(官公庁・自治体向け)主事・技師級研修~主体性の発揮(冊子教材・テスト付き)

(官公庁・自治体向け)主事・技師級研修~主体性の発揮(冊子教材・テスト付き)

組織内の「主体者」へと成長するための3つのスキルを習得する

商品No.DS870003

レンタル視聴プラン(冊子教材・テスト付き)の申込期限は、視聴開始日の3週間前の月曜日です。
ご希望の視聴開始日と申込期限日をご確認の上、お申込みください。

対象者

  • 若手層

・入職2~5年程度の若手職員の方
・指示された業務は一通りこなせるようになった若手職員の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 目の前の仕事を処理することに精一杯で、後輩の手本になれるか自信がない
  • 先輩や上司から、受動的な仕事の仕方から早く脱却するよういつも指導を受けている
  • 周りの人を巻き込んで、より高度な仕事にチャレンジしたい

研修内容・特徴OUTLINE・FEATURE

サンプル動画

新規採用職員の時期が過ぎ、若手職員の立場になると、仕事の進め方も変化させていくことが求められます。上司や先輩から指示を受け、その指示された通りに仕事をすることが当然だったこれまでとは異なり、主体者として自発的に組織に貢献する姿勢が肝要です。
本動画では、行政機関の主事・技師級職員が主体性をもって業務に取り組むため目的意識・仮説思考・判断基準について解説します。また、組織に改善をもたらすための考え方の基本や、周囲を巻き込む取り組みに欠かせないスキルについても学びます。

到達目標GOAL

  • ①仕事の目的を意識し、そこから逆算した行動ができる
  • ②正しい判断基準をもち、自ら考えて動くことができる
  • ③仮説思考を身につけ、より早くPDCAを回すことができる
  • ④周囲を巻き込み、難しい仕事にも前向きにチャレンジできるようになる

収録内容DETAIL

収録時間: 0:43:33

プログラム例
内容
  • 1.これからの役割を考える
    (1)若手職員に求められる役割
    (2)現状を受け入れる
  • 2.主体的行動のためのスキル① ~目的意識
    (1)仕事の目的を常に意識する
    (2)「目的」「目標」「手段」の違い
  • 3.主体的行動のためのスキル② ~仮説思考
    (1)主体的に行動するために ~「先を読む」
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    (4)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    (5)仮説構築の基本は「ゼロ」から
  • 4.主体的行動のためのスキル③ ~判断基準
    (1)主体的行動とは「判断」基準を持つこと
    (2)ビジネスの基本となる判断基準 ~QCDRS
    (3)優先順位を決める判断基準 ~重要度×緊急度
  • 5.組織全体に関わる身近な改善に取り組む
    (1)改善活動の取り組み ~4つのルール
    (2)身近な「もう少し」とその原因を考える
    (3)「もう少し」をどのように改善するか
  • 6.「周囲を巻き込んだ取り組み」へスケールアップ
    (1)上司や同僚、後輩を巻き込む力
    (2)周囲を納得させるための目標設定

受講者の声VOICE

  • 主体性の発揮には、まずは今直面している仕事が何を目的としているのかを掴むことが重要で、そのために何をどのように進めていけばいいのかを考える必要があると改めて理解できました。先を読むための仮説力が足りないことで、主体性がないと相手に思われてしまうことも分かりました。上司の判断材料を理解して、自分の課題点をPDCAサイクルに乗せて改善していけば、効率的に仕事を処理できるようにもなって一石二鳥だと思いました。

価格PRICE

本コンテンツについては、以下のパターンから購入・視聴プランをお選びいただけます。

■eラーニングコンテンツ購入プラン ~買い切りプラン

eラーニングコンテンツを購入できるプランです。
自社内で長期的に、繰り返し、複数の社員が視聴する場合は、こちらのプランがおすすめです。
納品方法は、データ、USB、DVDからお選びいただけます。

会員サイトWEBinsourceからお申込みいただくと「お得に(割引適用)」かつ「後払い」で購入いただけます。WEBinsourceの詳細・ご登録はこちら

HPから直接お申込みいただくと、納品前に入金いただく必要がございます。サービスご提供までにお時間をいただきます旨、ご了承ください。

クラウドデータにて買い切り

DVDにて買い切り~動画データをDVD-Rに書き込んだ形式(DVDプレーヤーでの視聴不可)

USBにて買い切り

■動画研修(冊子教材付きeラーニング 1週間レンタルプラン)

¥3,080(税込)~/人  
  (※設定費込み)

動画研修は、冊子教材付きeラーニングを1週間限定でご受講できるレンタルプランです。冊子教材を見ながら臨場感のある講師登壇映像を受講できる他、配信システムを介しての個人ワークや確認テストといったアフターフォローもご用意しています。

  • ご受講者さまのメールアドレスにて、コンテンツの視聴状況を管理させていただきます。個人アドレスがない場合は、複数人で使用している「共通アドレス」を受講者情報の登録時に、記入ください
  • 通常のレンタルプランとは仕様が異なりますので、以下の内容を必ずご確認ください

STEP

1

お申込み・ご入金

お申込みの方法(経由)によって、請求のタイミングが異なりますので、ご確認ください。

■先払い:動画百貨店ページからお申込み

ホームページからのお申込みについては、サービスをご提供する前に、お振込み・ご入金をしていただく必要があります。お申込みを確認し次第、請求書をお送りいたします。ご確認ください。

■後払い:WEBinsourceからお申込み

WEBinsource経由のお申込みについては、月末にまとめてご請求さしあげますので、事前のお振込み・ご入金は不要です。

STEP

2

冊子教材印刷納品・eラーニングシステムID発行

ホームページ経由のお申込みについてはご入金を確認し次第、WEBinsource経由のお申込みについてはお申込みを受付次第、動画教育に必要な冊子教材と動画視聴用の情報をお送りいたします。

インソースからご担当者さま 
■印刷した冊子教材(紙冊子)の納品

インソースからご担当者さま宛に、動画に関連する冊子教材(紙冊子)を人数分、お送りいたします。
恐れ入りますが、レンタル視聴開始日に間に合うよう、ご受講対象者さまに冊子教材を転送・展開ください。

インソースからご受講者さま 
■メールにて動画視聴のためのログイン情報を送付

インソースからご受講者さま宛に、メールにて視聴用のサイト情報、ログイン情報をお送りいたします。
メールは、レンタル視聴開始の前週金曜日に届くよう設定しております。

STEP

3

冊子教材配布

ご担当者さまからご受講者さま 
■冊子教材を配布

インソースから直接受講者さまへ冊子教材納品は承っておりません

STEP

4

動画視聴(研修受講)…指定された月曜日~日曜日の1週間

ご受講者さま 
■受講前に冊子教材を読んだうえで、eラーニングを受講

ご受講者さまにて、動画視聴専用サイトにログインいただき、eラーニングをご視聴いただきます。
お手元には冊子教材をご用意ください。

STEP

5

個人ワーク・確認テスト回答

ご受講者さま 
■研修受講後、個人ワークと確認テストを回答

ご受講者さまにて、動画視聴後、そのまま動画視聴専用サイト内で、研修効果を高めるための個人ワークと確認テストに取り組んでいただきます。

STEP

6

成果物送付

インソースからご担当者さま 
■ご受講者さまの視聴状況レポート・個人ワーク回答結果を送付

視聴期間を終えた後、インソースよりお申込み担当者さま宛に、各視聴者さまの視聴状況を記したレポートと受講者さまのワーク回答結果をCSVファイル(Excel)でお送りいたします。

会員サイトWEBinsourceからお申込みいただくと「お得に(割引適用)」かつ「後払い」で購入いただけます。WEBinsourceの詳細・ご登録はこちら

HPから直接お申込みいただくと、納品前に入金いただく必要がございます。サービスご提供までにお時間をいただきます旨、ご了承ください。

レンタルスケジュール

お申込み期限は、視聴開始日3週間前の月曜日です。
当社システムの都合上、期限を過ぎたお申込みはお受けできかねますため、お早めのお申込みをお願いいたします。

本研修に関連する全力Q&A

~様々なeラーニングサービスについて詳しくご説明

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!