loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

評価者研修

評価者研修

評価者としての評価の仕方、面談の基本スキルを身につける

研修No.2650000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・評価の基本を学びたい管理職の方
・評価を効果的に育成に結びつける手法を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 評価者になったばかりなので、基本を学びたい
  • 評価の基準がよくわからず、能力評価のポイントが知りたい
  • 部下への評価のフィードバックがうまくいかない

研修内容・特徴outline・feature

人材育成のツールとして、評価制度を活用していくために、評価者は公正に評価を行わなければなりません。どのようにして評価を行うのか、評価者が陥りやすい傾向とは、部下への評価のフィードバックはどのようにするのかなど、本研修では、評価者として求められる基本のスキルを実践を通じて学び、身につけていただきます。

<ワークのポイント>
①組織や部下に期待されている役割を考え、取り組むべき点をおさえる
②ケーススタディを使って実際に評価を行い、適切な判断基準を考える
③部下のモチベーション向上に繋がる、面談での部下の褒め方を考える
④面談ロールプレイを行い、講師のフィードバックをもとにグループでお互いの改善点を議論する

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①評価者としての心構えを理解する
  • ②評価のポイントを理解する
  • ③部下へのフィードバックする際のポイントをおさえる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.評価者としての役割認識
    (1)【ワーク】組織・部下が評価者に期待していることは何ですか
    (2)【ワーク】評価者として不安に思っていることを洗い出す
    ※評価表を作成することが仕事ではなく、人材開発の一貫として部下
    の課題を明確にし、人的資源の活性化を図ることが評価者(管理職)の役目であることを理解する
講義
ワーク
  • 2.人事評価の意義と重要性
    (1)人事評価制度とは ~組織目標達成のツール
    (2)評価者への期待 ~人材育成
    (3)評価者に求められるもの
    (4)人事評価の基本構成
    【参考】目標管理をなぜ行うのか
    (1)目標管理とは
    (2)目標管理を行う理由
講義
ワーク
  • 3. 評価の手順
    (1) プロセス1 ~行動の選択
    【参考】事実の収集方法 ~行動記録をとる
    (2)プロセス2 ~評価項目の選択
    (3) プロセス3 ~段階の選択
    【ケーススタディ】「評価者が陥りやすい傾向」を参考に、該当する言動を考える
    【ワーク】評価時の留意点について、懸念される言動を正しい行為を
    考える
    【ワーク】実際に評価をする
講義
ワーク
  • 4. 評価面談のポイント
    (1)面談実施の前に ~部下、上司共に面談の「準備」を行う
    (2)面談時の環境
    (3)面談時の注意点
講義
  • 5.評価面談の流れ
    (1)面談のフロー
    (2)話す内容を整理する ~面談フロー①
    (3)相手の自己評価を聴く ~面談フロー②
    (4)相手との同異を整理する ~面談フロー③
    (5)自分の評価を伝える ~面談フロー④
    【参考】ほめ言葉の効用
    【ワーク】部下・後輩のほめるところを発見する
    (6)互いの意思を確認し、今後の成長を認識させる ~面談フロー⑤
講義
ワーク
  • 6.実践ケーススタディ
    【演習テーマ例①】意欲はあるが仕事に時間がかかる職員への評価
    【演習テーマ例②】下位評価を伴う注意・指導の仕方
    【参考】面談チェックシート
ワーク
  • 7. 評価者としてのあり方
    【ワーク】評価者として気をつけたいことを3つ挙げる
ワーク

957

企画者コメントcomment

評価者としての心構えから評価のつけ方、面談の仕方まで、評価の一連の流れにそって、基本スキルを学んでいただきます。評価者が陥りやすい傾向や、ケースを用いて評価をつけてみる、部下役、上司役にわかれて面談をしてみるという実践を通して、初めての方でも評価者としてのポイントがおさえられるようになっています。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.2%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 信頼関係が重要であることが分かりました。今回学んだことを活用していき、今後もこのような研修があれば受講したいと思います。
  • 相手とのコミュニケーションを日々大切にして、部下の育成を行っていこうと思います。
  • 部下の良いところを伸ばし、改善点を提案できる面談を行うために、本日学んだことを活用していきたい。
  • 今後の仕事に活かしていけることを学びました。人の気持ちに寄り添って、評価を行っていきたいと思います。
  • 評価を行う立場になり、部下への接し方等分からないことがありましたが、今回の研修を受講したことで解決に繋がりました。今後学んだことを活かしていきたいです。

実施、実施対象
2020年7月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後評価を行っていく上で、心構えや考え方について学ぶことが出来たので、実際の評価面接にも役立てていきたい。また普段からの記録も大切なので様々な角度から情報収集や評価の根拠を集めておきたい。
  • 評価は人材育成で、客観的にみた行動記録ということを頭において今後の評価に活かしていければと思います。
  • 評価は人材育成に繋がることを意識しながら、日々の業務にあたりたいと思いました。部下の業務にも関心を持ち、メモをとっていくようにしたいと思います。
  • 「評価する」ことの注意点や意義、流れが良く分かりました。評価は育成であるという視点を忘れず、部下と向かい合いたいと思いました。
  • 本日の研修を活かして、年度末の人事二次考課に向けて準備し、公正な評価に繋げたいです。

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 面談、評価をしていくのに、日常から部下の一人ひとりを気にかけて、こうなってほしいという目標を作っていきたい。みんなの力を引き出していきたいと思った。
  • 傾聴の仕方や、質問をして相手に話をさせることが大切だと思いました。早速活用していきたいと思います。
  • きちんとほめることが大事だと学んだ。ほめる・しかるの割合をしっかり考えたい。こまめにメモをとるように心がけていきたい。
  • 評価者としての知識や在り方をほとんど知らなかったので、大変勉強になりました。少しずつ実践して、社員の気持ちを理解していけるように努めたいと思います。

実施、実施対象
2020年3月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 評価制度を作成し、評価者のコミュニケーションの取り方など、社内教育に力を入れたい。
  • 対象者の人生を左右するかもしれないので、公平、公正な評価をくだせるように今後も学んでいきたい。
  • 公平に評価を行うための視点を持ち続けたい。評価の基準を、適当なタイミングで見直すようにしたい。
  • 評価を伝える時の主語を自分にした言い方は、とてもよいと思う。同じ内容であったとしても、言い方の工夫は考えていきたい。
  • 部下の指導教育育成に力を入れたい。公正な評価を行えればと思う。

実施、実施対象
2020年2月     24名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 評価をするにあたり、日々の監察・コミュニケーションが必要だとわかったので、何気ない会話も含め、相手を知る努力をする。
  • 面談時に最後まで話を聞くこと、共感し、その後改善点を伝え、本人への期待を含めて話すと良いと感じたので、今後活用したいと思います。
  • 社内の評価制度について理解させること、評価者へのインプットの重要性を認識したため、課題解決に努めます。
  • 普段あまり意識せずに評価を行っていたが、セオリーやベストプラクティスがわかり良かった。今後意識して取り組みたい。
  • 様々な業種の人と意見交換できて、評価についての考えが深まりました。行動特性の記録は今まで十分つけていなかったので、今後つけたいと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.2
講師がとても良い・良い
95.5

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修