loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

300人企業のための階層別研修~係長編(1日間)

300人企業のための階層別研修~係長編(1日間)

従業員数300名クラスの中小企業から中堅企業における係長の役割とスキルについて学ぶ

研修No.B OSL314-0400-4639

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

・ベンチャー企業の係長職の方
・大企業子会社の係長職の方
・地方の名士企業の係長職の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「係長」と「課長」、「係長」と「主任」の違いが明確に認識されていない
  • 中途採用で「係長」に就いている者が多く、それぞれが考える係長の役割定義がバラバラである
  • 一般的な企業の「係長」はどのような役割を担っているのかをコンパクトに学ばせたい

研修内容・特徴outline・feature

300人規模の企業は、ちょうど中小企業から中堅企業の間の規模の企業となります。急成長を遂げるベンチャー企業であれば、さらに次のステージに移行しようとする段階であり、また、大企業の子会社であれば、この先、親会社に頼らない自律的な運営を目指すことが課題となっているかもしれません。この研修では、こうした300人規模の企業における係長に求められる役割とその考え方について、4つのSHIP(「リーダーシップ」「フォロワーシップ」「オーナーシップ」「メンバーシップ」)を軸にして学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①一般的な企業において、係長職にどのような要件が求められるのかを理解する
  • ②300人規模の企業における事情を踏まえた上で、係長として目指すべき方向が定められる
  • ③係長が理解すべき「リーダーシップ」「フォロワーシップ」「オーナーシップ」「メンバーシップ」について理解する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.300人企業の係長の仕事とは
    【ワーク】セルフチェックを通じた自身の「係長スキル」を確認する
    (1)大企業と300人企業の「係長」を取り巻く事情
     ①一律昇格が多い大企業の係長
     ②昇格年齢が若い300人企業の係長
     ③300人企業だからこそ"枠"にとらわれない動きができる
    (2)「課長」との違い、「主任」との違い
     ①課長との違い ~管理職ではなく監督職
     ②主任との違い ~チームリーダーではなくマネージャー
     ③トッププレイヤーであることが指導力の源泉
講義
ワーク
  • 2.チームを率いる「リーダーシップ」
    【ワーク】自分が考えるリーダーシップのある人の特徴や行動を挙げる
    (1)リーダーシップを発揮するための3ステップ
     ①目標を指し示す
     ②やり方を提示する
     ③行動を後押しする
    (2)リーダーシップの基本となる「実務能力」
     ①地位と権限で動くのは大企業の優等生だけ
     ②まずは自分でやってみること
     ③メンバーと一緒に苦労を分かち合う
     ④仕事に対する真摯さを部下に示す
    (3)リーダーシップを支える「人間力」
     ①決断力と責任感
     ②客観的視点と自己統制力
     ③謙虚さと利他性
講義
ワーク
  • 3.上司を補佐する「フォロワーシップ」
    (1)課長のリーダーシップは係長のフォロワーシップ次第
     ①ゴールを揃えて役割は分担する
     ②決めるのは上司、手助けするのは自分
    (2)生産的な組織運営のベースとなる「報・連・相」
    【ワーク】自分の報連相が上司にとって役立つものになっていたかどうかを振り返る
     ①組織運営の基本は上司と現場の状況を共有すること
     ②上司が求める情報を理解する
     ③部下側から積極的に行う
    (3)業務改善と組織活性化に不可欠な「提言」
     ①組織のためになることを遠慮しない
     ②最終的な組織決定には従う
講義
ワーク
  • 4.自分事として仕事を担う「オーナーシップ」
    【ワーク】自身のオーナーシップ度を確認する
    (1)自分の仕事に対して「経営者感覚」を持つ
     ①300人企業がオーナーシップを発揮しやすい理由
     ②オーナーシップを育む「権限委譲」と「組織風土」
    (2)成果に対するオーナーシップ
     ①目標達成に対する責任感と計画的行動
     ②チーム成果の自分事化と部下への関与
    (3)リスクに対するオーナーシップ
     ①当事者意識が高まるほど心配事は増える
     ②上司に疎まれることを厭わずに進言する
講義
  • 5.部下の貢献意欲を引き出す「メンバーシップ」
    (1)メンバーシップはモチベーションの源泉
     ①300人企業における「組織愛」の実情
     ②「風通し」の良い組織風土と「見通し」のある未来
    (2)1対1ミーティングを通じた部下育成
     ①カギを握る聴く力
     ②心理的安全性の確保
     ③部下のキャリア志向を知る
    【ワーク】1対1面談の模擬体験を通して効果的な指導のしかたを学ぶ
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

7197

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

300人規模の企業の中には、早いところでは20代で係長になる方もいると思われます。こうした組織における係長の役割は、現場運営の要であることが多く、同時にメインプレイヤーとして活躍するケースも少なくないでしょう。この係長の期間に、リーダーとして、あるいはマネージャーとしてのスキルとマインドを養うことができるかどうかが、その後の活躍を大きく分けることにもなります。この研修は、こうした300名規模の企業に特有の事情を踏まえながら、初級マネジメントのイロハを学んでいただくための研修として企画いたしました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

管理職研修(新任管理職・初級管理者研修)
年間総受講者数
36,335
内容をよく理解・理解
93.2
講師がとても良い・良い
92.2

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!