loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

新市場開拓のための戦略研修~新たな市場を見つけるフレームワーク

新市場開拓のための戦略研修~新たな市場を見つけるフレームワーク

ブルー・オーシャン戦略や、STPマーケティングなどのフレームワークを駆使して、新たな市場を創出する

研修No.4300103

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 管理職層
  • 部長・経営層

・事業部門の管理職や経営企画、営業企画、マーケティング部門の方
・マーケティングのスキルをさらに強化したい方

研修内容・特徴outline・feature

成熟したマーケットにおいて業容を拡大していくためには、新たな市場を開拓していくことが欠かせません。本研修では、様々なフレームワークを使って新市場の開拓の可能性を探り、具体的に貴社の商材に当てはめたワークを通じて、組織戦略の立案に役立てていただきます。

到達目標goal

①隣接市場を開拓するアンゾフの成長マトリックスを理解できる
②レッド・オーシャンで戦うためのポーターの3つの基本戦略を理解できる
③ターゲットを絞り込んで攻めるSTPマーケティングを理解できる
④新たな市場を創出するブルー・オーシャン戦略を理解できる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.新たな市場の見つけ方とは
    (1)参入すべき市場はどこにあるのか?
    【ワーク】もしあなたの会社が、事業拡大のために新たな市場に進出するとしたら、どんな市場が考えられるかを考える
    (2)開拓する市場を見極めるフレームワーク
講義
ワーク
  • 2.隣接市場を開拓する~アンゾフの成長マトリックス
    (1)「製品」と「市場」を軸に成長の可能性を探る
    (2)最もリスクの少ない成長戦略
    【ワーク】自社で現在取り扱っている主な製品(商品やサービス)を記入し、現在展開している市場(顧客)を洗い出した上で、製品は変えずに新たな市場として進出することで、拡販できそうな未開拓市場を書き出す
講義
ワーク
  • 3.レッド・オーシャンで戦う~ポーターの3つの基本戦略
    (1)既存市場はほとんどが"レッド・オーシャン"
    (2)レッド・オーシャンで戦うための戦略
    (3)新規参入者は「集中戦略」が賢明
    【ワーク】自社で現在取り扱っている製品(商品やサービス)を、レッド・オーシャンである市場に新規投入するにあたって、どのように集中戦略を展開することで競争優位を獲得できるかを考える
講義
ワーク
  • 4.ターゲットを絞り込んで攻める~STPマーケティング
    (1)市場を細分化して「勝てそうなところ」を探す
    (2)STPマーケティングの具体的手順
    【ワーク】STPマーケティングのフレームワークを使って選定した「今後攻めていきたいセグメント」について、なぜそこをターゲットに選んだのかを考える
講義
ワーク
  • 5.新たな市場を創出する~ブルー・オーシャン戦略
    (1)ライバルのいない市場を自ら創り出す
    (2)「差別化」と「低コスト化」でバリュー・イノベーションを起こす
    (3)「差別化×低コスト化」がバリュー・イノベーションを生み出す
    (4)差別化と低コスト化の両立のための「4つのアクション」
    【ワーク】ある会社の事例を読んで、どのようなアプローチで「差別化」と「低コスト化」を実現し、新市場を開拓したのかを考える
    (5)アクション・マトリクスを活用する
    【ワーク】自社のサービスをアクション・マトリクスに落とし込んでみる
    (6)魅力的な市場を見つけるために ~6つのパスで新市場を見つける
    【ワーク】6つのパスを自社の商品・サービスに置き直して考える
講義
ワーク
  • 6.本日の研修のまとめ
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.1%

講師:大変良かった・良かった

94.6%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年6月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 数を撃てばあたるという考え方では簡単に新事業のテーマを抽出できず、抽出には様々な手法があることが勉強になりました。視野を広げて他部署とも協力して計画を練る必要性を感じました。
  • 新事業のテーマ探しの業務に活用します。新商品づくりやエリア展開の考え方に活かしていきたいです。
  • あまり飛び込みたくないレッドオーシャンも、視点を変えればその中でも泳げるチャンスがあり、ブルーオーシャンの発掘は思ったほど難しくないことが分かりました。新規事業を考える幅が広がったと思います。

実施、実施対象
2020年10月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 4つのフレームワークを活用して、新規事業開発に役立てていきたい。
  • 自社事業の課題やポジションを整理するツールとして使いたい。自社に戻って、グループで議論する際にも今回のツールは役立つと思う。
  • 日常業務の中で慣例的に行っていたプロセスを見直し、より顧客価値創造の精度を高めていきたい。
  • STPマーケティングの縦・横軸をしっかり考えたい。

実施、実施対象
2019年12月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 本日ご紹介いただいたフレームワークを活用して自社製品サービスを詳細に分析してみます。新規ビジネスを創出するきっかけにしたいと思います。
  • ブルーオーシャンに行う働きかけ、外国人価値目線の確認ができました。
  • 新市場開拓のために、今日学んだマトリクスを用いると、どの分野を開拓して良いかが分かりやすくなり、今後活かしたい。

実施、実施対象
2019年11月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 自社製品・サービスの強みを理解し、どのようおな顧客にどんなサービスを提供すればよいか考えて提案活動を行いたい。
  • レッドオーシャン戦略について活かしていきたい。
  • 普段営業をしていて今後もこのまま「売りのプロフェッショナルを目指したいのか」と迷っている時にに参加して、この研修で色んな方と出会い、開拓や製品づくりの面白さを学びました。今後は視野を広くして、自社のポジション等を考えながら営業し、いつかは社内起業等していきたいです。
  • マトリクスにおとすことで見える化され、自社のいる位置や方向性がわかりやすくなった。
  • 市場のセグメンテーションをしっかり行って、新規事業創出に活かしていきたい。

実施、実施対象
2019年9月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 開発する製品が顧客ニーズに合うよう、最適なテーマ設定ができるよう、本研修のツールを活用したい。
  • 新規市場開拓に向け今日習ったフレームワークを繰り返し練習し身につけたいです。
  • 新企画立案の時にフレームワークをとして取り入れたい。社内会議で実践したい。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
94.1
講師がとても良い・良い
94.6

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修