高速道路業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

高速道路業界向け研修

高速道路業界向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

高速道路業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

都市と地方を結び、社会の重要なインフラとなっている高速道路は、工場や倉庫の建設、観光の活発化など、地方経済の発展に大きく寄与してきました。

一方で、多くの利用者がいる分、事故やクレームの発生はつきものです。「利用者の安全性・利便性」を追求することが業界の恒常的な課題であり、職員一人ひとりが、日々事故防止と業務改善、そして利用者満足度の向上に取り組んでいます。

インソースではこれまで多くの高速道路業界のお客さまに人材育成のサービスを提供してまいりました。作業時や道路そのものの安全管理のためには、リスクマネジメントや業務改善の意識づけが求められます。また、近年では利便性・サービスの向上の観点から、料金収受担当者のCS向上や、SAスタッフの接遇力を高めたいとお考えの組織が多いです。


高速道路業界向け研修の特徴とポイント

利用者・従業員の安全を確保する

業界が社会から最も求められていることは、何と言っても安全管理です。高速道路上での利用者の安全確保もさることながら、作業中の社員の事故防止にも十分な配慮が必要です。可能な限りヒヤリハットの発生を抑制するよう、普段から注意喚起を促します。

不正を起こさないコンプライアンス教育や、大災害が起きた際のマニュアルなどの整備も進めておくべきでしょう。

リスクマネジメント研修~危機察知力を高める編(半日間)
リスクマネジメント研修~再発防止のための真因追及と対策の徹底編(1日間)
オペレーションミス防止・事務ミス防止研修(1日間)
インシデントマネジメント研修 初期対応の重要性を理解する編(半日間)

利用者の満足度を高める、CS意識の醸成

近年の利用者は高速道路を利用する際、早く安全に目的地に到着すること以外にも、高い満足感を得たいと思っています。例えば気持ちよく料金所を通過したい、サービスエリアでの休憩時間も楽しみたいなどです。

顧客満足度の向上には、人と人が接する短い時間でもクオリティを高めることが近道です。「高速道路を利用する」という体験を価値あるものにするためのスタッフ教育が欠かせません。

インソースではホスピタリティ意識をどのように表現するか、クレーム発生時の対処の具体的ステップなど、CS・接遇に関する多種多様なプログラムを取り揃えています。

CS向上研修~ホスピタリティの意識を養う(1日間)
接遇研修 ~お客さまの心情理解を強化する編(1日間)
クレーム対応研修 ~基本編(1日間)

新しいビジネスを創造するために

若者の車離れが進み、高速道路利用料でこれまで以上に利益を上げていくためには、利用料以外の新たな収益源を生み出さなければなりません。制約にとらわれない自由な発想力・創造力を強化することで新規ビジネスの検討やイベント企画などに挑戦できるようになります。

他社事例を元にビジネスモデル検討の基本的な手順を理解し、自組織で活用できないか、その可能性を探る研修や、クリティカルシンキング、ラテラルシンキングなど既存のビジネスを疑い、イノベーションに結びつく思考法を身につける研修などをおすすめしています。組織内に蓄積しているデータを分析し、企画の根拠や検証の場面で活用できるようになることを目指すプログラムもございます。

ビジネスモデル企画研修(1日間)
ラテラルシンキング研修~新たな発想を出す力を養う(1日間)
創造力強化研修~クリエイティブシンキングのためのマインドとスキル(1日間)
ビジネスデータの分析研修 統計の基礎を活用する編(1日間)


高速道路業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

高速道路業界では、どのような研修を実施することが多いでしょうか?

A.高速道路業界では、利用者・従業員の安全を守るためのリスクマネジメントや、利用者満足を高めるための料金収受スタッフ向けのCS向上研修の実施を希望されることが多いです。

リスクマネジメント研修 ~リスクに強い組織を作る編(1日間)
CS向上研修~ホスピタリティの意識を養う

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられるという、高い研修効果を発揮することが可能となります。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキストの作成に反映することができるようになります。

受講者を集められる時間帯や曜日がかなり限定されるのですが、夜間や土曜祝日でも研修実施は可能ですか?

A.お客様のご要望に合わせて、開催する曜日や時間はご都合に合わせて開催可能ですので、まずは営業担当者にご相談ください。
過去にシフト勤務をされている店舗販売員の方に研修を実施した際には、出勤者の多い曜日の夜間に研修実施をさせていただきました。

業務の関係でなかなか集合させることが難しいのですが、集合研修以外でおすすめの教育の手法はありますか?

A.一人ひとり個別に受講させてもよい研修であれば、異業種交流型の「公開講座」にご参加いただくのがおすすめです。全国の会場で、複数の開催日程からご希望に合うクラスを選択いただけます。

短時間で効率的に教育したいという場合にはeラーニングをおすすめしています。動画教育のプラットフォームも弊社にて開発していますので、あわせてご検討ください。

公開講座ラインナップ
動画百貨店 動画教材・eラーニング一覧

ベテランの経験知識やノウハウなどを受け継ぐための研修はありますか?

A.はい、ございます。個人が持っている暗黙知を企業内で共有するための管理手法を「ナレッジマネジメント」といいます。ベテランが持っている「暗黙知」を言語化し「形式知」にすることで、業務に必要なナレッジを継承する研修がございます。

ナレッジマネジメント研修~暗黙知を伝承する

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

高速道路業界向けおすすめプラン

リスク管理のレベルを向上させタフな組織をつくるプラン

主に管理職を中心として、今の時代にそれぞれの立場で必要な「リスクマネジメントスキル」を習得してもらい、全社のリスク管理レベルの向上や業績の拡大、安定を目指す

あらためて全従業員がビジネスマナーを学び直すプラン

「若手の礼儀がなってない」と言われる一方で、「指導者のマナーも見本になってない」という組織向けに、階層・職種別にマナー研修を実施し、全社のスキルを向上させる

現状を疑い現場目線の発想で新規事業開発に挑戦するプラン

若手社員が現状の制約に縛られずにアイデアの創出をできるようにするプラン。「もっと〇〇だったらいいのに」と普段感じることを新規事業として企画し、組織の活性化を目指す

高速道路業界向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!