レジリエンス研修

レジリエンス研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の特徴・目的

困難な状況に立ち向かう強さだけではなく、柔軟に受け止める考え方や、自らメンタルを立て直す方法を身につける

レジリエンス(Resilience)とは「精神的回復力」や「復元力」、「弾力性」、「耐久力」、「抵抗力」などと訳される言葉で、元々は物理学や生態学などの用語でしたが、最近では心理学の分野でよく使われています。また、安全工学やリスク管理の領域においても注目されている概念でもあります。「脆弱性(vulnerability)」の反対の概念で、「自発的治癒力」の意味を持ち、訳語を用いずそのまま「レジリエンス」、「レジリアンス」と表記して用いられることが多いです。

弊社のレジリエンス研修では、困難な状況に立ち向かう強さだけではなく、柔軟に受け止める考え方や、自らメンタルを立て直す方法を身につけることを目標としています。


レジリエンス研修のポイント

ある程度のストレスは自らの成長のためには必要なものと前向きに捉え、上手に付き合っていくことの重要性を伝える

考え方をポジティブに切り替える演習を通して、逆境を”チャンス”と捉えられるよう、感情のコントロール法を身につけていただけます。

明日からすぐに使える、困難な状況を乗り越える対処法が習得できる

エンロールマネジメント、マインドフルネス呼吸法など、知識をお伝えするとともに、実践していただきながら、スキルの習得を図ります。

ストレスに対する様々なアプローチ方法を学び、意識的にポジティブな自分を創ることを目指す

自分自身の考え方・行動パターンを把握し、仕事におけるストレスの現状を理解したうえで、肯定的に考えるための思考の切り替え方や、失敗した時の立て直し方、ストレスをためない工夫などをお伝えし、ご自身で考えていただいたり、グループ内で共有することで、仕事に対するモチベーションを高めます。

レジリエンス研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのレジリエンス研修の特徴はなんですか?

A.困難な状況やストレスに立ち向かう強さだけではなく、柔軟に受け止める考え方や自らメンタルを立て直す方法、つまり、乗り越えるための”考え方”と”方法”の両面を身につけることを目標としている点です。具体的には、実践的なワークを通じて自分と向き合いながら、感情コントロールの仕方や自尊感情・自己効力感の高め方を学んでいただきます。

新人や若手といった若者が主な受講対象者ですか?

A.確かに最近の傾向として、新人・若手社員のストレス耐性が特に低いということもあり、新人・若手社員のモチベーション向上や早期離職防止を目的にレジリエンス研修を実施されるケースは多く見受けられます。しかし、企業を取り巻く環境や日本社会そのものが、めまぐるしく変化しており、管理職や中堅社員の方向けに実施を検討されるご担当者さまも増えています。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

レジリエンス研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!