loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

シミュレーション研修

シミュレーション研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

ビジネスの「リアル」を想定して経験学習サイクルを繰り返し、学習効果を高める

研修を受講しても、なんとなく「できるようになったような気分」で終わってしまっては、研修効果は見込めません。「現場で起こる問題や課題との隔たりがある」「どこか現実感がなく、研修内容が腹落ちしない」などの状態に陥ると、研修の学びが実践につながらないものです。その打開策としては、「シミュレーション」の手法を活用した研修を行うことが効果的です。学びの内省や共有、実践などの場が得られ、実際の業務に活かしやすくなります。

自分が経験したことから学びを得ることを「経験学習」といいます。その学びを得た経験を次に生かすプロセスを重視した考え方は、組織行動学者のデービッド・コルブにより「経験学習モデル」と定義されています。経験学習サイクルは「経験→省察→概念化→実験」という4つのプロセスがあり、これを繰り返すことによって、人は知識を習得します。それぞれの要素が機能しないと、「ただ考えるだけ」「ただ行動するだけ」となり学習効果が半減してしまいます。リアルに作り込んだシミュレーションを実施することは、この経験学習のプロセスを繰り返すことの縮図として機能します。

インソースの「シミュレーション研修」では、実際にビジネスの現場で起こるシチュエーションを想定した一連のシミュレーションを体感することで、ビジネススキル上の課題をあぶりだすことができます。知識をただ得るだけではなく、演習をふまえ、自身の体験(経験)を振り返り(省察)、学びを得て(概念化)、研修内で学んだ知識を応用した更なる実践(実験)が可能です。弊社では、新人向けから管理職向けまで、幅広くシミュレーション研修のプログラムをご用意しており、業種・職種別のカスタマイズも対応します。

シミュレーション研修のポイント

新人研修の総仕上げとして「ビジネス現場のリアル」を体験

新人研修で学んだ知識を定着させるには、実践でのアウトプットが大切です。「新入社員向け実践シミュレーション研修」では、アポイント獲得、お客さま訪問、企画提案、プレゼンテーションを想定した一連のシミュレーションを実施します。より職場に近い状況の中で知識のアウトプットをすることで、自身のビジネススキル上の課題と意識を明確にし、今後の成長につなげます。新人研修の総仕上げにおすすめです。

現場さながらの演習で管理職の「判断力」を磨く

管理職は、日々判断の連続です。「管理職向けシミュレーション研修」では、特に管理職の方々が判断に迷うことが多い「リスク管理」「リーダーシップ」「部下指導」「タイムマネジメント」などに焦点を当て、下記のようなシミュレーション演習を通して考えていただくことで、管理職としての「判断力」「決断力」の強化が可能です。

・自身の判断の、傾向の把握
・起こりうるリスクの予防策、回避策の検討
・要点をおさえた業務依頼の方法
・即時対応しなくてもよいものの判断
・緊急時に部下やメンバーに対応を任せるために心がけること

業界・職種ごとの現場に即した「シミュレーション演習」をオーダーメイド開発

標準的なテーマ別の研修内に、お客さまの課題やご要望をふまえたケーススタディをオーダーメイドで取り入れ、ロールプレイングなどのシミュレーション型のワークを実施することができます。知識を現場に近い状況でアウトプットすることで、より実践的な「スキル」となります。クレーム対応交渉営業訪問プレゼンなどの基本的なものから、記者会見におけるマスコミ対応シミュレーションまで豊富なテーマを取り揃えており、カスタマイズを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。

全力ケーススタディ~研修テーマ別の各業界・職種向けケース一覧

シミュレーション研修ご検討のお客さまからのご質問

研修実施にあたって事前課題や事後課題はありますか?

事前課題としては、受講者の方にアンケートを実施することを推薦しております。アンケートに答えていただくことで、受講者の悩みや課題を具体的に汲み取り、ケーススタディやテキストの作成に反映することができるようになります。

事後課題としては、アセスメントの実施や、研修で作成したアクションプランを実践するなど、研修の目的に合わせて設計が可能です。

また、弊社にて確認とリマインドを行う「呼び覚まシステム」というサービスもございます。月に1回3カ月間、WEB上のアンケートを弊社から受講者さまに直接お送りし、研修内容が身についているか、実践できているかを確認させていただくサービスでございます。

研修効果を高める「研修呼び覚まシステム」

研修の効果測定はどのようなものがありますか?

研修効果測定・定着化のためのオプションとしては、確認テストや活用度調査、電話応対、窓口調査・CS調査など、様々なサービスをご用意しております。

ご予算や目的に合わせて、お選びいただければと思います。まずはぜひご相談ください。

研修効果測定・定着化サービス 全力Q&A

シミュレーション研修の他にも体験型プログラムはありますか?

弊社ではシミュレーション研修のほかに、以下のような体験型のプログラムをご用意しております。

ビジネスゲーム研修
インソースでは、ドミノやレゴ®、折り紙などを使ったビジネスゲーム研修を、豊富にご用意しております。実際に体験してみることで『気づき』を得ることができるプログラムです。

ブラインドサッカーを活用した体験型研修「OFF T!ME Biz」
全受講者が「目が見えない」という日常とは異なる状況に置かれ、他者の助けが必要な状態となります。それゆえ、「チームワークで状況を乗り越えること」の重要性や、そのために必要な様々な要素を、改めて認識することができるプログラムです。

TAP(玉川アドベンチャープログラム)
玉川大学TAPセンターが展開する、野外や室内に設置されたアクティビティ(ロープ・縄梯子・壁等)を使って、チームビルディングやリーダーシップを体験の中から習得する体験学習プログラムです。

体験型人材育成プログラム(自衛隊式新入社員研修)~The 社会人道
自衛隊式訓練で企業の経営理念や行動規範に通じる自衛官の心構え「使・個・責・規・団」から社会人として必要な精神を学ぶ研修プログラムです。

いずれも体験いただくことで学びが生まれ、職場での実践につながるプログラムです。ぜひご検討いただければ幸いです。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

シミュレーション研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!