loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する

コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する

「引き出す力」で組織のパフォーマンスを最大化する

研修No.2570000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・部下・後輩を指導する立場にあり、部下・後輩の能力や主体性を引き出すスキルを習得したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • メンバーの考えを引き出し、新しい価値を生み出したい
  • 部下に自立的に仕事をしてほしい
  • OJTやティーチングとは異なる視点で、指導スキルを高めたい

研修内容・特徴outline・feature

ティーチングの目的が、基本的な知識や技能を教え込むこととするのであれば、コーチングの目的は、それぞれが持っている能力ややる気、強みを引き出すことです。部下のやる気を引き出すのに欠かせない「傾聴」「質問」「承認」の3つのスキルを身につけることに力点を置いています。座学で学んだ後、ケースごとのロールプレイングを行い、コーチングスキルの定着を図ります。

<ワークのポイント>
①コーチングの3つの手法(傾聴・承認・質問)を、部下・後輩指導に効果的なスキルとして習得する
②目標設定の支援のために、5つの観点で部下・後輩の発言、自分の発言を整理する
③具体的なケースのロールプレイングを通して、コーチングスキルを実践する

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①コーチングの3つの手法(傾聴・承認・質問のスキル)を部下育成に活用できるようになる
  • ②コーチングの基本プロセス(GROWモデル)を学び、目標達成の行動案を策定できるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.コーチングとは
    (1)育成における自分の役割を考える
    【ワーク】部下や後輩を育成するうえで、自分自身の役割はどのようなものだと考えますか。
    (2)コーチングの基本的な考え方
    (3)コーチングの前提
    (4)コーチングの効果
    (5)「ティーチング」と「コーチング」の違い
講義
ワーク
  • 2.コーチングにおける心構え
    (1)人に対する「プラス思考」
    (2)部下・後輩の長所を見つける
    【ワーク】部下の長所や特徴、最近の成長や進歩を整理する
    (3)部下・後輩の目標を定める
    【ワーク】部下に任せたい仕事、身につけさせたいスキルを考える
講義
ワーク
  • 3.コーチングの基本プロセス~GROWモデル
    ■目標達成のフレームワーク~GROWモデル
    ①GOAL(目標の明確化)
    ②REALITY(現状把握)
    ③RESOURCE(資源の発見)
    ④OPTIONS(選択肢の創造)
    ⑤WILL(意志の確認、計画の策定)
    【参考】GROWモデルを使い、部下・後輩の目標達成を支援する
講義
ワーク
  • 4.コーチングスキルの習得
    (1)「傾聴のスキル」とは
    【ペアワーク】「聴く練習」
    (2)「質問のスキル」とは
    【参考】上司・先輩が部下・後輩の声をきくための5つの方法/耳を澄ますこと
    【ペアワーク】「質問する練習」
    (3)「承認のスキル」とは① ~ほめる
    【ワーク】部下のほめ言葉をできる限り書き出す
    (4)「承認のスキル」とは② ~叱る
    【参考】面談の環境、進め方のポイント
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    上司役と部下役に分かれてロールプレイングを行い、良い点と改善点を部下役からフィードバックする
    【ケース1】指示待ちタイプのAさんは、毎回細かい指示を求めてきます。失敗を怖がり、自分で考えて行動することができません 。Aさんをどのように育成したらよいでしょうか。
    【ケース2】ベテランスタッフのBさんは、新しいやり方を導入しようとすると、必ず抵抗します。Bさんをどのように指導したらよいでしょうか。
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

コーチングとは、上司とのコミュニケーションを通じて、部下に「気づき」を与え、「動機」を引き出す技術です。それがひいては「主体性」を高めることにつながっていきます。部下の意欲や主体性を引き出すことができれば、組織力や生産性の向上につながります。人材が多様化する時代において、組織やチームのパフォーマンスを最大化させる「引き出す」スキルとして、管理職やリーダーの方におすすめです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.7%

講師:大変良かった・良かった

96.7%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の意見を押しつけるのではなく、相手の意見を汲み取りそれに呼応した反応をすることを実践します。高低差がある状態でのキャッチボールという点は理解しているつもりでしたが、部下に対し「ほめる」など日常のコミュニケーションが全然足りていないのだと感じました。
  • 部下をほめてあなたを見ているということを伝えることで、「叱る」ための場づくりをきちんとします。自社で行っている1対1ミーティングに活かしたいです。
  • 後輩、部下とコミュニケーションをとり、良いところを見つけて褒めるところから始めたい。そこから後輩の話を引き出していく。
  • これまで以上に褒めること、傾聴を意識します。アドバイスすることを優先していたので、今後は解決策を提案させることを意識したいです。
  • コーチングの考え方がわかりました。「行動」をほめることを心掛けます。

実施、実施対象
2022年4月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分で考えて実行できるようサポートをすることで、相手の主体性を高め成長につながることが分かった。コーチングする側も経験が必要だと思うので、普段から傾聴・質問・承認を意識しコーチングスキルを身につけ、個性のある後輩ややりにくい相手でも対応できるようにする。
  • 効果的なコミュニケーション手法の理解が深まりました。同じ接し方ではなく相手の特徴を把握したうえで適切な接し方を考えます。
  • コーチングの傾聴スキルやGROWモデルを参考にして、日ごろの部下との接し方に活用します。特に承認のスキルを教育に取り入れていきたいです。
  • 参加者の方の実体験を踏まえた説明によりコーチングスキルをどう活かしていくか、大変参考になりました。観察をすること、こちらの意見よりまずは相手に質問することを実践します。
  • 配下社員との面談時に、特に傾聴スキルを活かします。質問と承認のスキルを向上したいです。

実施、実施対象
2022年3月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • メンバーの自主性を伸ばす目的でコーチングが必要だと認識しながらも、手法がわからず本人のやる気に任せてしまっていました。今回の研修で進め方やコミュニケーションの取り方を学ぶことができ、非常に有益でした。
  • 現場のリーダーとして後任の育成や新人の教育、既存メンバーのスキルアップに活かします。相手の意見を引き出して、目的に導けるように頑張ります。
  • 今回の研修で、今まで意識していなかった部分や反省すべき点が改めて見えた気がします。傾聴だったり、質問の仕方など自分を見つめ直す気づきになりましたので、現場で実践します。
  • コーチングするには、ティーチングとコーチングを分けて指導し、まずはティーチングをしっかり実践します。傾聴のスキルについては、現場ですぐにでも活用しようと思いました。
  • コーチングの土台となる信頼関係の重要性を理解し、職場のリーダーとしてふさわしい言動や、行動をしなくてはならないと改めて認識しました。

実施、実施対象
2022年2月     22名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • 後輩社員に対して、感謝の気持ちなどを直接言葉に出すことができていないことに気づきました。褒められて嫌な気持ちになる人はいないと改めて感じたので、褒めることも心掛けます。
  • 後輩社員の長所についてしっかりと本人に伝えること、話をじっくり傾聴することを実践します。今以上に業務に対する主体性を高めてもらえるようにサポートしていきます。
  • WhyではなくWhatで質問できるように心掛けます。短所ばかりに目がいってしまいますが、裏をかえせば長所という強みに変えられることを学びました。
  • 特に、部下や後輩に対する質問のテクニックは勉強になりました。意識して活用していくことで、コーチングのスキルを高めます。
  • 日々のコミュニケ―ションからビジネスの場の会話まで、傾聴・承認スキルを活かします。また、目標達成を考えるにあたってGROWモデルを常に描こうと思いました。

実施、実施対象
2022年1月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 後輩育成を上手にできるようになると自分が成長できると捉えて、相手への伝え方、考えさせ方をしっかり考えます。後輩指導において、これまでは理由を考えさせる際、人に焦点を当てて質問していましたが、今後は事・問題にフォーカスします。
  • コーチングスキルを磨き、今後のチーム運営に活かします。叱る部分は非常に難しい部分ではありますが、感情的になるのではなく、傾聴することを第一にモチベーションを上げていける質問の仕方に取り組みます。
  • もう少し部下、各員の行動に興味を持って観察する必要があると感じました。短所ではなく、長所を伸ばしてあげることを意識します。
  • 個々にあった手段でティーチングとコーチングを行っていき、最終的には全員コーチングでの指導ができるようなコミュニケーションを目指します。また、後輩の育成においてGROWモデルを活かしたいです。
  • ケースワークで話し合いをした事例で、指示待ちの部下への対応について話し合った結果をさっそく実践します。未来への展望・メリットを話すという視点はなかったので、このこともチャレンジしていきたいです。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.7
講師がとても良い・良い
96.7

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修