プロフェッショナルマインド徹底強化研修(3日間)

1108プロフェッショナルマインド徹底強化研修(3日間)

B NEP304-1700-1108

18/09/13 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

■プロフェッショナルを目指す

会社という組織の「利害関係者(ステークホルダー)」「お金と人の流れ」を理解し、 プロフェッショナルマインドを発揮することのできる人材の養成を目指します。

■プロフェッショナルに求められる4つの能力

1.判断力
何が最適なのか?を判断することがプロフェッショナルには求められます。 そのためには、多面的な視点、相手の立場に立って物事を考える視点、 中長期的な損得判断が出来るようにならなくてはなりません。

2.コミュニケーション力
仕事は一人でやるものではなく、みんなでやるものです。 なぜなら一人では追求できなかった価値提供も、複数の力が合わさることで、 より大きな価値提供に繋がり、且つ効率が高まるからです。

3.徹底した準備力
単にプランをたてるだけではなく、実際に移す前にとことんまで実現性を考え抜き、 抜け漏れのない計画をたてて徹底的な準備を行わなくてはなりません。 余念なく考え抜くことが質の追求・ひいては相手の満足を得ることに繋がるのです。

4.実践力
せっかく選んだゴール(目標)も、せっかくたてた計画も、結果が出るまでやりぬかなければ、 ただの絵に描いた餅に過ぎません。そのためにもPDCAを回しながら、考動することが重要です。


研修プログラム例

B NEP304-1700-1108

研修プログラム例 (所要時間:1日目/3日間)
  内容 手法
 
  • ビジネスとは何か
    会社の目的とは何か ~企業が追求する二つの目的
    1. 継続的な価値提供と提供価値の最大化
    2. 利益の最大化
講義
  • プロフェッショナルとは何か
    1. 【ワーク】
      プロフェッショナルの仕事について考える
    2. プロフェッショナルとは何か
      会社の目的[提供価値の最大化と利益追求]に最大限貢献できる人材
    3. プロフェッショナルの要件
      ~3日間のゴールイメージとは
      ①「会社とは何か」を理解している
       ~どのように利益が生み出され、誰に価値を提供しているのかを知る
      ②「仕事とは何か」を理解している
       ~ひとつの価値が提供されるまでのプロセス(=バリューチェーン)への理解
      ③プロフェッショナルに求められる能力を理解し、習得へ向けた一歩を踏み出している
    4. ビジネスパーソンとしての成長軌道とは
      ①ビジネスパーソンの成長軌道とは
      ②一定の目標を持つ
      ③学ぶ姿勢を持つ
      ④プロ意識を持つ
      ⑤チャレンジ精神を持つ
講義
ワーク
  • ビジネスゲーム:《ドミノハウス》
    目指すべきプロフェッショナル像を体感する

    ~ビジネスの本質・プロフェッショナルの仕事を体感するビジネスゲーム
      【ねらい】ビジネスの本質についての理解を深めるゲームです。以下の3点への気づきを促します。 ①ビジネスには相手(ゲーム内ではお客さま)からの期待値が起点である。 ②こだわりをもって、期待値を超えるサービス・商品を提供しなくてはならない。 ③より大きな価値をより多くの人に提供するためにはチームワークが欠かせない。
ワーク
  • 【プロフェッショナルに求められる能力①】判断力とは
    1. 多面的な視点で物事を粘り強く考える
      ①仕事・商品・サービスの品質を理解する(QCDRS)
      【ワーク】
       コピーとりをQCDSRで徹底的に考える
    2. 相手の立場にたって物事を考える
      【ワーク】
       ライバル会社の業務提携を上司に報告する
    3. 中長期的な損得勘定をもつ
      ①費用(投資)対効果を考えて動く
      ②目に見えない「損得」を考えて動く
講義
ワーク
  • 【プロフェッショナルに求められる能力②】コミュニケーションスキル
    1. チームワークを実現するコミュニケーション
    2. ホウ・レン・ソウとは
    3. 【ワーク】
      トンチンカンな報告をどう改善するか
講義
ワーク
  • 【プロフェッショナルに求められる能力③】徹底した計画性・戦略性
    1. 効率的に仕事をするための思考力
    2. 準備を徹底し、仕事で忘れ物をしない
      【ワーク】
      6サークルを活用する
    3. 合理性を考え、無駄な動きを排除する
    4. 仕事のミスとリスク
      ~起きてからの対処ではなく、起きないようにするのが本質
      【ワーク】
      リスク感知特訓
講義
ワーク

 

研修プログラム例 (所要時間:2日目/3日間)
  内容 手法
 
  • ■1日目の復習

    【プロフェッショナルに求められる能力④】実践力
    1. 成果を挙げるための実践力 ~8つのポイント
      ①明確なビジョンと目標設定
      ②コミットメント(本気)
      ③参加する ~当事者意識を持つ
      ④シェアする ~分かち合う表現する・共有する
      ⑤冒険する ~安全圏から行動を起こす
      ⑥責任(自分が源であることを知る)
      ⑦援助・貢献する ~人に援助貢献からかかわる
      ⑧徹底する ~当たり前の事を徹底してやる
    2. 自分に出来ていること、出来ていないことを整理する
講義
ワーク
  • ステークホルダーとは
    ~誰に対して価値を提供するのか
    1. 価値を提供する対象を知る
      ~企業を取り巻くステークホルダーの存在を知る
    2. それぞれのステークホルダーについて【会社が提供するもの⇔会社が得るもの】を知る
      ①顧客(製品・サービス⇔対価・売上)
      ②仕入先・協力先(対価・売上原価⇔原料・材料・部品・資源)
      ③従業員(対価【賃金】・一般管理費⇔労働力・時間)
      ④債権者(対価【金利】・営業外費用⇔融資)
      ⑤国・地方公共団体(対価【税金】⇔公共サービス)
      ⑥株主(対価【キャピタルゲイン・インカムゲイン】⇔出資)
講義
ワーク
  • ステークホルダーとの関係と会社の利益
    ~お金の流れ(キャッシュフロー)で理解する
    1. 売上高
      ステークホルダー:顧客
    2. 売上げ原価
      ステークホルダー:仕入先
    3. 売上総利益(粗利)
    4. 販売費及び一般管理費
      ステークホルダー:従業員 他
    5. 営業利益
    6. みなし税金
      ステークホルダー:国・地方公共団体
    7. 営業キャッシュフロー
    8. フリーキャッシュー
      ステークホルダー:債権者(銀行等)・株主
講義
ワーク
  • 仕事とは何かを知る
    1. 【ワーク】
      仕事とは何かを考える
    2. 仕事とは何か
      「ペットボトルのお茶ができるまで」を例に、お客様の手に商品(価値)が届くまでに 様々な役割の人々による様々なプロセスを経ることを理解していただきます。
    3. 仕事はチームワークが大事
      ~前工程と後工程の概念を持つ
    4. 仕事の発生-命令・指示の受け方
講義
ワーク

 

研修プログラム例 (所要時間:3日目/3日間)
  内容 手法
 
  • ■2日目の復習

    仕事の発生から完了まで
      仕事が発生し、完了するまでの流れを実際に使用される書類(見積書、発注書、検収書など)を 使用して、理解を深めていただきます。
    1. 企業間取引と伝票の流れ
    2. 見積書
      ①見積書の要件
      ②取引条件について
    3. 発注書と受注書
    4. 納品書と受領書
    5. 請求書
    6. 【ワーク】
      それぞれの書類について、もしその書類が存在しなければ お客さまと自社にとってどのようなデメリットがあるのかを考える
講義
ワーク
  • 仕事の進め方
    1. 仕事の手順 ~PDCAサイクルとは何か?
      ①目標・目的を明確にする
      ②方法を選択する
      ③手順を決定する
      ④実行する
      ⑤途中経過を確認・検証する
      ⑥変更などに対処する
    2. 大事なのは「筋書き」と「予測能力」
講義
ワーク
  • ビジネスゲーム:新規プロジェクト!
    ~価値がお客様に届くまで

    ~会社組織の中での「人の動き」を理解する
    【ねらい】
    顧客に価値を提供する際、どのような人を経由するのかを考える。どのような順番でどのように働きかけをすれば質の高い価値が提供できるのか、ビジネスの全体像を「組織の論理」と「人の動き」を 理解する
    【テーマ】
    新規プロジェクトのチャンス
    【進め方】
    1. 6サークルを用いて、『プロジェクトに関わる事柄』を徹底的に洗い出す
ワーク
  • 3日間のまとめ
    1. 会社とは何か、仕事とは何か、プロフェッショナルとは何かを整理する
    2. アクションプランを考える ~「プロフェッショナルへの道」
      ①目標の立て方
      ②実現できる目標設定
      ③【ワーク】
      3ヶ月間の目標シートと明日から必ず取り組むことを決めた宣誓書を 作成しグループ内(もしくはクラス全員の前で)発表
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2010年 10月     10名
業種
---
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ためになるお話が聴けました。プロの自覚を再確認するいい機会になりました。
  • 自分では(プロ)についてわかっているつもりでいたが、研修を受けてプロフェッショナルについてもっと具体的に知ることができました。
  • 非常にわかりやすく、時間が経つのが早かった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



新入社員研修・新人研修の評価
年間総受講者数
55,318
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
95.3

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
社会人としての基本
職場でのコミュニケーション
その他必須スキル
体感型
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

データ売り切り型eラーニング

インソースコラム アセスメント

インソースの新入社員研修

2019年度 新人研修お申込み受付中!新入社員研修

2019年新入の傾向と特徴

新入社員研修用テキスト販売

新人IT研修

ビジネス文書テキスト販売

徹底!ビジネス文書通信添削

階層別OJT研修

効果的な内定者研修を行うための7つのヒント

上司がうなる文書の書き方

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報