loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

オーナーシップ研修~相談力を高めて主体的に動く(1日間)

オーナーシップ研修~相談力を高めて主体的に動く(1日間)

チームに対し”プラスアルファ”の貢献ができるようになる

研修No.B MEP311-0000-4678

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・言われた仕事をこなすだけでなく、プラスαの動きをすることを期待されている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 上司や周囲に相談することが苦手
  • 自分の仕事以外の課題にどこまで関与していいかわからない
  • 上司やお客さまの言葉の先を読む力を身につけたい

研修内容・特徴outline・feature

オーナーシップとは、担当する業務を「自分の仕事」として主体的に捉え、強い使命感と熱意をもって、それに取り組む姿勢のことです。
本研修では、チーム全体の仕事や課題にも「当事者意識」を持って関わっていくマインドを養成します。主体的に行動するために大切な先を読む考え方「仮説思考」や上司や周囲を頼り適切なアドバイスをもらう「相談の仕方」などを学びます。

到達目標goal

  • ①オーナーシップとはなにかが理解できる
  • ②他者のフィードバックを適切に得ながら、主体性を発揮する方法を体得する
  • ③主体性を実現するために必要な仮説が立てられるようになる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.はじめに
    (1)前回研修の振り返り
    【ワーク】問題解決を現場で実践してみてうまくいったこと・うまくいかなかったことを振り返る
    (2)TM社員に求められる主体性
講義
ワーク
  • 2.仕事に求められるオーナーシップ
    【ワーク】普段の自分の傾向を改めて認識する
    (1)オーナーシップとは何か
    (2)オーナーシップがある人の行動
    【ワーク】冒頭のチェックシートの結果から、自身のオーナーシップ度を振り返る
    (3)オーナーシップを発揮するための要件
    (4)オーナーシップを育む組織風土
    【ワーク】「オーナーシップを育む環境」の観点から、自身の所属する組織は100点満点で何点か。その理由や課題を考える
講義
ワーク
  • 3.主体性を実現する仮説思考
    (1)主体的に行動するために ~「先を読む」
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    (4)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    (5)仮説構築の基本は「ゼロ」から
    【ワーク】お客さま対応の事例を参考に仮説を考える
    (6)仮説を立てたら「やり抜く」
講義
ワーク
  • 4.チーム内での役割 ~周囲を巻き込む中核になる
    (1)"自分事"の領域をチーム全体に広げる
    (2)周知力 ~チームにおけるハブとなる
    【ワーク】チーム内での周知力を上げるための工夫やノウハウを共有する
    (3)調整力 ~カギとなるインフォーマルコミュニケーション
    (4)関与力 ~おせっかいと越権行為の奨励
講義
ワーク
  • 5.相談力を高めて、的確なアドバイスをもらう
    (1)上司・先輩への相談を阻むもの
    (2)相談の前にすること
    (3)相談の意図を伝える
    (4)伝える情報を整理する
    (5)相談内容を考える
    【ワーク】問題解決企画書で計画した内容の中で、上司や先輩に相談したいものを選び、どのように相談するか考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を通じて気づいたこと、明日から実践しようと思ったことを整理する
ワーク

1404529

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年9月     14名
業種
コンサルティング・調査
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 主体性をもって業務にあたろうと思います。また、周囲を巻き込みながら仕事をします。仕事を依頼するときは何度もリマインドをして業務がスムーズに遂行するよう努めます。
  • どんな業務にも仮説や自分の考えをもって取り組みたいと思います。置かれている状況や自分の意見を周りにどう発信していくか伝え方も工夫し、より良いコミュニケーションにつなげます。
  • 主体性を発揮するためには他者を巻き込む必要性を学ぶことができた。そして相手を巻き込むためには、事実・仮定・自分の意見を合わせて伝えることで、スムーズに分かりやすく相手に理解されることが分かった。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中堅社員研修の評価
年間総受講者数
33,007
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
93.5

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!