loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する

コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する

「引き出す力」で組織のパフォーマンスを最大化する

研修No.2570000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・部下・後輩を指導する立場にあり、部下・後輩の能力や主体性を引き出すスキルを習得したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • メンバーの考えを引き出し、新しい価値を生み出したい
  • 部下に自立的に仕事をしてほしい
  • OJTやティーチングとは異なる視点で、指導スキルを高めたい

研修内容・特徴outline・feature

ティーチングの目的が、基本的な知識や技能を教え込むこととするのであれば、コーチングの目的は、それぞれが持っている能力ややる気、強みを引き出すことです。部下のやる気を引き出すのに欠かせない「傾聴」「質問」「承認」の3つのスキルを身につけることに力点を置いています。座学で学んだ後、ケースごとのロールプレイングを行い、コーチングスキルの定着を図ります。

<ワークのポイント>
①コーチングの3つの手法(傾聴・承認・質問)を、部下・後輩指導に効果的なスキルとして習得する
②目標設定の支援のために、5つの観点で部下・後輩の発言、自分の発言を整理する
③具体的なケースのロールプレイングを通して、コーチングスキルを実践する

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①コーチングの3つの手法(傾聴・承認・質問のスキル)を学ぶ
  • ②コーチングの基本プロセス(GROWモデル)を学び、目標達成の行動案を策定できるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.コーチングとは
    (1)育成における自分の役割を考える
    【ワーク】部下の立場に立った場合、どのような時に主体性を発揮できるか考える
    (2)コーチングの基本的な考え方
    (3)コーチングの前提
    (4)コーチングの効果
    (5)「ティーチング」と「コーチング」の違い
講義
ワーク
  • 2.コーチングにおける心構え
    (1)人に対する「プラス思考」
    (2)部下・後輩の長所を見つける
    【ワーク】部下の日ごろの努力や成果を整理する
    (3)部下・後輩の目標を定める
    【ワーク】部下にやらせたい仕事、身につけさせたいスキルを考える
講義
ワーク
  • 3.目標設定の支援~GROWモデル
    ■目標達成のフレームワーク~GROWモデル
    ①GOAL(目標の明確化)
    ②REALITY(現状把握)
    ③RESOURCE(資源の発見)
    ④OPTIONS(選択肢の創造)
    ⑤WILL(意志の確認、計画の策定)
    【参考】GROWモデルを使い、部下・後輩の目標達成を支援する
講義
ワーク
  • 4.コーチングスキルの習得
    (1)「傾聴のスキル」とは
    【ペアワーク】「聴く練習」
    (2)「質問のスキル」とは
    【参考】上司・先輩が部下・後輩の声をきくための5つの方法/耳を澄ますこと
    【ペアワーク】「質問する練習」
    (3)「承認のスキル」とは① ~ほめる
    【ワーク】部下のほめ言葉をできる限り書き出す
    (4)「承認のスキル」とは② ~叱る
    【参考】面談の環境のポイント
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    上司役と部下役に分かれて、ロールプレイングを行い、
    良い点と改善点を、部下役からフィードバックする
    【ケース1】指示待ちタイプのAさんは、毎回細かい指示を求めてきます。失敗を怖がり、自分で考えて行動することができません 。Aさんを
    どのように育成したらよいでしょうか。
    【ケース2】ベテランスタッフのBさんは、新しいやり方を導入しようとすると、必ず抵抗します。Bさんをどのように指導したらよいでしょうか。
ワーク

企画者コメントcomment

コーチングとは、上司とのコミュニケーションを通じて、部下に「気づき」を与え、「動機」を引き出す技術です。それがひいては「主体性」を高めることにつながっていきます。部下の意欲や主体性を引き出すことができれば、組織力や生産性の向上につながります。人材が多様化する時代において、組織やチームのパフォーマンスを最大化させる「引き出す」スキルとして、管理職やリーダーの方におすすめです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.2%

講師:大変良かった・良かった

95.4%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年11月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までは「聞く」の姿勢になっていたため、「聴く」を意識して業務を行いたいと思います。
  • 若い課員へのティーチングは必要だが、レベルに合わせてコーチングをする事で、自分で考えさせ自立性を向上させたいです。また話の腰を折らず傾聴し、質問はその後に行なうよう注意したいと思います。
  • 部下の話をしっかりと聴き、部下の考えや意見を引き出すことで部下の成長につなげていきたいと思います。
  • セミナー前までは自分はコーチングが出来ているものと思っていましたが、コーチングではなくティーチングになっていたと痛感しました。今後はコーチングを意識してコミュニケーションをとっていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年10月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 実際に若手の指導を行っており、能力を引き出す手法を考えていた。コーチングと言う言葉は知っていたのですが、講師の方に力強く細かく考えていただけたので、この「コーチング手法」を現場で指導したい。
  • ケーススタディや、ワークを通して、様々な方の意見をうかがったり、自信の考えをまとめることができた。資料も大変わかりやすく、理念のみでなく、実践の順番や、具体的な言葉づかい等、すぐ実践できそうな内容だったので、部下や後輩に対して、実践してより良い関係を作っていきたいと思った。
  • オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンを活用して部下、後輩に主体的に意見を言ってもらい同じ目標に向かって一緒に考えていける風土を職場にもたらせたい。問題が発生すると属人的に指導していたが、今後は問題そのものにフォーカスして指導していきたい。
  • 日頃のコミュニケーションを増やし、面談では気づけない部分に注目していきたい。短所を見て、直すのではなく長所と活かして伸ばす指導をしたい。テキストに記載のない部分でも参考になる事が多く、良かった。
  • 部下の悪い所ばかりが目につき、「怒る」事が多かったように思います。今後は、良い所をみつけ、「ほめる」と「叱る」をうまく使ってコーチングをしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年9月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 経験の長い同僚や業務の委託先の方との信頼関係の築き方や、指導方法について悩みがありました。今日学んだ内容をすぐに実践し、うまく仕事を進めて行きたいと思います。
  • 部下をほめて承認できるようにしていきたい。また、話を最後まで聴く事を心掛けたい。
  • コーチングとティーチングの場面に応じてバランスを取りながら、個々に対応したいと思いました。問題を解決する為には現状を正確に知ることが大切なので、会話を通じて、組織として答えを見つけたいと思います。
  • これまでは自分の中に答えを持った状態で相手に接していたことに気づきました。コーチングのためには、まず相手をよく観察し、ほめるポイントを探し、その人の持っているものを引き出す必要があると感じました。リモートワークのさなかですが「ほめるポイント」探しから始めて、後輩との良い関係を築いていきたいと思いました。
  • ほめることはしていても叱ることができないことが多いため、後輩を指導する際はセットで使えるようにしたいです。その場だけでなく、指導後に後輩が「自分で」考え、行動できるようフォローしていきたいと思いました。

実施、実施対象
2020年8月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メンバーの長所を活かしたアドバイスができるようにする。問題がある時は必ずメンバーと同じ目線に立って現状を把握し、一緒に解決方法を導く。
  • ほめることを心がけてコミュニケーションを充実させていきたいと思います。また、話をきくことや質問の仕方で不安、不満を共有し、共に解決策を探っていきます。
  • 傾聴を心掛けます。聞く姿勢を大事にして、部下とのコミュニケーションを高めていきます。
  • 質問の大切さを感じたので、自分なりに良い質問を投げかけて、チームに一体感をもたせながら仕事がスムーズに進められるようにしていきます。
  • 自身が実践していたことは「コーチング」ではなく「ティーチング」であった。面談時においては「聞く」スタンスでいることを心掛け、明日からはコアスキルである「傾聴」に力を入れていきたい。

実施、実施対象
2020年7月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自部署にはコーチングとティーチングのどちらも必要で、その割合が大切だと改めて感じました。
  • 上司と後輩の橋渡しとなりたい。また、部下が自分で選択して改善をしていけるような取り組みをしていきたい。
  • 部下育成について、ほめることが部下のモチベーション活力に繋がる方法であると再認識した。今後実行していきたい。
  • 後輩一人一人の特性や長所を発見し、ほめるタイミングなど、コミュニケーションに活かしたい。また、GROWモデルを実践していきたい。
  • ほめることを意識して取り入れる。部内メンバーの思いを引き出し、積極的に取り組む人材に育てたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.2
講師がとても良い・良い
95.4

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修