loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新市場開拓のための戦略研修~新たな市場を見つけるフレームワーク編(1日間)

新市場開拓のための戦略研修~新たな市場を見つけるフレームワーク編(1日間)

ブルー・オーシャン戦略や、STPマーケティングなどのフレームワークを駆使して、新たな市場を創出する

研修No.B MKT430-0500-3763

対象者

  • 管理職層
  • 部長・経営層

・事業部門の管理職や経営企画、営業企画、マーケティング部門の方
・マーケティングのスキルをさらに強化したい方

研修内容・特徴outline・feature

成熟したマーケットにおいて事業の内容や規模を拡大していくためには、新たな市場を開拓していくことが欠かせません。本研修では、様々なフレームワークを使って新市場の開拓の可能性を探り、具体的に貴社の商材に当てはめたワークを通じて、組織戦略の立案に役立てていただきます。

研修のゴールgoal

①隣接市場を開拓するアンゾフの成長マトリックスを理解できる
②レッド・オーシャンで戦うためのポーターの3つの基本戦略を理解できる
③ターゲットを絞り込んで攻めるSTPマーケティングを理解できる
④新たな市場を創出するブルー・オーシャン戦略を理解できる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1. 新たな市場の見つけ方とは
    (1)参入すべき市場はどこにあるのか?
    【ワーク】もしあなたの会社が、事業拡大のために新たな市場に進出するとしたら、どんな市場が考えられるかを考える
    (2)開拓する市場を見極めるフレームワーク
講義
ワーク
  • 2. 隣接市場を開拓する ~アンゾフの成長マトリックス
    (1)「製品」と「市場」を軸に成長の可能性を探る
    (2)最もリスクの少ない成長戦略
    【ワーク】自社で現在取り扱っている主な製品(商品やサービス)を記入し、現在展開している市場(顧客)を洗い出した上で、製品は変えずに新たな市場として進出することで、拡販できそうな未開拓市場を書き出す
講義
ワーク
  • 3. レッド・オーシャンで戦う ~ポーターの3つの基本戦略
    (1)既存市場はほとんどが"レッド・オーシャン"
    (2)レッド・オーシャンで戦うための戦略
    (3)新規参入者は「集中戦略」が賢明
    【ワーク】自社で現在取り扱っている製品(商品やサービス)を、レッド・オーシャンである市場に新規投入するにあたって、どのように集中戦略を展開することで競争優位を獲得できるかを考える
講義
ワーク
  • 4. ターゲットを絞り込んで攻める ~STPマーケティング
    (1)市場を細分化して「勝てそうなところ」を探す
    (2)STPマーケティングの具体的手順
    【ワーク】STPマーケティングのフレームワークを使って選定した「今後攻めていきたいセグメント」について、なぜそこをターゲットに選んだのかを考える
講義
ワーク
  • 5. 新たな市場を創出する ~ブルー・オーシャン戦略
    (1)ライバルのいない市場を自ら創り出す
    (2)「差別化」と「低コスト化」でバリュー・イノベーションを起こす
    (3)「差別化×低コスト化」がバリュー・イノベーションを生み出す
    (4)差別化と低コスト化の両立のための「4つのアクション」
    【ワーク】ある会社の事例を読んで、どのようなアプローチで「差別化」と「低コスト化」を実現し、新市場を開拓したのかを考える
    (5)アクション・マトリクスを活用する
    【ワーク】自社のサービスをアクション・マトリクスに落とし込む
    (6)魅力的な市場を見つけるために ~6つのパスで新市場を見つける
    【ワーク】6つのパスを自社の商品・サービスに置き直して考えてみる
講義
ワーク
  • 6. 本日の研修のまとめ
ワーク

5451

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2019年7月     10名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 新規活動する上での考え方、動き方の参考になりました。
  • ダーゲット視点を心がけながら営業をしていきたい。
  • 売り手の視点、買い手の視点など、どの立場、考え方、モノやサービスの捉え方を仮説を立てて具現化して行ければと思います。

実施、実施対象
2019年3月     11名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 営業とマーケティングが関係していることはわかっていたが、その役割や仕事の詳細が理解できた。STPは今までなんとなく行っていたので、練習して使えるようになりたい。
  • マーケティングについて理解を深めることができました。 ブランド力にあった品質の原料供給、目指すべき目標に向かって実行し結果につなげていきます。
  • 担当している開発業務にマーケティングの手法を取り入れていきます。

関連の研修を探す


下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる