loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

OJT研修~ティーチング力を磨く編(1日間)

OJT研修~ティーチング力を磨く編(1日間)

業務スキルと知識を付与する、指導初期のティーチングのコツとは

研修No.B COH257-0000-4690

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層

・初めて新人に業務を指導する方
・ティーチングとコーチングの適切な使い分けを知りたい方
・早期に新人を一人立ちさせたいOJT担当者

よくあるお悩み・ニーズ

  • 後輩の教育係を任されたが、指導にあたり準備しておくべきことや指導の具体的な進め方を学んだことがないので不安だ
  • 教えたい業務は決めたが、その業務をどのように伝えたら全体像を理解してもらえるのかが分からない
  • 指導対象者が今持っている知識やスキルのレベル、本人の特性に応じて段階的な成長を促す指導をしたい 
  • 指導開始から3カ月ほど経過したが、当初の計画通りに指導対象者が知識やノウハウを習得できていないので、自身の指導方針を改める必要があると感じている

研修内容・特徴outline・feature

業務に不慣れで社会人経験も少ないメンバーへの教育は、ティーチング指導が有効です。本研修ではその冒頭でOJT手法の中のティーチングとコーチングの効果的な使い分け、仕事をするうえでの社会人に相応しい考え方を伝えるポイントをつかみます。仕事の全体像を解説する場面においては、一つひとつの仕事を個別に考えるのではなく、前後の仕事との関係性もあわせて伝えることの重要性を説きます。やってみてやらせてみるという順序、答えを与えすぎないなどの細やかな指導の秘訣を体得いただけます。

到達目標goal

  • ①ティーチングとコーチングの使い分け方を理解できる
  • ②ティーチングを実践する前の準備事項や業務の実践的な伝え方を学び、本番に備えられる
  • ③コーチングへと移行するコミュニケーションの取り方が分かる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.業務指導を考える
    【ワーク】メンバーを指導するにあたり、難しいと感じていることを共有する
ワーク
  • 2.業務指導の基本
    (1)ティーチングとコーチングの使い分け
    (2)OJTを通して「社会人としてのフレームワーク」を伝える
     ①公私を分けて考える
     ②相手からの視点で考える
     ③組織の秩序に則って考える
講義
  • 3.業務指導実践テクニック① ~ティーチング
    【ワーク】指示をするうえでの工夫や難しいと思っていることを洗い出す
    (1)事前準備
    (2)仕事の全体像を教える
    【ワーク①】メンバーに指導する仕事を一つ挙げ、その流れを書き出す
    【ワーク②】上記①の流れの一部を、何を・なぜ・いつまでに・どのように伝えるかを考える
    【ワーク③】2人一組になり、②の指示を互いに出し合いフィードバックする
    (3)メモを取らせる
    (4)やってみる・やらせてみる
    (5)教えた内容を確認する
講義
ワーク
  • 4.業務指導実践テクニック② ~コーチング
    (1)コーチングの基本的な考え方
    (2)コーチングの前提
    (3)コーチングの効果
    (4)傾聴のスキルとは
    (5)質問のスキルとは
    【ワーク】指導メンバーが抱える問題を訊きだし、対策を考える
    (6)承認のスキルとは① ~ほめる
    (7)承認のスキルとは② ~叱る
    【参考】面談のポイント
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    【ワーク】指示待ち、計画的に仕事を進められないなどのよくあるケースで、どのように指導・育成していくかを考える
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り、明日から職場で実践することを書き出す
ワーク

7268

1385231

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年11月     25名
業種
その他協同組合
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96%
参加者の声
  • 言葉一つで相手の捉え方も変わってくるのでより丁寧な言葉遣いするよう心掛けます。名前を呼んで話しかける、よい兆候がみられたら褒めるなど実践します。
  • 自分の考えを伝える時に相手の立場に立って伝える事を意識します。褒める・叱る・感謝をしっかり表現していこうと思いました。
  • 人ではなく事を叱るというのはとても大切だと感じました。しっかり相手の話を聴き、信頼関係が築けるように努めます。

開発者コメントcomment

ティーチング・コーチングを適切に使い分けられるようにして、実践的にそれらのスキルを身につけさせたいというお客さまのご要望に沿って開発したプログラムです。特にティーチングのフロー、実指導に入る前に準備しておく資料やPC環境、実指導時に何をどのように伝えるのかや相手の理解度を把握するコツについて詳細に解説し、現場での実践につなげるための実践ワークで学びを体得いただける構成です。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コーチング研修の評価
年間総受講者数
5,968
内容をよく理解・理解
94.0
講師がとても良い・良い
93.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる