loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

なぜなぜ分析研修~本質を理解し、不毛な「なぜなぜ」から脱却する(半日間)

なぜなぜ分析研修~本質を理解し、不毛な「なぜなぜ」から脱却する(半日間)

なぜなぜ分析が上手くいかない理由を失敗事例から学び、現場でなぜなぜ分析を活用できるようになる

研修No.B PRB210-0000-4943

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職

・原因分析や問題解決に不安がある、若手~管理職の方
・トラブルが発生した際に、原因分析、再発防止策の検討が求められる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 何が問題なのか、何を「なぜなぜ分析」したらよいのか分からない
  • なぜなぜを繰り返しても、原因らしきものにたどり着かない
  • どこまでなぜを繰り返せばいいのか分からない

研修内容・特徴outline・feature

「なぜなぜ分析」は、製造現場ではその有用性が支持されているにもかかわらず、実はあまり上手く活用できていない実態や、事務や営業の現場ではそもそも使えないという実態があります。
本研修は、改めて「なぜなぜ分析」の活用範囲を確認するとともに、活用にあたっての留意点を学ぶ研修として開発いたしました。
特に、具体的な進め方では、間違いやすいポイントや間違い例を提示することで、不毛な「なぜなぜ」からの脱却を図り、確実にそのスキルを身に付けられるようになっています。

到達目標goal

  • ①分析対象となる問題を、明確に捉えることができる
  • ②論理的な「なぜ」の繰り返しで、真因にたどり着くことができる
  • ③的を得た、対応策の立案ができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.あらためて考える「なぜなぜ分析」
    (1) なぜなぜ分析とは ~「なぜ」を繰り返す意味とは何か
    (2)オフィスワークにおけるなぜなぜ分析の実態
     ①不得意なシーン1:因果関係の不明瞭な問題
     ②不得意なシーン2:創造性が問われる活動
     ③不得意なシーン3:意思決定が重要な場面
    【ワーク】自身の失敗事例の共有
    (3)なぜなぜ分析の活用範囲と有用性
    【ワーク】自身の業務から、なぜなぜ分析の対象となる問題をピックアップする
講義
ワーク
  • 2.「なぜなぜ分析」の進め方と留意点
    (1)なぜなぜ分析の全体フロー
    (2)分析対象(問題)の捉え方 ~「それ」が本当に問題なのか
     ①問題の事象は具体的に
     ②事象の詳細を把握する
    (3)原因の掘り下げ方 ~失敗する4つの落とし穴
     ①問題の原因になっているか
     ②個人の責任追及になっていないか
     ③現場を分かっているか
     ④なぜなぜを遡りすぎていないか
     【ワーク】悪いなぜなぜ分析の事例を通して問題点を指摘する
    (4)対策案の策定 ~的を射ない対策はムダどころか悪となる
    【参考】不毛ななぜなぜ分析と不毛なPDCAは似ている!?
講義
ワーク
  • 3.総合演習
    【ケーススタディ①】あるケース題材をもとになぜなぜ分析を行った上で、その分析結果が有効なものかどうかを振り返るワーク            
    【ケーススタディ②】自身の業務の中から分析テーマを選定し、なぜなぜ分析を実行した上で、その結果を振り返るワーク
ワーク
  • 4.まとめ
ワーク

7665

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

「なぜなぜ分析」は、「なぜ」を繰り返す、非常にシンプルな問題解決手法です。しかし、誰でも知っているメジャーなツールで多くのマニュアル本がありながら、実は意外にもうまく活用できていないという実態があります。
それは、“シンプルである”が故に、何でもそれらしく「なぜなぜ」ができているように見えてしまい、何が正なのか分からなくなっているからだと考えられます。
そこで、よくある間違い例を取り上げることで、正しいやり方を学べるようなカリキュラムとして開発しました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

問題解決・課題解決研修の評価
年間総受講者数
7,554
内容をよく理解・理解
92.2
講師がとても良い・良い
91.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる