loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド(1日間)

課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド(1日間)

問題解決の上流に位置づけられる「課題設定」に焦点を当て、そのポイントと手順を身につける

研修No.B PRB210-0000-4050

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

日々様々な問題に取り組む中で、より本質的で価値のある解決方法を模索する全てのビジネスパーソン

研修内容・特徴outline・feature

予測不能な変化の激しい時代の中、目指すべき姿を描くことがますます難しくなってきています。
「課題」は、目指すべき姿と現状とのギャップとして表現されますが、その「課題」をうまく設定できなければ、その後に続く問題解決もままなりません。
本研修は、問題解決の上流に位置づけられる「課題設定」に焦点を当てた、そのポイントと手順を身につけていただけるプログラムです。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.今なぜ「課題設定力」が求められるのか
    【ワーク①】自身の所属する部署や職場における「課題」を3つ挙げてください
    【ワーク②】それらの「課題」を、1)上司から与えられたもの、2)職場の共通認識として持たれているもの、3)自ら意思をもって設定したもの、のいずれにあたるかを選択してください
    (1)「目指すべき姿」が自明だった時代の終焉
    (2)生産性の高い仕事には課題設定が不可欠
講義
ワーク
  • 2.課題設定とは何か
    (1)問題と課題の違いとは
    【ワーク】事例を読んで「問題」と「課題」の違いを切り分ける
    (2)問題意識の根源にある感情的なもの
    ①こうありたいと思う「憧れ」
    ②もしこうなったら・・・という「不安」
    ③こんな状況はゴメンだという「憤り」
    (3)「見えている問題=課題」を疑うクリティカルな視点
    【ワーク】冒頭のワークで自身で挙げた「課題」について振り返る
講義
ワーク
  • 3.課題設定の進め方
    (1)問題の「発見」と「解決」の間に位置づけられる「課題設定」
    (2)課題設定に必要な3つのスキル
    ①問題発見 ~問題意識とフレームワーク
    ②問題分析 ~論理的思考と分析メソッド
    ③課題設定 ~問題の本質を見極める視点
講義
ワーク
  • 4.①問題発見スキル ~予断を排しあるべき姿からものを見る
    (1)問題発見における謙虚な視点
    (2)ブレのない問題発見のための「As Is-To Be」モデル
    (3)問題の3タイプ ~「問題となっているもの」だけが問題ではない
    (4)問題を正しく捉えるための視点 ~問題発見の4P
    【ワーク】自身の課題を4Pの視点でチェックする
講義
ワーク
  • 5.②問題分析スキル ~問題を切り分け対処しやすくする
    (1)求められる「論理的思考力」
    (2)分析のステップ1 ~「分ける」
    (3)分析のステップ2 ~「深掘る」
    (4)分析のステップ3 ~「俯瞰する」
    【ワーク】グループで一つの「課題」をロジックツリーを使って分析する
講義
ワーク
  • 6.③課題設定スキル ~本質的な問題(イシュー)を見極める
    (1)イシュー(Issue)とは何か ~よい課題設定のための考え方
    (2)最初は「直感」、後から「裏付け」
    (3)課題の質を上げるための視点
    ①本質的な選択肢となっているか
    ②深い仮説があるか
    ③答えが出せるものか
    (4)本質的でない意見に対する対処の仕方
    ①思考停止を疑う
    ②議論のすり替えに警戒する
    ③費用対効果でジャッジする
    【ワーク】5章のワークで分析した問題に対し、イシューの視点を踏まえて課題を設定する
講義
ワーク
  • 7.課題解決に求められる巻き込み力
    (1)求められる論理性と共感性
    (2)段階を追って活動を展開・定着させる
    (3)課題解決の主体者であり続けること
講義
ワーク
  • 8.まとめ
    【ワーク】冒頭のワークで挙げた3つの課題をあらためて「課題」として再定義する
ワーク

6013

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年12月     10名
業種
製薬
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 問題解決という日々の業務で必ず突き当たることに対して、どのように対応すればいいのかを解決するヒントをいただけました。
  • 業務の問題・課題を抽出し、その原因を分析する方法を理解することができました。
  • 要素や原因を分析してからロジックツリーを作成することはとても難しかったが、業務で意識して取り組み、慣れていきたい。

開発者コメントcomment

ビジネスパーソンの仕事は、問題解決の連続です。問題の解決は、”HOW”の問題であり、解決手法を身に付けたり、実行手段を手に入れることで進めることができます。しかし、どの問題を解決すべきなのか(=”WHAT”)、さらには、なぜその問題を解決しなければならないのか(=”WHY”)といったことを考える上では、意思決定力が求められます。問題解決の手前には、課題設定という重要なプロセスがあることを知っていただき、そこで求められるスキルとマインドを身に付けていただくことで、より本質的な問題解決に取り組んでいいただければと思ってこの研修を企画いたしました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

問題解決・課題解決研修
年間総受講者数
6,059
内容をよく理解・理解
92.4
講師がとても良い・良い
91.2

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

思考力の使い方

作り込み型研修

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!