loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

マーケティング研修 ~基礎から応用まで徹底編(3日間)

マーケティング研修 ~基礎から応用まで徹底編(3日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B MKT430-0100-0172

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

マーケティングの基礎から、実践で使えるスキルまでを短期間で習得したい方

研修内容・特徴outline・feature

3日間でマーケティングの基礎から応用までを実践的に身につける研修です。

1日目は、基礎編としてマーケティングの基本フレームワークを身につけます。
2日目は、顧客の抱える問題の解決という観点から、製品導入について考えます。
3日目は、応用編として、顧客分析を通して、顧客満足度向上のためのサービス提供体制の構築を考えます。

研修プログラム例program

研修プログラム例 (1日目/3日間)
内容
手法
  • 1.マーケティングの基本と枠組み

    ~マーケティングの本当の意味を理解し、基礎を固める

    1. マーケティングの取り組み方
    2. マーケティングとは何か
    3. ブランドとブランド価値
    4. 具体的に何をすればいいのか
    5. マーケティングを行うメリットは何か
講義
  • 2.マーケティング戦略と計画

    ~市場情報の収集と活用など、ライバルに勝つ戦略を学ぶ

    1. マーケティング計画の内容
    2. 市場環境を分析する
講義
演習
  • 3.「違いある価値」商品企画・戦略立案の進め方

    ~価格競争を避け事業を成長させるには、何が必要か

    1. 成熟市場でのビジネスチャンスの見つけ方
    2. ターゲットのお客様が成功の決め手
    3. 「違いある価値」をつくりだす
講義
演習
  • 4.市場での結果を生むマーケティング実務の進め方

    ~ライバルに差をつける戦略、マーケティングミックスを学習

    1. 激変する流通チャネルと取り組み方
    2. 大きく変化する価格戦略
    3. 新しい考え方
    4. 具体例に見る
講義
演習
  • 5.これだけは知っておきたい最新のマーケティング動向

    ~今後のマーケティングの行方や、IT革命の影響について学ぶ

    1. トータルソリューション
    2. eビジネスとeビジネスモデル
    3. ワン・トゥ・ワン・マーケティング
    4. SCM(サプライチェーンマネジメント)とマーケティング
    5. B2B、B2Cマーケティング
    6. 顧客データベースの活用
講義

研修プログラム例 (2日目/3日間)
内容
手法
  • 1.生涯顧客の収益最大化の重要性
講義
  • 2.既存顧客の満足度向上の重要性
講義
  • 3.顧客の問題点を発見する

    【事例1】
    顧客が製品を利用する上で、顧客が悩んでいる点を挙げる
    ~ブレイン・ストーミングにより、問題点を10個以上あげてもらう
    【事例2】
    問題点を以下の観点に分類し、グルーピングを行い階層化する

    1. 製品に直接的に関係するもの
      複合機の使い方が、職員全員に伝わっていない
    2. 製品に間接的に関係するもの
      ~問題点の構造化を行う(解決方法を検討する準備となる)
      複合機→コピーだけでも使い方が複雑→マニュアルも分厚い
      →頻繁には使わない人にはわかりにくい
      →そもそも何ができるのかすら知らない
      →頻繁に使う人でもすべての機能を使いこなしていない
      →必要な機能をブ厚いマニュアから読み出すのは難しい
    3. 問題点に漏れがないか「モレなく、ダブリなく」検討する
      ~男性・女性、大企業・中小企業・零細企業等の分類で検証する
講義
演習
グループ討議
  • 4.問題の解決方法を検討する

    【事例3】問題に対する解決方法を少なくとも3つ挙げる
    導入時研修、導入後研修、定期研修、定期訪問コンサルティング
    ニュースレター、オンラインヘルプ、フリーダイアル・・・

講義
演習
グループ討議
  • 5.解決方法を検証し、決定する

    【事例4】効果、コスト、導入の容易さの3つの観点から総合的に選択する
    ~マトリックスを作成し、意思決定のポイントを明確化する
    導入後研修(アンケートにより研修内容をより効果的にする)
    ⇒何ヵ月後にすべきか? 研修場所は会社がよいのか?
     業務時間前後での違いはあるか? 対象は誰にするか?
     研修項目はどのようなものがよいか?
     講師は誰がすべきか?
    時間はどのくらいが適切か?
     講義形式がいいのか?
     複合機の前でのプレゼンテーションがいいのか?
     コスト負担をどう考えるのか?

講義
演習
グループ討議
  • 6.解決方法を全体のノウハウとして共有化する

    【事例5】顧客満足度向上のベストプラクティスを会社全体で取り組む
    基本的なパターンをいくつか設定して、キャンペーン的に
    実施する/満足度を測るメジャーを設定する/
    トライ・アンド・エラーでベストプラクティスを探る

講義
演習
グループ討議
  • 7.まとめ
講義

研修プログラム例 (3日目/3日間)
内容
手法
  • 1.優良顧客のデータを調べる
    1. 優良顧客の属性を分析する
    2. 既存の優良顧客の定義を再検討する
    3. 何か共通する特徴や特性がないかをもう一度、分類する
講義
演習
  • 2.平均的な顧客の購買履歴を調べる

    ~マーケティングの本当の意味を理解し、基礎を固める

    1. 生涯収益という概念は、貴社にとって有益な概念なのか
    2. 既存顧客の維持が本当に新規獲得より優先すべきか
      ~ロイヤリティ・カスタマーは、実は値引きを要求したり、特別なサポートを要求したりする
    3. 契約の成功パターンは、どのようなものかを検証する
講義
演習
  • 3.サービスという観点から新しい優良顧客像を特定する
    1. 今までとは違う切り口で顧客を分類する
      ~空港内飲食店、レコード店の事例
    2. その分類ごとの顧客の特性をチェックする
グループ討議
  • 4.サービスを提供する体制を考える
    1. サービスを提供するために、現在の体制でできることをあげる
      ~全員が同時にすべきこと、できる人だけすべきこと、やってもやらなくてもいいことに分ける
      すぐにやること、時間をかけて始めること、やらないこと、を決める
    2. 現在の体制ではできないことをあげる
      ~なぜできないのかを、障害となっているモノ、コト、人を検討する
      できるためのプロセスを検討する。コスト、プロフィットを検討する
グループ討議
  • 5.顧客満足度向上のための体制には何が必要か
    1. 以下のポイントを押さえながら、体制に必要なモノ、コト、考えをあげる
      ・顧客からの情報をどのように収集するか
      ・顧客からの情報をどのように共有するか
      ・その情報を意思決定のプロセスに組み入れるか
      ・意思決定のプロセスに誰がどのように参画するか
      ・結果をどのように情報共有するのか
    2. 共有すべき情報のフォーマットを考える
グループ討議
  • 6.まとめ
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     29名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々な事例により大変理解が深まりました。時代、業界、市場の流れを見て、戦略を練ることを意識していきたいと思います。
  • いろいろな視点、外部環境を取り入れながら、業務に活かしていきたい。また、開発の方・サービスの方との話し合いもが出来たことも良かった。
  • 市場動向を見据え、何をいつどの様に販売するのかを生産計画に落とし込んで活かしていきたい。

実施、実施対象
2017年 12月     28名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回学んだことをもとに、まずは社内外の諸施策において、マーケティング的視点で洞察することから始めたいと思います。
  • 分かりやすい事例を交えて体系的に学べたので、マーケティングの内容をよく理解することができました。
  • マーケティングについて再認識することができました。現在研究・開発している分野での使い方を考えて、業務を進めていこうと思います。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

マーケティング研修
年間総受講者数
1,588
内容をよく理解・理解
93.7
講師がとても良い・良い
89.0

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

思考力の使い方

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!