クリティカルシンキング研修 ~基礎編(1日間)

クリティカルシンキング研修 ~基礎編(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B LTH220-0300-2851

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修内容・特徴outline・feature

ロジカルシンキング(論理的思考)をすでに学んだことがあるという方に、クリ
ティカルシンキング(批判的思考)の基本を身につけていただく研修です。
本研修では、クリティカルシンキング(批判的思考)を「たとえ“論理的に正しい”と思える事柄であったとしても、鵜呑みにせず“疑って”みることで、そこにある“本質”を見抜くための思考法」と定義します。この思考法を身につけることで、今までは気づくことができなかった、日常業務に潜む問題を発見する力を養うことができます。

クリティカルシンキングは一般的に、批判(疑ってみる)⇒分析(他の視点で見る)⇒再構築(新しい主張を出す)という手順で行います。本研修では、基礎となる「批判(疑ってみる)」の段階に焦点を当て、スキル強化を図っていきます。

対象者

・表面的でなく、深く考える力を向上させたい方
・物事を考える力を鍛えたい方
・自分の仕事の仕方に自信がない方、上手くいっていないと感じる方
・残業時間が多い方
・企画職や業務改善担当の方 など

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.クリティカルシンキングとは
    (1)クリティカルシンキングの考え方
    (2)ビジネスにおけるクリティカルシンキングの重要性
    (3)クリティカルシンキングによって身につくスキル
講義
ワーク
  • 2.クリティカルシンキングの要素~4つのポイント
    (1)論理性~ロジカルシンキングとクリティカルシンキングの違い
    (2)根拠となる知識や情報
    (3)中立を保つ姿勢
    (4)前提や思い込みを把握する
講義
  • 3.クリティカルシンキングの手順~3つのステップ
    (1)批判~疑ってみる
    (2)分析~他の視点から物事をとらえてみる
    (3)再構築~新しい主張・見解を出してみる
講義
ワーク
  • 4.クリティカルシンキングの注意点~2つの配慮
    (1)論理性 vs. 感情
    (2)対象による使い分け
講義
  • 5.クリティカルシンキングの実践~総合演習
    【参考】フレームワーク
    (1)クリティカルシンキングのフレームワーク~様々な視点で考える
    (2)ロジカルシンキングのフレームワーク~論理的に情報を整理する
ワーク

本研修の受講効果

・何事においてもすんなりと受け入れるのではなく、「本当にそうなのか」「これでいい
 のか」と一歩立ち止まり、疑うことができるようになる
・前例や固定観念に縛られることなく、多面的に物事を見ることができるようになり、
 新しい仕事の仕方や考え方を生み出すことができるようになる
・疑う姿勢が身につくことにより、自身や組織のムダを発見し、それをなくすような
 取り組み・行動に貢献できるようになる

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年11月     37名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.3%
講師:大変良かった・良かった
83.8%
参加者の声
  • 日々の業務に活かせる内容。改めて自身(自社)の業務についての課題抽出ができた。
  • 現場での作業内容と、自分が任されている管理業務を改めて見直し改善点を思い出して業務の効率化、作業の簡略化を目指したい。
  • 身近な課題から提起して、様々な視点から解決策を考えたいと思います。

実施、実施対象
2019年2月     27名
業種
マスコミ・広告・印刷
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の考えを軸として、批判的にも意見を持ち、幅広く物事を考えたいと思いました。
  • アイデア出しや、企画立案の時に今日の研修をふまえてよりよいものを作っていきたい。
  • 論理的思考にさらに疑問点をもって、よりよいものを考えていきたいです。

実施、実施対象
2018年10月     20名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段行っている事に対して、「これで良いのか」「もっと良く出来るのではないか」と考え実行していきます。
  • 習慣的になっている作業等に対し疑問を持つようにし、現状の改善策をみつけていきたい。
  • 他の人の意見を聞いて違う視点で考えてみる大切さを知りました。

実施、実施対象
2018年5月     39名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.9%
講師:大変良かった・良かった
97.4%
参加者の声
  • 常日頃から物事には疑問を持つことが多いのですが、そのためにどうするという自発性を考えられる良い機会になりました。
  • 考え方やメリット、デメリットは違って当然という考えの中で、自分の意見を固執するのではなく、受け入れつつも流されることなく意見を提案していきます。
  • 指示を出すのも受けるのも1つ1つ本当にこれでいいのかを考えながら業務を行います。「考える」という点を活かして行います。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

本テーマのおすすめリンク

思考力の使い方

作り込み型研修

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!