loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

Z世代の育て方研修(1日間)

Z世代の育て方研修(1日間)

Z世代部下の育った時代背景から、価値観や考え方を理解し、効果的な指導方法を身につける

研修No.B OJT255-1000-4704

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

・若手と年齢が離れていて指導に悩んでいる方
・若手と常識や価値観のギャップを感じ、関わり方に悩んでいる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新入社員・若手社員の価値観がわからず接し方に悩んでいる
  • 自分の受けた指導方法が通用せずどうしていいかわからない
  • 年齢差のある部下・後輩とどうかかわったらよいかわからない

研修内容・特徴outline・feature

上司の背中を見て育つ時代はとうの昔に終わり、今は一人ひとりの個性に向き合って育てる時代です。これまで関わりのなかった中堅層やミドル層にとっては未知の存在かもしれません。本研修ではZ世代の若手が育ってきた時代背景を振り返りながら若手の価値観を知ることで、どのように関わっていくべきか、を考えていただく研修です。個性に向き合う育成のポイントと指導者としてどのようにあるべきかを学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①Z世代の生きてきた時代背景と価値観を理解する
  • ②Z世代の価値観に合わせた育成方法を習得する
  • ③Z世代の育成において求められる指導者のあり方を理解する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.Z世代とは
    (1)X世代・Y世代からの流れ
    (2)Z世代の特徴
     ①アジャイルなキャリア観 ~お金のためには働かない
     ②デジタルネイティブ ~ものごころついた時にはスマホがあった
     ③強い承認欲求 ~「競う」よりも「評価される」
     ④多様性の広がり ~個性の重視と人間関係の希薄化
     ⑤やむを得ない自立心 ~上の世代に任せられない、頼れない
講義
  • 2.Z世代が育った時代背景を知る
    (1)若手から見た時代の変化
    (2)影響を与えた時代背景
     ①ゆとり教育と脱ゆとり教育
     ②進む少子高齢化
     ③生まれたときから低成長
     ④地球環境への問題意識
講義
  • 3.Z世代の価値観に合わせた育成方法
    (1)部下の個性に合わせて介入する
     ①意欲とスキル
     ②ストレス耐性と発信力
    (2)部下のキャリア観を尊重する
     ①「キャリアは自分で構築する」が当たり前
     ②相性の良いジョブ型雇用
    (3)公私の区別を受け入れる
     ①プライベートの開示は人それぞれ
     ②個別の事情を把握する
    (4)部下のモチベーション軸を考える
     ①お金よりも社会課題解決
     ②仲間への貢献
講義
  • 4.求められる指導者のあり方
    (1)メンター的な立ち位置が効果的
    (2)心理的安全性を確保する
    (3)個人に合わせたカスタマイズ指導
    (4)競わせない・危機感を煽らない
    (5)ほめるよりも貢献に感謝する
    (6)こまめなフィードバック
講義
  • 5.ケーススタディ

ワーク
  • 6.まとめ

講義

7287

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

年齢の離れたZ世代の部下・後輩は、人によっては未知の存在かもしれません。人は未知の相手に対して無意識に警戒してしまうものです。本研修を通してZ世代の若手がどのような時代に育ち、どのような価値観や考え方を持っているのかを知ることで、今後の部下指導や職場での関係性をより良好なものにしていただければ幸いです。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

OJT研修の評価
年間総受講者数
16,092
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
94.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!