人・組織へのダメージを考える”や“ハラスメントを起こしやすい人の傾向を考える”、そして“自身の職場のハラスメント発生危険度をチェックする”など、納得感を高めながら、より深い理解と実践を促すワークが多く盛り込まれています。
また、講義でお伝えする内容も“「指導」と「パワハラ」の違いをふまえた指導の仕方”や“ハラスメント発生要因となる部下のネガティブ情報の見つけ方”など、「実現可能」にこだわった内容となっております。

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.ハラスメントがもたらすダメージ
    ・ハラスメントを受けた本人とその家族のダメージ
    ・ハラスメントによって処分された上司のダメージ
    ・訴訟になった場合の直接的な企業の損失
    ・訴訟および風評がもたらす企業イメージの損失
ワーク
講義
  • 2.なぜハラスメントは起きるのか
    (1)ハラスメントを起こしやすい人の特徴
    (2)上司に求められる成果と人材活用の両立
    (3)現代の理想の上司像とは
ワーク
講義
  • 3.ハラスメントに気づくために
    (1)「指導」と「ハラスメント」を分けるポイント
     ・人格や、容姿、家族に言及した批判をする
     ・解雇や異動などの人事権をちらつかせる
     ・必要以上に継続的に精神的圧迫を与え続ける
     ・無視、仕事を与えないなどの扱いをする
    (2)「叱る」と「怒る」の違い
     【ワーク】あらためて「正しい指導」の仕方を考える
ワーク
講義
  • 4.ハラスメントが起きづらい環境作り
     【ワーク】職場のハラスメントの起きやすさをチェックシートで診断
    (1)ネガティブ情報の自己申告
    (2)組織横断的な活動推進
    (3)上司にとってのハラスメント相談窓口を作る
ワーク
講義
  • 5.自分の職場のハラスメント防止策を考える
     【ワーク】ハラスメント防止策とその行動計画を策定し発表する
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年10月     32名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.9%
参加者の声
  • ハラスメントのダメージが被害者、組織に及ぶことは理解していたが、加害者のダメージが大きくなっている状況は理解できていなかった。状況は日々変化しているので、改めてパワハラは撲滅する必要を感じた。
  • ハラスメントに関してはある程度は理解しているつもりでしたが、改めて講義を受けることで理解をより深めることができました。
  • 様々な角度から説明いただき、ハラスメントのとらえ方について再認識しました。今後の人財育成や指導方法に活かしたいと考えます。

実施、実施対象
2017年 10月     20名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.0%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • 会社の体質、風土として成り立っていることも大切と感じた。全体的な研修の広がりに期待するとともに、自分からも指導や情報の提供を行っていきたい。
  • ハラスメントの被害者にも加害者にもなる可能性があることを学んだ。日常のコミュニケーションをよくするように心がけたい。
  • 性別を問わず起こりうることと考えて、たとえ上司であったとしてもハラスメント行為があった場合には指摘をしていく。

実施、実施対象
2017年 8月     20名
業種
マスコミ・広告・印刷
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 研修名からは固い内容かと思いましたが、わかりやすく、面白く講義して下さいました。
  • ハラスメントと一概にいっても幅広いものだが、具体的な定義づけや対策があった。
  • 最新の事例を交え、わかりやすく説明していただいた。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中級管理職(中級管理者向け)研修
年間総受講者数
32,808
内容をよく理解・理解
94.7
講師がとても良い・良い
92.3

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 部長に求められる2つの役割

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 課長に求められる3つの役割

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 係長に求められる3つの役割

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

VALUENEX ビックデータ俯瞰解析による課題解決のご支援

コア人材育成なら未来創造&カンパニーにお任せください

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!